東京工科大学 医療保健学部リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻BLOG

東京の書店

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 東京は、本日が「今年最後の猛暑」だと、気象予報士の方が朝の情報番組で解説しておられました。確かに、暑い…。

 さて、昨日、ずっと探していた書籍2冊が手に入りました! 2000年頃発行の教育学関連の書籍ですが、ネット通販では全く手に入らず、中古本に定価の2倍以上の値段がついていたので、思案していました。

 ネットで注文し配達してもらうことに慣れすぎていて、大事な書店の存在を忘れかけようとしていましたが、ふと、書店の通販サイトで在庫を調べたところ、なんと!ジュンク堂池袋本店に在庫あり!~ やっぱり東京ってすごい!と思いました。

 実は、ジュンク堂池袋本店には、思い出があります。STとして仕事を始めて10年くらいしたころ、何かの学会で池袋に来たついでのような感じで、小児発達関連の書籍を探して中に入りました。

 すると、絶版とされていた書籍や図書館にないものまで、さまざまな関連本があり、地元では手に入らない書籍を大量に購入した記憶があります。(初めて、本をカードで買いました)

 その時も、東京ってすごいなぁ!こんな本屋さんがあるんだ!と思いましたが、昨日、その記憶が鮮明によみがえりました。Book_tate

願掛け こうかとん

| 投稿者: いしず

Ishizu1 昨日、原田先生が「入試の出願が始まりました」と書いていましたが、9月も中旬をすぎて、受験シーズンに突入……という感じですね。

 オンライン相談で生徒さんから話を聞いたり、高校の先生方から今年の高校生の皆さんの状況を伺ったりすると、今年は本当にいろんな意味で大変なんだなぁと感じます。

共通テストに加えて従来の入試からの変更、それにコロナの影響にともなった受験スタイル(オンライン面接など)…、今年の高校3年生の皆さんは、いろいろな事態に応じた対応が求められて、きっと戸惑いも不安も大きいことでしょう。

Photo_20200917152401 ということで、受験をはじめ、皆さんのいろんな願いがかなうことを祈って、願掛けこうかとんを!

 皆さんが悔いのない受験に望めますように~ 

 皆さんが夢に向かって元気に動きだせますように~

 こうかとん と一緒に応援していますね~

インフォームドコンセント

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 昨日、今日と少し涼しい時間もあるようになってきました。猛暑も終わりに近づいているのでしょう。

 ちょうど、そんな季節、いよいよ入試の出願が始まりました。言語聴覚士を目指してくれている皆さんは、どの種類の入試を選ぶのか、いろいろ考えるところがありますね。

 さて今日は、言語聴覚士は誇り高い仕事を行っているという話をさせて頂きます。

 みなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、「インフォームドコンセント(説明と同意)」という言葉があります。これは、医療職が患者さんに医療を提供するときに、患者さんやご家族が病気の状態や治療内容を十分に理解できるように説明し、それを聞いた患者さんやご家族が良く理解し、納得し、同意した上で、はじめて治療が開始されるということを意味します。

 一言でいうと、インフォームドコンセントは、患者さんの権利を守るためのものです。

 言語聴覚士が患者さんに言語聴覚療法を行うときにも、同様の説明を行い、理解、納得、同意を頂いた後に、開始をすることになります。

 ただし、言語聴覚士が支援をする対象の方々は、ことばの理解やことばの表出が難しい方が多くおられます。そのため、「十分に理解できるように説明し 」という部分や、「良く理解し、納得し、同意し」という部分が、ことばに障害が無い方々よりも、とても難しくなります。

 その上で、患者さんの尊厳を守るために、患者さんやご家族の権利を守るために、より工夫し、より丁寧に、よりわかりやすく、伝えることが言語聴覚士の技能であり、思いであり、義務でもあります。

 コミュニケーションは、技だけではないのです。

 

おべんとうばこ

| 投稿者: いしず

Ishizu1 「おべんとうばこ」の歌  って覚えていますか? きっと知っていたはず。

 今日、電車の中で、あるお母さんとベビーカーに乗ったお子さんを見かけました。

そうですね~、お子さんは、たぶん7~8か月といったところでしょうか   まだまだチビさんですので、ことばは話していませんが、お母さんの顔をみながらニコニコしていました。

お母さんはというと、お子さんに向かって、何やら手遊びをしていました  

もちろん電車の中ですので、小声で手遊び歌を歌いながらしておられるのでしょう……少し離れていた私には、まったく声は聞こえません。でも、その身振りをみると……

 

これっくらいの、おべんとうばこに、おにぎり おにぎり、ちょっと詰めて…のしぐさでした。

 

あ~~~~     おべんとうばこ の手遊びだぁ

 

その後も、お母さんの手からは、いろいろな手遊びがはじまります。

おいで、おいで、おいで、おいで、ぱんだぁ~…

ぐちょきぱー で、ぐちょきぱーで 何つくろう~…

やきいも やきいも おなかが グ~…

う~~~、どれもが懐かしい    療育をしていた時、毎日、季節の歌を歌い、手遊び歌を歌い…お子さんと関わっていたなぁ~と、ほんと懐かしく感じました。

皆さんは、小さいころにやった手遊びや歌遊びを覚えていますか?

動作模倣や音声模倣を促したり、相互のコミュニケーションを促したり、実は、言語聴覚療法でもいろんなことをねらって取り入れる活動です。

 

今日、電車で見かけたお母さんは、きっと、お子さんがグズらないように、手遊びをされていたのでしょう  

お子さんはお母さんのしぐさや表情をジッと見ていて、くすぐりやボディタッチなどをされるのが嬉しそうでした。

ことばのやりとりは未だできなくても、こうやって親子が楽しそうにコミュニケーションをしているのをみることができて、ほっこりしました  

それにしても手遊びは、童謡と同じように、今も昔もこうやってずっと歌われ手でつむがれて続いていく普遍的なものですねぇ~。

心理学!

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 今日は、言語聴覚学専攻において、勉強する科目の紹介をしたいと思います。

 言語聴覚学専攻といっても、言語聴覚障害そのものばかりを学習するわけではありません。

 以外に思われるかもしれませんが、言語聴覚障害領域に関する各専門科目と同じくらい多くの単位を取得しなければならない領域に、心理学があります。

 心理学と言えば、カウンセリングをイメージする人が多いのではないかと思いますが、「心理学」がカバーする分野は、驚くほど広く、大学の講義で学ぶ科目だけでも、「臨床心理学」、「学習心理学」、「認知心理学」、「発達心理学」、「心理測定法」などがあります。

 心を分析したり、行動を分析したり、それらを科学的に解釈する学問領域ですから、言語聴覚障害学を学ぶ前段階として、物の捉え方や、考え方を基礎から学ぶのに、重要な科目ばかりです。

 ことばに障害を持つ方々を支える仕事をするには、幅広い知識やその深い理解が必要だということが分かりますね!

 

オンライン授業と対面授業

| 投稿者: いしず

Ishizu1 東京工科大学で月1回行われている「全学教職員会」が、昨日ありました。

 テーマは「オンライン授業の作り方」。

Zoomによる遠隔配信での講演会で、遠隔授業の良い実施例や問題点、遠隔授業の工夫などなど、興味深いお話を伺うことができました

皆さんは今年度、新型コロナの影響もあって、多かれ少なかれ、高校の授業や大学の相談会などでオンライン授業や、オンライン相談会などを体験されているのではないかしら?

私は、実はこのコロナ禍に入る5年以上前から、オンライン授業やオンデマンド配信を活用した授業を、かなりしていました。

授業前に予習動画を配信して、事前に動画を確認し学習をしてから授業に臨むように学生さんにはアナウンスして、実際の授業では事前に確認してきた内容をもとに、

授業ではディスカッションしたり、演習をしたり……オンラインと対面の授業のブレンドですね

今回の講演会では、遠隔授業を含めて今後の授業の在り方や、授業運営でのいろんなアイディアをいただいたりできました。それに私自身も、こんなやり方をするときっと学生さんにはいいかも…と授業のヒントを思いつくこともありました  

 

う~ん、皆さんとオンライン授業であれ対面授業であれ、早く授業をしたいなぁ~~~。

楽しみで仕方がありません。

 

オンライン授業でも対面授業でも、皆さんが学びを楽しんで、より言語聴覚療法学に興味をもっていけるような授業……それを目指して、常にチャレンジしていきたい 

と、昨日は改めて思いました

 

 

穴場の夜景スポット⁉

| 投稿者: いしず

Ishizu1 昨日の18:20……仕事をしていて、ふと外をみると   

1_20200910110201

 

なんとまぁ~、街に明かりがついて昼間とはちがった美しい景色があるではないですか 
まだまだ日中は暑い日が続いているとはいえ、日が落ちるのが早くなったなぁ~と感じます。


早速、原田先生と一緒に、室内の電気を消して、

「あっちが新宿で」「あっちは羽田でしょ~ぅ」「あのピカピカは飛行機?」

「スカイツリーのテッペンの色かわってない?」「あっ、ほら雷!」

「あの観覧車っぽいのどこ?」

 

しばしの都内の夜景観賞タイムでした。

ほんと美しいのに、私の写真の腕ではそれがとらえきれないのが、残念です。

それにしても、夜景観賞がこんなところで出来るとは  

東京工科大からの夜景は最高でした 

 

 

 

就職事情

| 投稿者: いしず

Ishizu1 先日のバーチャルオープンキャンパスや、個別相談などで、いくつかご質問を頂きましたので、その1つをご紹介しますね。

 言語聴覚学専攻は「新設」ということで、就職は大丈夫なのでしょうか?

言語聴覚士は、医療・保健福祉・教育など多彩な領域で活躍ができる資格です!と皆さんに紹介してきてはいるものの、

確かに「新設」ということで、求人がちゃんとあって就職活動が十分にでき就職につながるのか、不安に思われる方もおられるのだなぁ~と感じたご質問でした

ただ、これに関してはご安心を

確かに言語聴覚学専攻は、来年4月に新設されますが、東京工科大学の医療保健学部の各学科は、これまで毎年、高い就職率を維持しています。東京工科大学は都内はもちろんのこと、都外の多数の病院や施設と良い関係をもたせていただいており、就職にむけてのバックアップも万全です。

就職は、大きな人生の選択の1つになると思います。

思い返せば、私のはじめての就職が、今の教育での仕事につながっているといえます(総合病院で療育部門でした。機会があれば、また別の時にお話ししますね  )

そんな大事な人生の選択。言語聴覚士としての第一歩ですので、

皆さんが十分に納得し、志望の領域に就職ができるようサポートしますからね~~~ 

令和3年2月20日

| 投稿者: いしず

Ishizu1 台風一過……台風が過ぎた後は、晴れて過ごしやすい天気になるといいますが、

 蒲田は晴れてはいても猛暑。まだまだ熱中症に要注意ですね。

さて、2021年02月20日 この日は何の日でしょう~  

毎年、9月に入ると発表されますので、まず教員が確認する日です

 

そうです、この日は今年度の国家試験の日です。

先日、第23回言語聴覚士国家試験の試験が、令和3年2月20日(土)と発表されました。

この試験日が発表されると、一気に気も引き締まって「さぁ~、やらねばっ」と、スケジュールを逆算して4年生の国試対策計画を、再度、見直していたものです。

9月から国家試験日まで、5か月ちょっと。この期間に4年生の学生さんは、4年間で学んだこと、特に国家試験でポイントとなることを中心に総復習し、実際に試験で理解し解答できるレベルまで準備する必要がでてきます。

もちろん、4年生になってから、それも国家試験の日が分かってから準備するといっても、大変になりますので、本専攻では、低学年時から少しずつ準備をしたり、定期的に練習問題をしたりして確認をしていく予定です。安心してついてきてください~~~    

 

それにしても今年度は、新型コロナの影響で、授業や臨床実習が例年とは違う対応が必要になっていると聞いています。

教え子を含め、2月に受験を控えている言語聴覚士を目指す皆さんには、例年以上に不安もあるでしょうが、頑張ってほしいなと心より思います。

またも台風

| 投稿者: いしず

Ishizu1 こんにちは。しばらくブログの更新をお休みさせていただいていましたが、本日よりまた少しずつ配信をすすめてまいります

今回の大型台風……。皆さんは大丈夫でしたでしょうか。

前回の9号に続いて、各地で猛威を振るった台風10号ですが、まだまだその影響で風や雨も続いているようですし、停電も大規模に発生しているようです。

今回、被害を受けられた方に心よりお見舞い申し上げますとともに、まだ十分な注意が必要と思います。十分にお気をつけになられてくださいませ。

このように大きな台風がくると、自分自身の防災について考えさせられますね。

実は、私は防災セットをキチンと揃えていない状況です

う~ん、これではいけない。

何か災害が発生したときは、患者さんやご家族のお力になることが必要になりますが、

その前に

まずは自分自身を守らねばならないなぁ~と、感じました。早速、防災セット・グッズを購入し、中身の確認をしようと思いました。

災害が毎年、各地で起こっている状況です……

皆さん自身も、ご家族とともに防災対策について、再確認してくださいね

«こうかとんアニメーションの紹介!