1年は366日&紙の辞書

| 投稿者: とやま

昨日は2月29日、今年は閏年(うるう年)ですね。

閏年は、年間の平均日数365日に1日を加え、実際の季節と暦とのずれを修正するために設けられています。今年は366日、1日分を得した気がするような、しないような・・・。

私が以前勤めていた病院には「2月29日生まれ」の職員がいました。
本人曰く「自分は4年に1回しか年をとらない、今はまだ8歳」➰作業療法士の養成校を卒業&国家資格を取得、臨床経験10年+αで現在8歳だそうです。
2月29日生まれの人は、誕生日に切り替わる直前(2月28日の24時)に年齢がアップします。実際は、8歳どころか30歳を過ぎています!

今年は366日、+1日を有意義に使いたいものですね。

さて、今週の浦野先生ブログは「紙の辞書のススメ 」 実は私も紙派です。
どのような場面で紙の辞書を使用するのか? 私は、英語原稿の改行の位置(英単語の音節の切れ目)を調べる際に重宝しています。
1行あたりの文字数が決められている原稿では、単語の途中で改行しなければならないことがあります。この場合、改行の直前にハイフンを入れて「次の行につながりますよ」と表示しなければなりませんが、紙の辞書は、単語の途中で改行できる位置(音節の切れ目)を容易に知ることができます。

例)コミュニケーション 辞書「com・mu・ni・ca・tion」
🙆‍♂️com-
munication
🙆‍♂️commu-
nication
🙆‍♂️ communi-
cation
🙆‍♂️communica-
tion
🙅co-
mmunication
🙅communicati-
on

そして最後に・・・浦野先生の辞書ブログで思い出した一冊

「舟を編む」三浦しをん 著
9784334768805

辞書編纂の裏側(辞書1冊を編むまでの物語)
もしよろしければ、 書店で探してみてください

耳が聞こえにくい高齢者は認知症になりやすい?

| 投稿者: とやま

3月3日(日)に第18回四国言語聴覚学会で一般公開講座をすることになりました。
講座テーマは「耳が聞こえにくい高齢者は認知症になりやすい?」です。

海外の研究では、中年期に難聴があると高齢期の認知症リスクが約2倍上昇するというデータが発表されています。世界保健機関WHOの「認知機能低下および認知症のリスク低減に関するガイドライン」でも、認知症予防のための具体的な介入の一つに「難聴の管理」が挙げられていますね。
そして、最近の研究では「認知機能低下のリスクが高い70~84歳は、聴覚介入(補聴器装用)により認知機能の低下が48%抑制された」ことが報告されています。
(参考)Hearing intervention versus health education control to reduce cognitive decline in older adults with hearing loss in the USA (ACHIEVE): a multicentre, randomised controlled trial

言語聴覚士は、その名の通り「言語」と「聴覚」を専門とする医療職です。
私が学生の頃は「患者さんの言語を評価するためには、聴覚と視覚の評価から始めましょう! 聴覚の評価なくして言語の評価はできません!!」と、耳にタコができるほど聞かされました。聴力検査の演習(特にお子さんの検査)では「音の呈示回数(検査音を聞いてもらう回数)をいかに少なくして聞こえの測定値を得るのか」の実技指導を、繰り返し受けた記憶が。。。
そしてここ数年、言語聴覚士の領域では、お子さんの聞こえのみならず、大人の聞こえに対する関心が(これまで以上に)高まっています。

一般市民向けの講座につき、言語聴覚に詳しい方にとっては物足りない内容かもしれません。

自宅からオンラインで参加可能(参加費はもちろん無料)
もしよろしければ、どうぞ〜
20243a4

脳損傷のスズキさん 今日も全滅

| 投稿者: うらの

今日は「脳損傷のスズキさん 今日も全滅」という本を紹介します。
作者は41歳の若さで脳梗塞になり、高次脳機能障害となった鈴木大介さんです。
高次脳機能障害とは、脳卒中や交通外傷、転倒などの脳損傷が原因で、記憶・注意・思考・言語・行為などの認知機能が障害されることをいいます。ちょうど本学では2年生が後期に一通り学修を終えたところですね。講義ではこれまでの臨床経験から、実際の生活場面でどんな問題が生じるのか、患者さんがどんなことでどのように困っているのかをなるべく 具体例を挙げ、分かりやすく説明をと心がけてはいますが、イメージが沸きにくい学生も少なからずいるようです。
ある日手にしたこの本、本当にリアリティに溢れていましたが、個人的に一番ハッとさせられたのは「よく言われる症状はだいたい当事者感覚とずれている!」という記述でした。「疲れやすい」「気が散りやすい」・・・これらのシンプルな言葉で症状を表現し、講義内で説明したこともあったかと思うのですが、当事者の中で起こっていることはそんなに単純なことではないと改めて反省させられました。
ネタバレになってしまってはいけませんので、詳細への言及は控えますが、既に高次脳機能障害を学んだ学生だけでなく、これから学ぶ学生、高次脳機能障害という言葉を初めて知った高校生にとってもオススメです。漫画ですから読みやすいですよ。

20240212_181651




再試験

| 投稿者: とやま

蒲田キャンパスでは、後期授業科目の再試験が行われています。
Study_wakaru_boy_20240201155201

以前のブログで「病気その他、特にやむを得ない理由により定期試験を受験できなかった学生」の追試験をお伝えしました。
2023年度の授業最終日

再試験は「授業科目の成績が不合格となった学生」に対して実施される救済措置です。ただし、すべての授業科目で再試験が実施されるわけではありません。
医療保健学部では「科目担当教員が再試験を実施すると判断した授業科目」かつ「科目責任者が再試験対象者と判断した学生」であることが前提条件となります。

昨日、私が担当する「リハビリテーション概論」の再試験がありました。定期試験時と比べて(明らかに)勉強していると思われる学生が増えています👀 学生の目の色が変わり、試験開始時刻ギリギリまで📖📚
この勉強量が定期試験前に確保できていたら・・・と思わずにはいられません。
Slump_bad_man_study
来学期こそ、定期試験で合格することを目指しましょう! 
勉強は計画的に!!

とは言え、再試験は本日も続きます。
最後まで諦めずに頑張ってください 💪

本の紹介

| 投稿者: うらの

本学では後期試験を終え、現在再試験の真っ最中です。是非悔いの残らないよう、精一杯頑張ってほしいですね。
高校生の皆さんは1~2年生は定期試験の準備、3年生は卒業式のことや4月からの進学に向けた準備でせわしないことと思いますが、言語聴覚士を目指すぞ!と決めた人にも、言語聴覚士ってどうなんだろう、と迷っている人にも、春休みに是非読んでいただきたい本があります。「言葉を超えて 失語症を生きるということ」(星湖舎)という本です。
約4年前の2020年に、4月25日が「失語症の日」として記念日に認定されました。その「失語症の日制定委員会」のメンバーを中心に編まれたのがこの書籍なのですが、執筆者は失語症当事者、当事者をサポートしているご家族、そして失語症のある人を支えて活動をしている言語聴覚士や関係団体の方など総勢11名に及びます。中には発症から15年にわたる経過を綴っておられる方もいらっしゃいます。失語症のある方は単に病院でリハビリテーションを行えばそれで終わりではありません。その後も地域で、家庭で、社会で生活をしていかなければならないのですが、どんな思いで生活をしておられるのか、どんな支援を必要としているのか、ご家族はどんな思いでサポートしているのか・・・。それらがありありと綴られている1冊です。
執筆者ひとりひとりの肉筆原稿を最大限尊重したというこの本、是非多くの方に読んでいただきたいと思います。失語症って何だろう、言語聴覚士って何だろう、まだよくわからないけれど読んでみよう、それでも充分だと思いますよ。

20240130_153657

第30回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会のお知らせ

| 投稿者: とやま

第30回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会のお知らせが届きました📩

昨年9月開催の第29回学術大会は、専攻学生が複数名参加していましたね〜
第29回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会に参加しました

今年の第30回学術大会は 2024年8月30日〜31日🌻
会場は福岡国際会議場とマリンメッセ福岡、福岡サンパレスホテルです。
2378_001

おっ 行ってみたいなぁ・・・とお考えの皆さま
福岡はご飯が美味しいですよ〜🍜🫕🥟🍓+明太子+いろいろ
▷ 学術大会は、学会員でなくても参加できます(参加費あり)
▷ 市民公開講座は無料です(内容が分かりやすいです)

東京↔︎福岡 ➰「遠い!」と思われる方もおられると思います。
そのような意味では、学生にはハードルが高いかもしれませんね💦

実は 2025年の第31回学術大会はパシフィコ横浜ノース(会期 2025年9月19日〜20日)
パシフィコ横浜ノース ⇆ 蒲田キャンパスは公共交通機関で約45分 
(横浜駅 ⇆ 蒲田駅は約20分 🚃💨)
2025年✨近距離✨ ➰ 今年の学術大会参加に悩んでおられる皆さま、いかがでしょうか?

続・大吉のおみくじ

| 投稿者: うらの

昨日の川上先生のブログを読み、写真を見て思いました。「えっそうなの??私も大吉だったんだけど。もしかして同じ文面?」と。
慌てて自分のスマホに保存した写真を開けて確認してみました。

20240103_152339

文面はちょっと異なるようです。引いた番号の違いによるものでしょうか(何番を引いたのかは失念)。いずれにせよ「心を清く正直にし」、この1年を過ごしていきたいものです。
皆様のご健康とご多幸を、そして学業成就を心よりお祈り申し上げます。今年も東京工科大学で多くの若い学生さんとご縁が出来ますことを心から楽しみにしております。





2024年 初詣のおみくじは揃って「大吉」

| 投稿者: かわかみ

2024年になりました。
私は、正月を故郷の沖縄で過ごしました。

例年、正月には家族で初詣に行っています。
初詣に行き、おみくじを引くのが恒例なのですが、今年は驚くことが起きました。

なんと

家族3人まったく同じ番号(22番)で、記載内容もまったく同じ「大吉」
Img_5495
(私が引いたのは真ん中のおみくじ。別の神社で引いていたので、少し色味が違います)

これまで、神社ごとにおみくじは違うものだと思っていました。
しかし、同じ系列の神社?であったため??なのか、わかりませんが、
おみくじの紙質や色は違いましたが、記載内容は、ほぼ同じでした。

初詣のおみくじで、家族揃ってまったく同じ内容だったのは生まれて初めての経験です。
しかも「大吉」で、内容も良かったです

新年から痛ましい災害や事故が続いていますが、2024年がいい年になるように祈るしかないですね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Gashi_kotoshimo

大晦日やお正月は何を食べますか?

| 投稿者: うらの

いよいよ今年もあと少しになりましたね。皆さんにとってこの1年はどんな年でしたか。私はなんといっても東京工科大学に着任したことが一番大きな出来事であったと思います。老体に鞭を打ちながら、楽しく若い学生の皆さんと勉強出来る機会を得たことはとてもよかったです。
さて、皆さんは大晦日やお正月はどんな風に過ごしますか。何を食べますか。私は長い臨床の中で、患者さんにそれぞれの地域の風習や独特の食べ物をうかがうことが時々あったのですが、これが本当に面白く、話も弾みました。たとえば「お雑煮の具は何でしたか?」のような質問であっても、予想だにしない答えが返ってくることがままありました。確か、高知の方でお雑煮にあんこを入れるとおっしゃっていた方もいたと記憶しています。スマホでググって検索し、画像を探し出して、患者さんにお見せし「これで合ってますか?こういう感じですか?」と確認すると、皆さん本当に嬉しそうにされたのを思い出します。患者さんのお話から、それぞれの地域の生活の様子に、想像の翼が大きく広がりました。
言語聴覚士の仕事では、評価や症状の理解、訓練など、全てを患者さんから学んでいくことになりますが、単にそれだけでなく、様々なジャンルの知識や文化、生活の知恵、そして生き方をも患者さんから学ぶことになります。臨床家自身の人生も豊かにする職業であるといえましょう。そんな言語聴覚士を目指す若い学生さん達が、これからも東京工科大学にどんどん入学してくれることを心から願っています。
あ、余談ですが、私の田舎(長野県伊那地方)ではおせち料理は大晦日から食べ始めます。決して私の家だけの風習ではなく、地域全般がそんな感じです。友人に話したら驚愕されました…。
私の部屋の扉の飾りも、クリスマス仕様からお正月仕様に変えてみましたよ。

20231227_095837

寒波到来!

| 投稿者: とやま

今シーズン最強の寒波が到来しています。

今朝、九州や北陸在住の言語聴覚士の先生から積雪の写真をいただきました。
冬将軍が全国各地で猛威を振るっているようです。
Character_winter_fuyusyougun

今日の蒲田キャンパスは雪こそ降っていませんが、一気に冬の寒さになりました。

急に寒くなる時期は、特に注意が必要です⚠️
以前、私が勤務していた医療機関では、寒波が到来すると➰
ヒートショックによると考えられる患者さんが多く入院してきました。

暖かい部屋から寒い部屋に移動する時など(防寒をせず屋外に出る場合も同じ)
急激な温度差によって血圧が変動し、心臓や血管へ負担がかかります。
脱衣所やトイレを事前に暖めておく➰温度差にさらされない工夫をしたいですね。

今年も残りわずか!! 寒さに負けるな💪

より以前の記事一覧