レントゲン写真と眼鏡こうかとん

| 投稿者: うちやま

今日は久しぶりにSTこうかとんを紹介しますねVf

ブログでは初登場の眼鏡をかけたこうかとん

かばんの中にはブログで紹介したSTの必需品、手にはレントゲン写真を持っています!

 

なぜ、こうかとんがレントゲン写真を持っているのでしょう

 

皆さんも健康診断などの機会に一度はレントゲン写真を撮ったことがあるのではないでしょうか。

レントゲンは、X線を用いて外からは見えない身体の内側の様子を調べることができます。

 

こうかとんがもっているレントゲン写真、

よ~くみると、レントゲンに写るこうかとんの口の中を、黒い影(みみず??)が通っている様子が見えます。

 

言語聴覚士は、ことばのリハビリテーションだけでなく、食べることや飲み込むことに関するリハビリテーションも行います。

このレントゲン写真は、医師や診療放射線技師さんと一緒に行う「嚥下造影検査(えんげぞうえいけんさ)」のもの。
検査用の食べ物を患者さんが実際に食べる様子をレントゲン撮影して、飲み込みの力を評価します。

レントゲンでみると、食べるときの口の中の動きやのどの動き、食べ物の流れがよくわかります。

時には、食べ物がのどにひっかかっていたり、間違って食道ではなく気管のほうに入ってしまったりすることも

食べる様子を観察しながら、どうやったら安全に食べられるかを評価し、その先の訓練や指導へつなげていきます。

大学では「摂食嚥下障害学」「摂食嚥下障害学演習」の中で学んでいきますよ~

価値観は人それぞれ

| 投稿者: いしず

Ishizu1 先日の蒲田キャンパス日誌を書いた時には、桜はまだ咲いていませんでしたが

 今は薄ピンクの桜が大学を彩っています なかなかお花見にも行けませんので、

1_20210330162101昨日は、蒲田駅の東口にある、おはぎ屋さんで、おはぎを調達し
研究室の窓から桜を望みながら「きれいだな~おはぎ美味いなぁ~ 」とお花見をしました。

さて今日、私は何故か大荷物?で出勤しました

昨日のお昼は「おはぎ」でしたが、私のルーティンのお昼は

「春雨スープに、健康を考えて糸寒天とオートミールを加えて食べる」です。

ちょうど、糸寒天とオートミールと春雨スープがなくなったので、それらを携えての出勤でした。そのため大荷物なのです。

原田先生のように個包装・小袋派の方は、なぜ?大荷物?と思ったことでしょう。

そうです、私は大袋派です。

2_20210330162101こうかとん も驚くデカサイズです。大量でも、どうせ食べるし…

春雨スープは12食入りを3袋。ちまちま買ってらんないわ…

オートミールは5kg。さすがに 半分に 小分けをして持ってきましたけど(小分けになってる?)、どうせ食べるし腐るもんじゃないもん……

さて、皆さんは大袋派ですか?小袋派ですか?

この1年、原田先生といろいろと話をして、こんなに良く知っていて近い人でも、買い物1つの価値観が違うんだぁ~と実感です。

患者さんと関わっていると、いろんな人の価値観を受け止めることは大事だと分かっていますが、本当に自分の考えを押し付けないようにしないとなぁと感じます。

原田先生に「大袋を買う方がいいですよ。何度も買いに行かなくていいですもん」と押し付けてもねぇ~。

人それぞれ考え方や、大事にしたいポイントは違いますものね。でもそういう考え方を知っていくことや、自分とは違うけど、そういう価値観もあるよね~と受け止めることは、大事ですね。

 

ちなみに、私のこの行動形成に大きな影響を与えたのは、母のようです。

下記、昨晩の電話内容です。方言のまま、できるだけ表現しています   

「あの~ぉ~~ぉ、いつも こうてもろてるぅ、健康茶が のなったんや」

「無くなったん? もっと早く言ってくれれば、無くなる前に買うのに~」

「なぁ~もぉ、最後の1袋を今日ぉ開けたんやぁ。20個はいってるでぇ、直ぐには 要らんけどぉ」

 

まだ20個あるのに、最後の1袋に手をつけてしまったので「無くなった」という母。

大袋買いでストック症なのは、母からの影響強しです

 

こどもと こうかとん

| 投稿者: いしず

Ishizu1 今日は久しぶりにSTこうかとんの紹介です。 

 言語聴覚学専攻の ブログのトップにいる、こうかとん は

チビちゃんに平仮名カードをみせ鳴き声の練習をさせています。もうおなじみですね 

言語聴覚士の支援対象は、実はとても幅広くて、大人だけでなく小児を対象にしている言語聴覚士もいるんです。

例えば、こどもたちの中には

●話し言葉の数がなかなか増えない    ●言葉を理解したり表現したりすることが未熟

●文字を読んだり書いたりすることが苦手 ●周囲の人やお友達と関わることがちょっと苦手

●うまく発音ができない         ●難聴によって声や音が聞き取にくい

●上手くミルクが飲めない、うまく噛んで食べることができない  など

さまざまな原因によって、ことば聞こえたべることなどが難しい状態になっているお子さんがおられます。

小児であっても大人と同じように、言語聴覚士は何が原因か?課題なのか?を評価し、こどもさんの発達状況や特性に応じてサポートをします。もちろん、こどもだけでなくご家族の支援・助言をすることも重要な役割です。

そういった支援を実践できる言語聴覚士となるため、大学では、発達心理学や小児科学、言語発達学など、発達過程を深く学びます。その基礎知識をもとに、言語聴覚障害学の各領域(ことば・聞こえ・構音・摂食嚥下など)で、こどもの評価や支援方法について考えていきますよ~。

__20210324115801

 ちなみに こうかとん

 チビちゃんに「あ」のカードをみせ、声を出す練習をしていると

 先に書きました。
 ただ

 こうかとんの口形は、どこからどうみても……「う」の口の形

 こうかとん……平仮名カード、間違えているよぅぅぅ~~

 

ST応援団キャラ

| 投稿者: いしず

Ishizu1 日曜日に桜の開花宣言があった東京。

 連日、見頃はいつかなぁ?と、窓から蒲田キャンパスの桜の木を見下ろしています。

暖かい日が続いていますが、見頃になるには、まだ少しかかりそうです。

Photo_20210310140101 さて、先日のブログで、こちらのキャラクターが登場しています。

 気がついた方はいるかしら? ピンクの こうかとん ではありませんよ~  

_yakimoti

はいはい、こうかとん  

そんなに睨まなくてもキミの後任ではありませんよ~。

 

これらは、日本言語聴覚士協会のキャラクター達でした。

 ピーカ      モグリン    ミミィ

Photo_20210310140101Photo_20210316141502

Photo_20210316141501

 

 

  

話すことが得意なオウム食べることが好きなカバ、聞くことが得意なウサギからなるST協会公式キャラです。言語聴覚士が取り扱う領域をそれぞれ表現しています

これまで、ST協会のHPや刊行物などで、このキャラクターは良く見てきていたのですが、先日「おや?名前って、あったっけ?」と思ったんですよね。

ずっと見てきているのに、なんと名前を認識していなかった…… これはウカツでした。

言語聴覚士たるもの対象者の名前を覚えるのは必須(今回は対象者でも人でもないですが…

今はまだ、どうしてもモグリン を思い出そうとすると「えっとえっと、カバオ じゃなくて…」となります。

_st はいはい、こうかとん  
 本学の公式キャラのあなたの名前は、忘れません…

 

 

 

 

マイクこうかとん

| 投稿者: いしず

Ishizu1 ブログのトップでマイクを片羽に歌っている?こうかとん 

 嬉しそうに声を出している こうかとん ですが、

決してカラオケをしているわけではありませんよ

__20210215155901

 皆さんは、自分の声をパソコンで録音したことはあるかしら?

 今はパソコンやスマートフォンのアプリなどで、簡易的に音声を録音・分析

 することもできますので、自分の声の波形や周波数成分をみたりなど

 したこともある人も、いるかもしれませんね 

大学に入ると早い時期に、「音声」や「音」について学びます。

音声学や音響学などの科目で、こうかとん のように、声を録音してみる機会もあるでしょう~。

言語聴覚士は、声が出しにくいとか、声が枯れてしまったなど、声の不調を感じておられる方々の支援を行います。

対象者の方の声の音響分析をしたり音声機能を測定したりして、声の状態を調べ発声などの練習をしていくわけです。

そのための基本として、「音声」や「構音」について、しっかり学ぶ必要があるわけです。

3月バーチャルオープンキャンパスのお知らせ

| 投稿者: いしず

Ishizu1 建国記念の日、皆さんはどうお過ごしですか?

 さてさて、来月のイベントのお知らせです。

3/26(金)、3/27(土)、3/28(日)、3/29(月)にバーチャルオープンキャンパスが開催されます。

3月末 の時期というと……

自分の進路をしっかりと見据えて準備を始めようとしている方もいるでしょうし、

いよいよ進路をどうしようと悩みはじめている方もいるでしょうね~~。

医療・福祉・教育分野に興味があって、自分の進路の選択肢の1つとして考えている皆さん

ぜひ、バーチャルオープンキャンパスに参加してみてください~~

 

当日は大学全体でいくつかイベントがありますし、学部別イベントがあります。

私たちは「言語聴覚士のこと」「言語聴覚学専攻の特徴」など、お話する予定です。

といっても、まだ内容を詰めている部分もあるのですが  

皆さんにどのように伝えると分かりやすいかなぁとか、皆さんはどんなことが知りたいかなぁ……?とか考えているんです 

自分の進路を考え始めた皆さんに、1つのミライの姿を紹介できたらなと思いますし、

興味をもってアレコレと調べて、周りの人に話したり意見を聴いたりして、皆さん自身でしたいことをシッカリ考えて、そしてビジョンをもって自分の思う進路を進んでいってほしいですから。

それが言語聴覚士の道であれば最高ですが  

どんな進路を選んだとしても、自分で納得いくまで考えたのであれば後悔はしないでしょうし、一生懸命に取り組んでいけると思いますもん。

 

その考える1つのきっかけとして、3月は気軽に参加してみてくださいね~

__20210212001401  詳細はこちら→ https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html

  参加は申込制で、申し込みの開始は今月末です

  バーチャルオープンキャンパスへの参加、ご検討くださいね~。

  皆さんの参加をおまちしています  

統一入試(A日程)

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 今日は、本学の統一入試 A 日程の最終日です。

 試験日は、2月7日~2月10日で、4日間、とても穏やかな暖かい日もありましたが、8日には蒲田でも雪がちらつきましたから、8日の受験生は大変でしたね。

 

 統一入試では、グループ内併願が出来ます。学部・学科・専攻をA・B・Cのグループに分け、グループごとに選択教科・科目、出題範囲を設定していますので、同じグループ内であれば、(入学検定料の追加なく)複数の学部・学科・専攻を併願できます。

 言語聴覚学専攻はグループC にあたり、医療保健学部の看護学科、リハビリテーション学部の理学療法学専攻、リハビリテーション学部の作業療法学専攻と同じグループになります。

 また、A日程の特徴でもありますが、試験日は、7日~10日の中から自由に選択でき、日程によっては全国13会場で受験できるようになっています。そのため、同じグループ内に希望する併願先がない場合には、異なる試験日に別のグループを受験することもできます。

 看護学科、理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚学専攻のグループCは、共通の選択教科・科目、出題範囲のグループなのですが、専門職としての共通点を見ると、重要なこととして、職務遂行上、密接な対人関係の構築を要する職種であると言えそうです。

 

 もう、試験が終了した時間です。受験生の皆さん、お疲れさまでした。

 高い志をもった方々が、本学へ入学されますことを祈っています。Photo_20200917152401

 

 

 

 

ST学生ための専攻NEWS② 鼻息鏡

| 投稿者: いしず

Ishizu1 昨日のブログで鼻息鏡(びそくきょう)の紹介がありましたね。

Medical_bisokukyou

 ただのシルバーの板と思うなかれ、実はこれも大事なSTグッズです。


鼻下に置いて話をすると鼻息で鼻息鏡が曇るのですが、その曇り具合で鼻の通気度を測定します

私たちが慣れ親しんできた鼻息鏡には、板に溝で計測用のラインが描かれています。

ただ先日、皆さんが音声や構音を学習する際に使用するものとして、業者さんが見本を見せてくれたのですが……見本は板に線が印字(?)されているものでした。

親しみ深い鼻息鏡(溝でライン)ではないなぁ~とおもいつつも、このご時世、消毒はしやすい!というのは、とっても良いところですね

さてさて、この鼻息鏡、どう使うかというと、板を鼻の下に当て鼻からの息漏れ量を測定します。

例えば鼻の下に指をあて、「ま」と発音すると、鼻から息が出ているのを感じられますよね? 

鼻息鏡を使うと、その息もれの具合が観察しやすいのです

1_20210209173301

← こんな感じ。

 曇っているのがわかる?

 

 

ちょっと、こうかとん に測定に協力してもらいましょう。

2_20210209173501
 このように鼻の下にあてて、
話をしてもらい

 その時の鼻漏れを…

 

 ん? こうかとんの鼻って、ここ??

 

奨学生入試

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 今日は、本学の奨学生入試の日でした。蒲田キャンパスも入試会場になっていますから、受験生の皆さんが来られました。

 朝はあいにくの雨模様でしたが、試験開始の13時に、急に光が差し込み始め徐々に太陽が雲の間から現れてきました。Taiyou

 みんな頑張って~ 

 奨学生入試の合格者には、返還不要の奨学金(年額130万円×最長4年間)が支給され、奨学生入試合格者の他に、奨学金の支給には該当しない合格である一般選抜免除合格者も発表されます。

 既に、総合型選抜や学校推薦型選抜の入学決定者も受験できますので、どなたにもチャンスはあるということです。

 本専攻の試験科目は、国語、英語、数学、理科から3教科の選択で全問マークシート方式です。

 

 合格発表は22日(火) まだ、本当の桜は咲いていませんが、大きな桜が咲きますように!Photo_20200917152401



 

 

 

 

かまたのクリスマス

| 投稿者: いしず

Ishizu1 今日の出勤する際に、なぜか駅のあちこちに並んでいる人をみかけました。

 密になるのを注意して、間隔をあけて並んでおられるので、列が長くなっています。いつものカマタと違う駅の様子に???と思いつつ、列の先頭のほうに歩いていくと……

あああ~~、これでした 

なんとまあ 今日はクリスマスイブ イルミネーションが今年は少ないからか、す~っかり忘れていました。

皆さんケーキを求め並んでいたわけですね。そのような列は1つ、2つではなく、駅のあちこちに。

グランデュオ蒲田に常設されているケーキ屋さんはもちろんのこと、いつもは何もない改札を降りてすぐのところにも、ホールケーキやカットケーキの売り場が

なんとまぁ 大学のある蒲田駅西口だけでも、何件もケーキを買えるところが出現

           

恐るべし……かまた。ケーキをみると食べたくなるので、できるだけ見るのを自粛し大学へ

 

クリスマスといえば、クリスマス当日の訓練の時に、

「あのね。サンタが私ん家にきたんだよ」「僕、サンタ見た」「見て!プレゼント見て」など、

嬉しそうにサンタやプレゼントの話を報告してくれるのを聞くのが、楽しくて仕方なかったのを覚えています。

お子さんの兄弟や保護者の方が、プレゼントを見つけた時のお子さんの興奮した様子や、サンタの裏話を教えてくれるのも、

今日は、いろんなところで、ワクワクしているお子さんがいらっしゃるのでしょうね。

Photo_20201224164701

 

  もちろん、皆さん方も 
  どうぞ素敵なクリスマスを