「アポロの奇跡」に遭遇!

| 投稿者: はらだ

Harada_20200710133901  こんにちは!

 今朝、出勤途中に立ち寄ったコンビニで、「かりそめ天国」で話題となっていた ~ 幻のスペースアポロを発見しました!

 ついに、私のところに巡って来たかぁ~と感動しながら購入しました。(ひとつしかなかったので、完売です)

              こうかとんと一緒に記念撮影しましょ

Img_2397

 

お昼のおやつに石津先生と半分こして、頂きま~す!

 

愛読書?

| 投稿者: はらだ

Harada_20200710133901 こんにちは!

 秋は読書の季節と言われますが、皆様はどんな本が好きですか?

 私の「よく見る本」は、「気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ」という本です。この本は、机の上や周りをキチンと整理することは、情報やスケジュール、頭の中を整えることだ~ということが、とても分かりやすく書かれていて、実行に移しやすい本だと思います。

 私の机がぐちゃぐちゃなのかというと、決してそうではないと思います。どちらかと言えばきれいな方で、机の上に常時あるものは、PCと電話、ミニカレンダーくらいのものです。(あっ!こうかとんもいた)

 ではなぜ、その本を「見る」のかと言うと、それは、仕事を効率よく進めるための戒めみたいなものです。

 本の中に何が書いてあるのかは、もう読まなくても頭に入っているので、表紙を見ただけで背筋が伸び、その日の仕事の優先順位を再確認できるのです。

 「あっ!先にあれをやってしまおう!」と。

 それなのに、締め切りに追われることも、しばしばあります。そんな時には、自分の視界に入るところにその本を置き、逃げられなくします。Shimekiri_owareru_businesswoman

 

 己を律するのは、己ですね。

 

もうできるよ! なのにアナログ

| 投稿者: いしず

Ishizu1 想像しましょう……もうできるよ

   皆さんも既にみたことがあるでしょうね、あのCMです。

新ガジェット好きの私は、あらたなる熟考に入っています。

そう Apple Watch Series 6 です  

 

運動する時に使うといいかも、iPhoneやApple WatchもPASMO対応になったしなぁ~、

でもなぁ~、普段、時計あまりしないしなぁ~

う~ん、とりあえず、買うとしたら何がいいか考えてみよう……

こういった経緯?で検討をはじめている次第。

新しいApple Watchをみると、新バンドのソロループがよさげ。ただ、サイズ選びが難しそうで、私に合うサイズってどれなのかしら?と気になっていたところ…なんと実にアナログな方法が、Appleサイトに。

1_20201021115601

 プリンターで紙に印刷して、ハサミで切って…模擬装着

 はい、バンドサイズ判明!

 なんと「もうできるよ!」と、いろんな技術の最先端を

 突っ走っているAppleが、このアナログ手法……

 このアンバランスさが、なんともおかしくて 

ただ  これほど安価で確実で、万人ができる方法もないものです。

そう考えると、実に優れた方法ですよ~~。

 

大学の授業では当然のように、さまざまな通信技術を用いて最先端の教育をしているわけですが

Appleさんの ❝紙❞ のように、じつはアナログだって捨てたものじゃないです。

例えばグループで議論し思考をまとめる際も、デジタルで「もうできるよ」ですが、模造紙や付箋、マジックで書くという作業が良い時もある気がします。

そのため私は授業課題によっては、「もうできるよぅ!」なのにアナログな方法をあえて選択することもあります。

環境や場所、メンバーや課題内容、授業時間など、さまざまな条件によって、デジタル・アナログ、それぞれの良さが違ってきますから

文字の音

| 投稿者: はらだ

Harada_20200710133901

 こんにちわ。

 冬がそこまで近づいている毎日の中、関東は、久しぶりの洗濯日和となりました。

 先日、たまたま見つけた まど・みちおさんの詩集を手に入れました。まど・みちおさんは、たくさんの童謡(「ぞうさん」、「やぎさんゆうびん」など)の作詞をされ、詩集や童話も数多く発表されています。

 それなのに、詩集を手に取ったのは初めて。あっという間に100篇の詩を読んでしまったのですが、本当の意味できちんと「詩を味えた」のかどうかは、怪しいです。

 ただ、本を読むとは違う発見がありました。目で文字を追っているだけなのですが、頭からは音が聞こえて、体がリズムを感じていました。

 あっ!これは、子どもと一緒に読むと、子どもが先に覚えてしまう詩だ! 何度も何度も言いたくなる詩だ!

 私たちは、黙読(文章を目で見て理解できる)ができるので、音読しなくても本が読めますが、詩は音で読んだ方が良いのかもしれない 📖

 

ガラスの天井

| 投稿者: はらだ

Harada_20200710133901  ここ数日、本当に寒くなりました。もう、毛布なしでは眠れませんね。

 さて、医学書院という出版社から毎週月曜日に「医学界新聞」という新聞が発行されます。その10月12日号の一面が「仲間と超えるガラスの天井」というタイトルでした。

 ガラスの天井と言えば、「女性の組織内昇進を阻む見えない障壁(わかりやすく言うと、会社でなかなか偉くなれない)」という風に理解していましたが、その新聞には「女性という性によって、学術的・経済的な進歩が阻まれる障壁を指す」と、ありました。

 「そうか、経済的(企業という組織を含め)だけではなく、学術的にもそうなんだぁ」と思い、ちょっと考えてみる樂と、確かに、増えているとは言え、女性医師は男性医師に比べるとまだまだ少ないですし、このコロナ禍でTVでよく見る「専門家委員会」の委員の方々や、〇〇医師会の会長、副会長は、ほとんどが男性だったことに気づかされました。

 そこに違和感を感じていないことが、そもそも「意識が低い」ということですね。

 ちなみに、言語聴覚士は女性の方が多く、言語聴覚士養成校の教員も女性が多いので、気にしたことがありませんでしたが、日本言語聴覚士協会の会長は男性ですね~!

 これも「ガラスの天井」なのか? 

母の心に届いた言葉?

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 今日は、指導をさせて頂いていた難聴のお子さんが、お母さんに放った~忘れられない言葉を紹介します。

 確か、お子さんが5歳代の頃…何かをしでかしてお母さんに叱られていたんです。そして、しばらく黙って叱られた後、お子さんは母に向かって「自分が産んだ子だから、大事にしないと…!」と。

 私はその話を聞いて、子どもって本当にすごいなぁ~!と感じました。叱られたことに対して、反論もせず(叱られている状況を納得していたのだと思います)、誰目線に立っているのか、お母さんを黙らせてしまったのですから。

 そして、お母さんが絶句している間に形勢を立て直して、「叱られても、お母さんが大好きだよ」と甘えてしまったのです。

 もちろん、正しいことと悪いことの違いもしっかり理解し、相手の立場になって考えることもできますし、祖父母や兄弟思いの優しい性格のお子さんです。

 正しく感情を表現できる子どもに対し、一時休戦で、子どもの思いを受けとめてあげることも大切ですね。(決して、そんな日ばかりではありませんけど…)

言語聴覚士(ST)を目指した理由

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 また、日本列島に台風が接近しています。被害なく通過してくれますように。

 さて、今日は私がSTを目指した理由を振り返ってみたいと思います。

 私がST養成校で学んだ時は、まだ、STは国家資格ではありませんでしたので、全国に養成校が3つしか無かったのではないかと思います。私が学んだ期間は1年間でしたが、今はその学校も2年制になっています。

 私がSTを目指した理由は、「何か聴覚障害者の役に立つことを仕事にしよう」という平凡なことだったのですが、その時の、同級生にはとても素晴らしい「言語聴覚士を目指す理由」をもった人がたくさんいました。中には、STになるために浪人までして入学を決めた人もいました。

 なので…入学後は、モチベーションが凄く高い人たちに囲まれて、そのズレにかなり戸惑った😨 覚えがあります。

 私自身も、自分なりのモチベーションは保っていたのですが、段違いの熱量を感じるHonoo_hi_fire毎日に「私はこの人たちと同じ仕事に就くことが出来るのだろうか…」と、かなり引き気味の学生生活でした。

 スタート時点の熱量は普通でも(他の人より低くても)、責任を持った仕事はできます。

 今、その頃の自分に言ってあげたい言葉は、「そのままで大丈夫、あなたはその仕事を数十年に渡ってしていくことになるから…ゆっくり頑張れ!」です。

香りの記憶

| 投稿者: いしず

 先日、通勤時に、ふと何処からともなく、かすかに金木犀の香りがしました Ishizu1
 甘いこの香りが漂ってくると「秋だぁ~」と感じるとともに、懐かしい昔の記憶が引き起こされます。

昔、私の実家の玄関横には、大きな金木犀の木があり、この時期になるとオレンジの小さい可愛い花が咲き、なんともいえない良い香りでいっぱいになりました。

そのため金木犀の香りをかぐと、一気に昔の木造の家や、近所の家々、庭や畑などが鮮明に思い起こされてきて、とてもとても幸せな気分になります   

皆さんにも1つや2つ記憶にのこる香りがあるのでは?

特定の香りが、それに結びつく記憶や感情を呼び起こすという現象は、プルースト効果といわれています。
嗅覚からの情報は、鼻から嗅上皮、嗅細胞、嗅球、大脳辺縁系へと伝わっていきます。
記憶を司る海馬(かいば)は大脳辺縁系の領域の1つですし、大脳辺縁系は本能的な行動や感情にも関与します。香りは記憶や感情に直結する関係にあるわけですね~。

昔、お土産にいただいた八つ橋を、患者さんと一緒に食べたたことがあります。あまりご自身からお話をされない患者さんだったのですが

「あぁ~~、ニッキのにおい、これこれ懐かしい~」と家族との思い出の話や、ニッキ飴の話など、たくさんお話してくれたことがあります。

香りって、ほんと昔の記憶とつながりますね~。

香り(アロマ)を医療やリハビリテーションに応用することも行われています。調べてみるとなかなか興味深いと思いますよ。

今朝の研究室前の廊下はシナモンの香りでした。なんと香りのボン!は廊下にまで到達 

そのうち私は、シナモンをかぐと原田先生を思い起こすようになると思います……  

7Days !

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

  先日、マスク屋さんのことをお伝えしましたが、その後について…

 あの激安マスクは、売り切れたのか?、さらに価格崩壊が起こっているのか?と、覗いてみるとお店がなくなっていました😲 

 さすがの東京でも、マスクだけで駅前の店舗を維持するのは無理だったのか…と売り上げに協力していなかったことを後ろめたく思いながら、新しく変わった店名を見ると、「7Days」

  んっ?何? 検索すると「1日から使用できる貸店舗7Days」とあり、駅前で短期間の出店ができるシステムで出されていた「マスク屋さん」だったことがわかりました。

 

 短期間の出店と言えば… 子どものころ、ナツメの木に登り、赤くなった実をたくさん収穫し、ザルに盛って、 1ザル50円で売ってみたことを思い出しました。Money_50

 

 お店は、うちの前の道端! なんと、2人のお客さんが買ってくれました!

 あの頃は、いろいろなことが許されて「地域の中で」育ってきたなぁ~とつくづく思います😊

 → 母親は、お客さんを突き止め、お詫びに行きました…(同じ町に住む方だったようです)

 

 蒲田には、商店街があり、八百屋さんやお肉屋さん、食堂などもたくさんあります。新型コロナウイルス感染が収束したら、蒲田のお店を探検して、紹介しますね!

 

 

カルピス三昧!

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは! 

 今朝は、なんだかもう涼しいを通り越して、寒い朝でしたね。ゴミ出しに行っただけで…「あっ!ホットカルピス飲もう😊」と思いました。

 今月の初めのちょうど暑かった時に、「言語聴覚士はどんな職種で、今、日本にどのくらいの人が国家資格をもって働いているのか、どのような方々を対象として、働く場所はどんなところか…」などについて、PR させてもらうさまざまな機会がありました。

 一週間ほど、立て続けにご説明させて頂きましたが、連日30度を超える真夏日で、感染対策のために顔をがっちりマスクで覆い、情熱一杯にPRをしたため、熱中症の入り口に来ていたのか…明けの朝、喉の渇きで目が覚めました。

 まずは、水を一杯、次にカルピスを一杯、その次はカルピスソーダを一杯、最後に、ホットカルピスを一杯、結局、夜になるまでカルピスを飲みました。あぁ~命の雫だぁ~Water_shizuku

 次の日、カルピス最強だなぁ~と思い、石津先生に話をしたところ、「カルピス、飲みすぎると太りますよ!」って言われ…🤣

 新型コロナ感染拡大が収束したら、カルピスみらいミュージアムに行ってみよう!