言語聴覚士を目指す君へ | 東京工科大学 ST なるにはブログ

声がかれる

| 投稿者: よしはら

Kamata1

 日常生活で声がかれる(=嗄声)ことをしばしば経験すると思います。例えば大きな声で騒いだとか、カラオケで歌いすぎた翌日などは声がかれることが多い。小学生などの子供で元気な男子は、大声出しすぎて声がれの状態が続きます。子供の場合の多くは成長につれて徐々に自然改善することが多いのも特徴です。                                                                 

治療が必要な声がれ、心配な声がれもあります。原因も多彩ですが、風邪やウイルス・細菌感染による急性喉頭炎、声を使う仕事で喫煙習慣のある人の慢性喉頭炎、慢性炎症を背景に声帯に腫れを来す、結節やポリープ、声帯を動かして声を出すための反回神経の麻痺(この麻痺の原因も様々です)、喉頭腫瘍(良性も悪性もある)でとくに喉頭がんは生死にも関わります。耳鼻咽喉科医は患者さんの年齢、性別、生活環境と声がれの性状で凡その診断を推測することができます。その上で喉頭内視鏡で声帯、喉頭全体、咽頭をみて診断を進めて行きます。生活の中で声の酷使のレベルやお酒、特に喫煙歴の問診が大切になります。

                                                                    Brinkman指数(喫煙指数)という目安があります。これは1日に吸うタバコの本数 X 喫煙している年数で示すものです。例えば50歳男性で20歳からタバコを吸い1日20本平均吸っていたとすると、指数は20(本)X 30(年)= 600になります。この指数が400以上で肺がんのリスクがあり、600以上では咽頭がん、喉頭がんのリスクはかなり高くなります。600以上では仮にがんにならずともCOPD(慢性閉塞性肺疾患)となる率が高く、肺の本来の機能が低下します。タバコは心血管系にも悪影響を及ぼします。さらにCOPDがあるとコロナ感染はかなり重症化してしまいます。ヘビースモーカーでアルコール摂取が多いとその咽喉頭がんのりすくはさらに高まります。  

喫煙者は過去に比べ減ってはいるもののまだ愛煙家は多数おられ、家族友人に受動喫煙の害も及ぼす可能性があります。コロナ禍に禁煙の人が増加すること願っています。

 

 

涼しくなってきて・・・ボッチャとカーリング

| 投稿者: いくい

__20210212001401 こんにちは! 

バーチャルオープンキャンパスが始まります。「スポーツに学ぶ言語聴覚学」ということで、コミュニケーションについて短くお話しした動画をアップしました。 

さて、2週続けてスポーツに関連したお話をしてきました。今日は3週目ということで締めを飾るのは、カーリングの話。 

先週末は、カーリング女子2チームによる5連戦がテレビ中継されました。このブログでパラリンピックの話題でボッチャを紹介しました。ボッチャは地上のカーリング。カーリングは氷上のボッチャというところでしょうか。似ているのは、狙ったところに正確に投げる投球技術と、先の先を読む戦略技術の面白さです。 

戦略が良くても、狙ったところに投球できなければピンチを招き、その逆も然り。投球技術があっても、戦略が誤っていればピンチを招きます。 

1球1球について、戦略を練り投球するまでの息詰まるような緊張感。投球されて、狙ったところに行くまでもハラハラする時間。そして、この両方がピタリとうまくいったときの爽快さと歓喜。ボッチャとカーリングに共通する魅力です。 

自分のチームがピンチになるということは、相手にとってのチャンスになってしまいます。自分のチームがピンチになったとき、そのピンチをどうやってしのぐのか、カバーするのか。ピンチをどうチャンスに変えることができるか・・・。あきらめずに・・・。 

競技種目に共通する魅力的なところです。  

これから秋を迎えます。行楽シーズン・・・スポーツの秋・・・のはずですが・・・今年の秋冬はどんな日々になるのでしょうか。Withコロナと言われるようになってきました。気を緩めることなく、でもそれなりに、秋を楽しめればと思っています。 

感染対策には万全を期して。

 

大田のお土産100選

| 投稿者: わたなべ

P1

頂き物のお礼に、何か大田区の名物でもお返ししたいなぁと思い、ネットで検索していたところ、興味深いサイトに遭遇しました。

大田のお土産100選

公益財団法人大田区産業振興協会様のサイトです。

お菓子や食べ物、飲み物、雑貨や日用品など、様々なジャンルから大田区内のお勧めなお土産が紹介されています。また、お天気情報と、そのお天気に合わせた一押しなグルメのお店も紹介されていますよ。

たくさんありすぎで、目移りしてしまいます!

そこで、大学に一番近いお店を探そう!と検索したところ、「少女と観覧車」というお菓子が100選で紹介されていました。そのお菓子の説明文には…


ネーミングやマークのデザインは東京工科大学の大学院生の方にお願いしました。誰もが知っているマドレーヌだけに特徴を出すのが難しく、数年前にようやく材料の配分を見出して完成させた一品です。


なんと、本学の大学院生さんが、ネーミングやマークのデザインを担当されていたのですね!地域との交流、社会貢献、とても素晴らしいことですね。

ちなみに、このお菓子はマドレーヌですが、そのお店にはほかのマドレーヌも置いてあったので、比べてみました。上の画像でご確認ください。丸い方が、少女と観覧車です。お店の名前は大人の事情で割愛しますが、ご紹介した100選サイトからすぐに発見できますよ。

モデルとなった観覧車は、大学からすぐ近くの東急プラザ蒲田の屋上にあります。本学の高層階からも眺めることができます。下の画像は、最近、実際に本学から撮影したものです。

P2

早く感染症が収まり、蒲田の街をいろいろと散策できる日がきますように!

ST学生ための専攻NEWS⑥ 後期開始!

| 投稿者: いしず

夏期休暇も、あっという間に過ぎ、今週から後期の授業が開始です。

1_20210914194501

今日は後期の開始に際して、久しぶりに皆、集まってガイダンスを実施しました。

原田先生からは、学習に対する姿勢のこと(将来を見据えて、ちょこっと厳しい助言もあったかな)

その他、科目履修やキャリア支援、大学生活や国家試験対策に関することなど…、後期に際して確認したいことをお話しました。

 

本学は全国の新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、10月15日までは遠隔授業が中心 

もちろん、演習や実習科目などの一部の講義科目は、どうしても遠隔授業では実施できないので、十分な感染予防をしての対面授業を実施しますが

後期に入って、いよいよ言語聴覚学に関する科目が多くなってきた~~と感じる1期生の皆さんにとっては、遠隔での学びは残念かしら

言語聴覚学専攻では、対面授業でも遠隔授業でも、前期からさまざまなオンラインツールを用いて授業をしていました

ですので、遠隔授業でも対面授業でも、皆さんが興味をもって専門的な内容を学習できるよう、教員はやりますぞっ 

 

人となりはそのまま

| 投稿者: うちやま

Photo_20210909170101
先日のブログ
で、脳梗塞で重度の言語障害を発症された患者さんをご紹介しました。

実は、私は、普通におしゃべりができていたころのこの患者さんを知っています。

どうしてだと思いますか??

 

患者さんは、重度の言語障害になられる前にも、脳出血・脳梗塞を発症されて入院していた時期があるのです。私は、入院中はもちろんのこと、退院され外来通院となられてからも言語訓練を担当しました。

このとき、患者さんには身体の麻痺はありませんでした。
ただ、スムーズに話すことや文字の読み書き、メールなどが難しくなっていました。

入院中は午前・午後と1日2回、個別での言語聴覚療法を行っていましたし、非常に熱心に取り組まれる方なので、自室でも練習できるよう課題もお渡していました。

退院された後は、週1~2回頻度で通院されリハビリテーションを継続していました。患者さんの改善の状態に合わせて、少しずつ通院の頻度は減っていき、日常的なコミュニケーションに困ることがなくなり、言語訓練は卒業となりました。

 

この患者さんは長く趣味で音楽活動をされていた方です。なんとアマチュアのオーケストラでチェロを担当されていました。少しずつ音楽活動を再開され、バイオリンを担当する奥様と一緒に、定期演奏会にも全曲に出演されました。

クラシックの曲名や海外の作曲者名などは、カタカナで聞きなれない言葉が多いので、

失語症状がほとんどなくなってからも言い間違いをしやすく、「味わうにはもう少し…」とよく仰っていました。

自分からたくさんお話されるタイプではありませんが、穏やかでユーモアのある素敵な方です

脳梗塞を何度も経験されて、言葉を話すことは難しくなっている患者さんですが、奥様がお知らせくださった近況からは、課題に熱心に取り組んだり音楽に感動したりされているそう。

昔と変わらないなぁ…と感じています

言語訓練を終えた後も、患者さんが奥様やご家族とともに、毎日を過ごしておられる様子を伺うことは、言語聴覚士としての何よりの喜びです。

※ブログ掲載にあたり、ご本人と奥様に了承を頂いております。

慎重・辛抱続く

| 投稿者: よしはら

Kamata1

コロナ禍で医療のひっ迫はもちろん、様々な仕事(公的、民間含め)、研究、教育、日常生活が多大な影響を受けています。

先週、大阪で開催された日本口腔・咽頭科学会の前理事長として久しぶりに新幹線に乗り出張してきました。まずガラガラであったこと、新幹線の座席にある雑誌類はなくなり、ホテルには定番の聖書やホテル内の説明書その他備品も以前より減らし極めてシンプルになっていました。学会会長も多くの準備をしてきたのですが、制約も多く大変でした。シンポジウムの司会を担当して、シンポジストも全員現地出席でしたが、会場はかつてのような参加者より少なく、オンデマンドで見る形式になっているため活発な討論もやや控えめです。懇親会なども中止。各自の病院も皆コロナ対応で追われている状況でした。                                                            ホテルの朝食は決まったものが出されると思っていましたが、まだバイキングスタイル。ただし1テーブル1人でディスポ手袋とマスク入れを渡され、サラダやパンその他食事をとる時には素手でトング使わない配慮がなされていました。まだまだ注意を払う状況は続くものと思います。私の耳鼻咽喉科外来もマスク2重(+顔面フィルター付き)、手術用キャップかぶり、必要に応じて手袋着用が続いています。ワクチンパスポートなど検討されていますが、感染しないわけではなく、重症化が防げることで、他人には感染させうることはそのままです。関係する病院で2回接種後のDrが感染、発熱で自宅待機中です。通常の耳鼻咽喉科診療でもコロナ回復後の患者さんが訪れるようになりました。ワクチンのみでなくインフルエンザのように経口や経鼻治療薬が承認、普及していくことを期待しています。                        愛知県の野外ライブでクラスター発生のニュース、もうしばらく慎重・辛抱です。

残された機能を最大限に生かす!リハビリテーション

| 投稿者: いくい

Photo_20200925150401 Photo_20200917152401 こんにちは! 

夏休みが終わり・・・東京オリパラが終わり・・・秋雨の季節になりました。

先週はボッチャの紹介をしました。ペアも団体戦でも「ビタビタ」のスーパーショットが連発。メダルを獲得しました。おめでとうございます!ミリ単位を競う投球技術と先を読む頭脳戦に見入ってしまいました。競技としての面白さで人気急上昇中のようです。今後は、全国大会や世界大会などをテレビ中継してくれるようになるといいなと思っています。 

今、見てくださっているブログは、

医療保健学部 リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻のブログです。言語聴覚士は コミュニケーションと摂食嚥下の障害を専門にしている、医療職であり、リハビリテーションの領域の職業です。 

パラリンピックに関連して、「残された機能を最大限に生かす」ということをたびたび耳にし、目にしました。これはリハビリテーションの考え方の中核となるもののひとつです。東京パラリンピックを通して、障害について、リハビリテーションについて、あらためて考え、興味を深めたかたも多いかと思います。東京パラリンピックは終わりました。でもパラリンピックは続きます。来年には冬季パラリンピックも開催されます。もうパラリンピックのことを忘れてしますのではなく、これをきっかけにここから興味をどんどん広げて深められればと思います。

障害やリハビリテーションについて・・・というとなじみがないようでしたら、まずは、パラリンピックの歴史を調べてみるのも良いかもしれません。

日本パラリンピック委員会|パラリンピックとは|パラリンピックの歴史 (jsad.or.jp)

 

読書の秋ですね

| 投稿者: わたなべ

Book1

9月に入り、めっきり涼しくなりましたね。季節は確実に秋に移り始めていますね。秋と言えば、スポーツの秋、食欲の秋、そして読書の秋ともいいますね。先日、学長コラム第5回で、心に残っている本「ユートピア(トマス・モア)」を大山学長が紹介されていました。ユートピアといえば手塚治虫を連想するほど漫画好きの私です。小学生の頃、ドラえもんに夢中になり、大好きな藤子不二雄先生にファンレターを送り、ご丁寧なお返事と、それから数年、毎年年賀状をいただいたことで、なおのこと「まんが道」に精進することとなりました。

そんな私が言語聴覚士の学生時代(今から四半世紀ほど前です!)に、東京都内で「失語症友の会」の大会がありボランティアで参加しました。すると、入口になんと、憧れの藤子不二雄A先生が!奥様が脳出血で失語症となられ、その看病日記を本にされて講演されたわけです。恐る恐るお願いしたところ、快くサインを書いてくださいました。今でも大切にしている宝物です。

Book2

本の内容は、看病された藤子先生の日記がそのまま綴られていて、読みやすいです。出てこないことばを補うために和代氏(奥様)が入院中に描いたイラストもところどころ挿絵的に使われていて、失語症患者さんの様子がリアルに表現されています。発症からリハビリを受ける様子までの生活の様子がわかり、言語聴覚士にとっても、患者さん、そしてご家族の心情を理解するのに役立つ本と思います。現在は、新品では手に入らず中古を買うしかないようです。定価の半額程度で買えるようですし、お近くの公共図書館にあるかもしれません。ちなみに大田区図書館で検索したところ「羽田図書館」の書庫に所蔵されていましたよ。

「たのむよ和代氏、もう一度しゃべって」藤子不二雄A著、中央公論社、1997年

 

300と219

| 投稿者: いしず

2_20210906225301 いや~~、つぶやいた、つぶやいた  

 真面目なことも、皆さんに知ってほしいことも、些細な日常も……

 なんと明日で、300回になります。う~ん、素晴らしい 

 

今までの記事をザッと見返してみると、シリーズ系を久しく書いていなかったなぁと思います。「えっ?シリーズなんてあったの?」って思いましたか? 

「数字でみる言語聴覚士」「かまたチャレンジ」「まじめに授業を語る」「ST学生ための専攻NEWS」などがあるのですよ~。そのうち、また書いていきますねぇ~。

今日は数字でみる言語聴覚士シリーズ?ではないですが、300にちなんで、もう一つの数字を…219

219?なんだと思いますか。少しヒント……これは日付です

2月19日ですね~。おっ 気づいたかたはいるでしょうね。昨年もブログで紹介しましたから。先日、発表されたのですが2022年2月19日(土)は 第24回の言語聴覚士国家試験の試験日です。

言語聴覚士の国家試験は1年に1回。受験日が決定すると、いよいよゴールを見据えて受験生は走り始めます。学習状況を教員と相談しながら、約5ヶ月弱のマラソンの開始ですね。

受験生の皆さんは、コロナ禍で模擬試験や学校での学習など、いろんな制約がある中での国試勉強になるのでしょう…。体調をしっかり整えつつ合格に向けて頑張ってほしいものです。

そして本学の学生さんは、3年5ヶ月後 となるであろう第27回に向けて、一緒に着実に準備を進めていきましょう~

患者さんからの言葉

| 投稿者: うちやま

Photo_20210901181501これは、私が病院を退職するときに、長く担当した患者さんからいただいたお手紙

奥様と一緒に、病院まで届けてくださいました。

脳梗塞の後遺症で、右半身の麻痺と、重度の失語症高次脳機能障害のある患者さんです。

病気を発症して数年が経過して、外来通院でのリハビリテーションは卒業となり、介護保険サービスを利用しながら、奥様とご自宅で過ごされています。

 

最初のころは、机に向かって課題に取り組むことすら大変でした。
自分の名前を言うことも、私やご家族の言葉を理解することも、とても難しくなっていました。

今もなお、コミュニケーションの難しさがあります。
それでも、一つ一つできることが積み重なっていく過程を、患者さん・奥様と共有していました。

長く一緒に訓練をしていたので、この一言を書くことがどれほど大変であったのか、すぐに分かりました。
左手で、きっと何度も書き直して、届けてくれたのだと思います。

言葉を話すことは難しいけれど、昔に比べて、表情が柔らかく、穏やかになったことがとても印象的でした。

言葉を交わすことだけがコミュニケーションではないと改めて教えてくれた、大切な患者さんの一人です

※ブログ掲載にあたり、ご本人と奥様に了承を頂いております。

«専門性