リハビリ模擬授業

| 投稿者: いしず

Ishizu1先日、多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校にお邪魔してきました。

今年はコロナの状況もあり、高校に伺うことがあまりないのですが、先方の先生からお声かけを頂き、高校1年生と2年生の生徒さんに、模擬授業をしてきました。

久しぶりに高校  の雰囲気に触れることができると、何となく嬉しくなります。

皆さんは高校なんて…と思う(?)かもしれませんが、大学にいると高校が懐かしくて素敵に思えるのですよ~

今回、玄関や廊下、教室前で生徒さんとすれ違う度に、どの生徒さんも「こんにちは!」と元気に挨拶をしてくれまして……う~ん、ちゃんと挨拶ができる、さわやかイイ生徒さん達だぁ  と模擬授業に入る前から嬉しくなり、気分が  でした。

 

肝心の模擬授業では「リハビリテーションの意義(ちから)」と題して、

リハビリテーションを担う専門職を紹介するとともに、ある患者さんを例に挙げて、理学療法・作業療法・言語聴覚療法の各分野でどんなことをするのか具体的にお話をしました。

Img_1383

Img_1396

  

 

 

 

もちろん、言語聴覚士のこと知っている生徒さんは、まだまだ少ないので、言語聴覚士に興味をもってもらえるよう、しっかりアピール

したつもり……ですが

模擬授業の最後に、生徒さんに「さて、私は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士……どの専門職でしょう~」と聞いてみたところ……私の雰囲気?は「作業療法士」っぽいようです   

「理学療法士かな」と感じる生徒さんは、誰もいませんでした。これは何となく納得。

でもでも「言語聴覚士じゃない?」と思ってくれる生徒さんも、何人かはいましたよ~  

 

今回、模擬授業をさせて頂いた生徒さんは、これから文理選択や科目選択をするそう。

それもあってか、模擬授業の中でやった簡単なグループワークで、リハビリテーションについて自分の思うことや意見をしっかり出してくれましたし、私の話にも興味をもって聞いてくれているようでした。

模擬授業をしている私の方が、とても楽しかったわ~。う~ん、いい生徒さん達だ。ありがとう!

話を聞いてくれた生徒さんが、言語聴覚士やリハビリテーション分野にさらに興味くれるとよいなと思いますし、

他の高校の生徒さんにも、こういったお話ができる機会が増えていくといいなと感じました。

母の心に届いた言葉?

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 今日は、指導をさせて頂いていた難聴のお子さんが、お母さんに放った~忘れられない言葉を紹介します。

 確か、お子さんが5歳代の頃…何かをしでかしてお母さんに叱られていたんです。そして、しばらく黙って叱られた後、お子さんは母に向かって「自分が産んだ子だから、大事にしないと…!」と。

 私はその話を聞いて、子どもって本当にすごいなぁ~!と感じました。叱られたことに対して、反論もせず(叱られている状況を納得していたのだと思います)、誰目線に立っているのか、お母さんを黙らせてしまったのですから。

 そして、お母さんが絶句している間に形勢を立て直して、「叱られても、お母さんが大好きだよ」と甘えてしまったのです。

 もちろん、正しいことと悪いことの違いもしっかり理解し、相手の立場になって考えることもできますし、祖父母や兄弟思いの優しい性格のお子さんです。

 正しく感情を表現できる子どもに対し、一時休戦で、子どもの思いを受けとめてあげることも大切ですね。(決して、そんな日ばかりではありませんけど…)

音質へのこだわり?!

| 投稿者: いしず

Ishizu1 ここ最近の私は、気分があがっています 

 理由は簡単……新ガジェットの到来によるものです

先月、デジモノ熟考しまくり中のお話をしましたが(即断か?熟考か?)、記事を書いた数日後についに決断し、現在のデスク周りはこうなっています。

1012 結局は、幅広い使い方ができて使い勝手が良く、手軽に高音質で録音ができるもの…というところで決断しました  

 一応、ポップガードも準備。

 歌手や俳優さん、声優さんが声を録音している場面などの映像でよく見かけるアレです。

 これがあるだけで何だかサマになっていてかっこいい!

  

もちろん、そのカッコよさのために……準備したわけではありませんよ~ぉ。

皆さんは何かの録音をした時、呼気流がマイクにあたって「ボフッ」と音が入ってしまったことがありませんか?

また、手を口の前にかざして「は」行や「ぱ」行などを話すとわかると思いますが、これらの音を発音する時に息が強くでますので、「ボボッ」と耳障りな音になってしまうことがあります。

これを防いでくれるのが、ポップガード。

他にも唾液が飛ぶことによる湿気からマイクを守ったり、発音時にマイクと近づきすぎないようにするためなどの効果もあるようです。

私が購入したマイクは、こういったポップノイズを低減する対策がされているのでポップガードは特には不要みたいでしたが、この私……

デジモノ好きで、音響学も学んだ言語聴覚士のはしくれ…… 

今度、いろんな録音条件や音源(ことば・音楽など)、ポップガード有無などで録音をしてみて、音質がどう変わるか分析してみたい~なんて思って、購入した次第です。

音の聞き比べが楽しみです 

う~ん、それにしてもこのマイク、感度がいいです。きっと、かすかな小さな声しか出せない患者さんの発話もクリアに録音できそう~~

 

言語聴覚士(ST)を目指した理由

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 また、日本列島に台風が接近しています。被害なく通過してくれますように。

 さて、今日は私がSTを目指した理由を振り返ってみたいと思います。

 私がST養成校で学んだ時は、まだ、STは国家資格ではありませんでしたので、全国に養成校が3つしか無かったのではないかと思います。私が学んだ期間は1年間でしたが、今はその学校も2年制になっています。

 私がSTを目指した理由は、「何か聴覚障害者の役に立つことを仕事にしよう」という平凡なことだったのですが、その時の、同級生にはとても素晴らしい「言語聴覚士を目指す理由」をもった人がたくさんいました。中には、STになるために浪人までして入学を決めた人もいました。

 なので…入学後は、モチベーションが凄く高い人たちに囲まれて、そのズレにかなり戸惑った😨 覚えがあります。

 私自身も、自分なりのモチベーションは保っていたのですが、段違いの熱量を感じるHonoo_hi_fire毎日に「私はこの人たちと同じ仕事に就くことが出来るのだろうか…」と、かなり引き気味の学生生活でした。

 スタート時点の熱量は普通でも(他の人より低くても)、責任を持った仕事はできます。

 今、その頃の自分に言ってあげたい言葉は、「そのままで大丈夫、あなたはその仕事を数十年に渡ってしていくことになるから…ゆっくり頑張れ!」です。

需要と供給!

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 最近は、マスクの価格がどんどん下がってきていますね。蒲田駅の近くには、なんというか、さまざまなマスクを売っている「マスク屋さん」Photo_20201005160201 Photo_20201005160101

があるのですが、先週末に50枚入り「399円」になっていました。

 私の中で、一番高額で購入した時の値段は、50枚入り「3980円」でしたので、10分の1だぁ!と驚きました。

 需要と共有のバランスで、価格はこんなにも変動するのですね。新型コロナウイルス感染拡大以前は800円くらいで安い方で、1200円くらいでちょっと高いかな~と思っていましたので、現在は、供給過多による値崩れが起こっていると言えますね。

 さて、ここで言語聴覚士の需要と供給を考えると、明らかに供給不足になっています。需要(病院からの求人)が多くあっても年間の資格取得者には限りがありますので、なかなか、医療機関から出される求人のすべてに応えることができない状況が続いています。

 言語聴覚士が国家資格に制定される前には、養成校の数も、需要(病院からの求人)も少なく、表向きは今ほどの混乱はありませんでした。ただ、言語聴覚士にとっての本当の需要は病院からの求人ではなく、患者さんからの声なのです。

 国家資格になる前は、患者さんの声がどんなにあっても、多くの病院で働くことはできていませんでしたが、その患者さん達の大きな声が後押しになって、言語聴覚士の国家資格制定につながったのも、事実です。

 これからも、患者さんの声に応えるために、多くの熱意ある若者に、言語聴覚士を目指してもらいたいと思っています。Photo_20201005170001

 

災害時のリハビリテーション支援

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 東京は、天高く馬肥ゆる秋~という日になりました。

 今日は、夕方からWeb 上で、「災害時の感染症対策ー新型コロナウィルス感染症を含めー」という講演会があります。

 ん? 災害時? なぜ? と思われるかもしれませんが、言語聴覚士は災害時のリハビリテーション支援や、発達への支援を行っているのですよ。

 そして、このたびは、日本言語聴覚士協会が構成団体となっている「日本災害リハビリテーション支援協会(JRAT)」が法人化された記念に、東北医科薬科大学医学部教授の賀来満夫先生の ご講演があるのです。賀来満夫先生はテレビなどでも拝見することが多いですが、JRATの顧問の先生でもあります。

 新型コロナウィルス感染症が日本で確認されるずっと前から、災害時の避難所などでは感染症対策が行われておりましたが、ご存じのように、日本の避難所は「密」ですから、新型コロナウィルス感染拡大を受け、これまで以上に、避難所での「密」回避が課題となっています。

 実は、私は日本言語聴覚士協会の災害対策部長なのです。 災害時にしっかり対応できるよう、今日は、多くを学びたいと思います。Photo_20201002154501

 

 

季節感とリハビリテーション

| 投稿者: いしず

Ishizu1 はやくも10月です。さて、今日は何の日でしょう~~?

 この時期になるとスーパーではお団子が売られていたり、ファーストフード店でも月見をモチーフとしたメニューが出てきていたりしますね

そうです、今日は中秋の名月  綺麗な月をみることができるかしら?空模様が気になります。

中秋の名月は、旧暦8月15日の十五夜に月見をするならわしですね。1年で最も美しく月が見えるらしく、ススキや月見団子をお供えして月を眺める日本の秋の風物詩ですね。

今は十五夜を楽しむ風習は薄れてきていて、皆さんは馴染み深いものではないかもしれません。

ただ!リハビリテーションでは、どうでしょう~~~~

今日のような十五夜だと、お月見や秋の収穫状況などをトピックにして患者さんと会話(訓練)をしますし、病院の食事でもお団子が提供されたりします(患者さんの摂食嚥下機能によります)。

病院や介護保険施設などのリハ室では、患者さんや利用者の方に季節を感じていただけるように、ススキやお団子飾りを置いたり、掲示板を季節感あふれるディスプレイにしたりします

もちろん、小児の訓練室でも同様です。療育をしていた時は、プレイルームの壁面にウサギと月と団子を作って飾っていたな~ぁ。お子さんとは、うさぎうさぎ~ 十五夜お月さんなど歌っていましたしね。

リハビリテーションにおいて、各施設やセラピストは季節に合わせた話題や行事を行って、対象の方が季節を感じられるように工夫しています。

皆さんも、時々、日本の風習や行事ついて知ったり体験したり、触れていくことがあると、将来、きっと患者さんとお話が盛り上がるかも

私は、早速、ススキを……違った、やはりお団子  を買って帰ります。

「遠隔」について

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 今年度になって、多くのことが「遠隔」で行われるようになりましたね。

 学校では遠隔授業、職場では遠隔会議、大人たちは遠隔飲み会、などなど、もう珍しくはないですね。私たちが、参加する学会の多くも、Webによるオンライン形式での開催~となり、遠隔で行われています。

 遠隔〇〇は、対面の代わりとなる最強の手段ですが、完全に代わりができるかというと、そうではない部分が多いと思っています。

 私は現在、聴覚障害のお子さんの言語指導を遠隔で行っています。お子さんに直接行う言語指導ではなく、お母さんを支援する指導ではありますが、対面に比べると遠隔では得られる情報が少なくなります。

 お子さんが自分から私とコミュニケーションをとろうとするか、お子さんがどんな風にお母さんにまとわりつくか、お母さんがお子さんにどんな対応をされるか、などなど、その場に居ればわかることが、たくさんあるのです。

 しかしながら、足りないものを数えることはやめにして、限られた状況の中で行えることは何か、必要なことをどう伝えるか、新しい指導方法の在り方も同時に考えることが大事だと感じています。

 

 

インフォームドコンセント

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 昨日、今日と少し涼しい時間もあるようになってきました。猛暑も終わりに近づいているのでしょう。

 ちょうど、そんな季節、いよいよ入試の出願が始まりました。言語聴覚士を目指してくれている皆さんは、どの種類の入試を選ぶのか、いろいろ考えるところがありますね。

 さて今日は、言語聴覚士は誇り高い仕事を行っているという話をさせて頂きます。

 みなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、「インフォームドコンセント(説明と同意)」という言葉があります。これは、医療職が患者さんに医療を提供するときに、患者さんやご家族が病気の状態や治療内容を十分に理解できるように説明し、それを聞いた患者さんやご家族が良く理解し、納得し、同意した上で、はじめて治療が開始されるということを意味します。

 一言でいうと、インフォームドコンセントは、患者さんの権利を守るためのものです。

 言語聴覚士が患者さんに言語聴覚療法を行うときにも、同様の説明を行い、理解、納得、同意を頂いた後に、開始をすることになります。

 ただし、言語聴覚士が支援をする対象の方々は、ことばの理解やことばの表出が難しい方が多くおられます。そのため、「十分に理解できるように説明し 」という部分や、「良く理解し、納得し、同意し」という部分が、ことばに障害が無い方々よりも、とても難しくなります。

 その上で、患者さんの尊厳を守るために、患者さんやご家族の権利を守るために、より工夫し、より丁寧に、よりわかりやすく、伝えることが言語聴覚士の技能であり、思いであり、義務でもあります。

 コミュニケーションは、技だけではないのです。

 

おべんとうばこ

| 投稿者: いしず

Ishizu1 「おべんとうばこ」の歌  って覚えていますか? きっと知っていたはず。

 今日、電車の中で、あるお母さんとベビーカーに乗ったお子さんを見かけました。

そうですね~、お子さんは、たぶん7~8か月といったところでしょうか   まだまだチビさんですので、ことばは話していませんが、お母さんの顔をみながらニコニコしていました。

お母さんはというと、お子さんに向かって、何やら手遊びをしていました  

もちろん電車の中ですので、小声で手遊び歌を歌いながらしておられるのでしょう……少し離れていた私には、まったく声は聞こえません。でも、その身振りをみると……

 

これっくらいの、おべんとうばこに、おにぎり おにぎり、ちょっと詰めて…のしぐさでした。

 

あ~~~~     おべんとうばこ の手遊びだぁ

 

その後も、お母さんの手からは、いろいろな手遊びがはじまります。

おいで、おいで、おいで、おいで、ぱんだぁ~…

ぐちょきぱー で、ぐちょきぱーで 何つくろう~…

やきいも やきいも おなかが グ~…

う~~~、どれもが懐かしい    療育をしていた時、毎日、季節の歌を歌い、手遊び歌を歌い…お子さんと関わっていたなぁ~と、ほんと懐かしく感じました。

皆さんは、小さいころにやった手遊びや歌遊びを覚えていますか?

動作模倣や音声模倣を促したり、相互のコミュニケーションを促したり、実は、言語聴覚療法でもいろんなことをねらって取り入れる活動です。

 

今日、電車で見かけたお母さんは、きっと、お子さんがグズらないように、手遊びをされていたのでしょう  

お子さんはお母さんのしぐさや表情をジッと見ていて、くすぐりやボディタッチなどをされるのが嬉しそうでした。

ことばのやりとりは未だできなくても、こうやって親子が楽しそうにコミュニケーションをしているのをみることができて、ほっこりしました  

それにしても手遊びは、童謡と同じように、今も昔もこうやってずっと歌われ手でつむがれて続いていく普遍的なものですねぇ~。