蒲田キャンパス図書館で、学術誌を読もう!

| 投稿者: わたなべ

年末の記事で、図書館のことを少し紹介いたしました。

今日は、学術誌(学術雑誌)について、紹介いたします。

学術誌は、研究成果(論文や報告、総説等)が掲載された冊子です。基本的には、それぞれの学術研究団体(いわゆる「学会」)が年に数回、定期刊行物として刊行しています。会員にならないと購読できません。そのため、原則的にバックナンバーを書店で購入することはできません。最近では、紙媒体だけではなく、デジタルデータとしてPDFの形でオンライン化されて公開されていることも増えてきました。しかし、紙の雑誌ならではの味わいもありますね。

本学の蒲田キャンパスには、医療保健学部があるため、医療分野の学術誌がたくさん所蔵されています。言語聴覚学専攻、言語聴覚士に関係する雑誌を、一部ですが紹介しますね。

Photo_20220112194801

「言語聴覚研究」です。言語聴覚士の職能団体である一般社団法人 日本言語聴覚士協会(日本言語聴覚学会)の雑誌です。言語聴覚療法全般が研究対象です。

Photo_20220112194806

「高次脳機能研究」です。一般社団法人 日本高次脳機能障害学会の雑誌です。主に、失語症や高次脳機能障害についての研究成果が掲載されています。

Photo_20220112200301

「認知言語学研究」です。日本認知言語学会の雑誌です。認知言語学とは、ざっくり説明すると、人間の認知能力と言語との関係性について研究する学問です。

Photo_20220112194804

「発達障害研究」です。日本発達障害学会の機関誌です。

Photo_20220112194803

「月刊発達教育」です。公益社団法人 発達協会の月刊誌です。とても読みやすい雑誌ですので、学生に特にお勧めです。

以上が、日本の雑誌でした。

ここからは、外国の雑誌も紹介します。

Ajslp

"American Journal of Speech-Language Pathology" 通称AJSLPです。Pathologyは病理学のことです。発話と言語の病理学ですね。

ASHA(The American Speech-Language-Hearing Association)の雑誌です。日本言語聴覚士協会と同様に、ASHAはアメリカの言語聴覚士協会です。 

Audiology

”American Journal of Audiology” 通称AJAです。 Audiology は聴覚学のことです。

こちらも上述のASHAの雑誌です。ASHAは、AJSLP, AJAのほかに、JSLHR(Journal of Speech, Language, and Hearing Rsearch)とLSHSS(Language, Speech, and Hearing Services In Schools)も刊行しています。複数の領域で専門誌を定期刊行するのは凄いですね。

Brain

"Brain - A Journal of Neurology"

その名の通り、脳、神経学の研究成果が掲載されている世界的に著名な雑誌です。

 

これら以外にも、まだまだたくさんの学術雑誌が蒲田キャンパスに所蔵されています。また、オンラインの雑誌も、学生であれば閲覧やダウンロードが可能です。研究用の文献を無料で自由に閲覧できるのは、大学の図書館ならではの魅力ですね。

学生の皆さんには、ぜひ大学図書館をより多く活用していただきたいと願っています。

 

2022年 あるき始め

| 投稿者: いしず

新年、おめでとうございます。皆さま、どんな年明けでしたでしょうか。

私は、初日の出富士山を望む、年はじめでした。といっても、どこかに出かけたということでもなく、多摩川からです~。

多摩川は、川に沿って遊歩道がきれいに整備されていて、気持ちよくサイクリングやジョギング、ウォーキングができるんですよ。

すでに私の習慣と化している毎朝のウォーキングですが、「元旦こそ新年歩き始めっ。初詣をして日の出をみようっ」と、ウォーキングで年はじめです。

 1/1 

暗闇の5:45頃から出発し、早々に初詣を終え、待ちをしながら多摩川を沿い歩き。

すると、日の出時刻(6:51)が近くなるにつれ、多摩川土手に人が……。多摩川に架かる橋にも人が人が人が……。

昨年の正月はコロナ事情もあって、おこもり状態で全く知らなかったのですが、多摩川って日の出スポットだったということが判明

そして、多摩川からは富士山も見ることができるのですよねぇ~。冬の時期は、冠雪した富士山が非常に美しくみえます。

2022年元旦は天気が良く、美しい初日の出富士山をみることができました。赤く染まる空には飛行機も数機確認!羽田からの初日の出フライトでしょうか~。

 1/2 

この日は、神社巡り(この話はまた今度)。六郷橋を渡っていると、定間隔でカラーコーンが置かれている……それに制服を着た警備員っぽい方々までおられる……。VIPが通る?今日は何かあった?と疑問に思いつつも、神社巡りへ 

 1/3 

ブログをみて「箱根!駅伝か~、あのカラコーンは!」。昨日、私が六郷橋を通った時間は、ランナーが走るには早すぎたようで全く気がつかず 「こんなことなら今日は別ルートにせず、六郷橋に行けばよかった」と思うが、どう考えても朝ウォーキングは10区の時間ではない

 1/4 

元旦に取れなかった写真を撮る。六郷橋からの日の出(6:55)と朝日に照らされた富士山4_20220104090001

おお!多摩川は、富士山もみえるが、大学の3号館もしっかり見えます

今年も健康づくり?のため、ウォーキング、がんばります

 

 

3つのポリシー

| 投稿者: わたなべ

3_20211124135801

皆さんは、「大学における3つのポリシー」をご存じでしょうか。


・アドミッションポリシー(AP)「入学者受入れの方針」

・カリキュラムポリシー(CP)「教育課程編成・実施の方針」

・ディプロマポリシー(DP)「学位授与の方針」

 

学士過程教育の構築に向けて(答申)」(中央教育審議会,2008年)


APは入学時CPは在学時DPは卒業時に、学生がどのような能力を備えていることが望ましいかを示しています。

上に示したイラストで、左の入学から右の卒業まで、3つのポリシーが連続していることをご理解いただけると思います。

3つのポリシーには、各大学の個性や特色が反映されています。

東京工科大学の3つのポリシー」は、大学のホームページで公開されています。

これから本学受験を予定されている高校生の皆さんにとって、特に「アドミッションポリシー」が気になるのではないでしょうか。それでは、本学のアドミッションポリシーを確認してみましょう。


東京工科大学アドミッションポリシー
(入学者受入の方針)

 本学の基本理念と四つの具体的理念をふまえて以下の入学者を受け入れる。

  • 各専門分野の学修と研究に強い意欲を持って挑み、自己成長して自分の夢の実現をめざす人
  • 国際的な教養と豊かな人間性を育み、高い倫理性と創造性を持ち、持続可能な社会(サステイナブル社会)の実現に貢献する人

もちろん完璧である必要はありません。このポリシーに当てはまる!と思われましたら、ぜひ入学をご検討ください!

 

さて、東京工科大学の3つのポリシーとは別に、「言語聴覚学専攻の特徴」も定めております。


言語聴覚学専攻の特長

 ① 言語聴覚士に欠かせない職業人としての使命感・倫理観を持ち主体的に学ぶ能力を身につける

 ② 自身の専門性をより高いレベルで発揮するため、多職種と協働できる調整力とコミュニケーション能力を身につける

 ③ 科学的・論理的な思考力と判断力、人に対する洞察力・包容力と想像力を養う


大学での4年間を有意義に過ごすために、入学前から、大学や専攻の教育特徴を理解していただくことが必要と思います。

何かご不明な点がありましたら、言語聴覚学専攻オンライン教員相談をどうぞお気軽にご利用ください。

お待ちしております。

 

アクセス抜群!

| 投稿者: いくい

__20210215155901 こんにちは!

東京工科大学は、JR京浜東北線蒲田駅から徒歩3分のところです。

JR京浜東北線はその名の通り、埼玉県大宮から東京駅から東京都心部を通り京浜地区(横浜方面)へ向かい神奈川県鎌倉市の大船まで走る鉄道です。全長は81Km以上あります。

人気の町、横浜駅から蒲田駅までは20分以内。新幹線が停まる品川駅蒲田駅から3駅、電車で10分のところです。羽田空港は、京急蒲田駅からだと電車で30分以内に到着します。日本国内のどこからでもアクセス抜群のところに東京工科大学はあります。列挙してみると、蒲田とはなんとまあ便利なところかと驚いてしまいます。

それでいて、蒲田周辺を歩くと、池上本願寺などもあり静かな住宅街もあれば、駅周辺は昔ながらの飲食店街や商店街が広がっています。とりあえず美味しく安くたくさん食べたり飲んだりすることには困りません。とても親しみの持てる場所です。

生活環境として、交通の便がよい、買い物が便利というのは、大事です。

手前味噌ですが・・・蒲田にある東京工科大学って案外良いじゃ~ん・・・とあらためて独り言ち(ひとりごち)たのでした・・・!

ゼロから教えます・・・学習支援センター

| 投稿者: いくい

Photo_20210820092401 こんにちは~! 

 

言語聴覚学専攻の入学を検討している方もいらっしゃるかと思います。 よく尋ねられるのは、文系でも大丈夫か?ということです。 言語聴覚学そのものについては、理系とか文系とか関係ありません。というよりも両方必要です。あ・・・ますます不安にしてしまったでしょうか? 

大丈夫です。 

東京工科大学では、わかりやすい授業の工夫、個々人に合わせたサポート、少人数制のサポート、多数の教員によるサポートなどなどサポート体制が整っています。それに加えて、今日は特に学習支援センターをご紹介します。数学、生物、物理、英語、文章技法、コンピュタリテラシーなどについて、基礎の基礎から・・・1どこからゼロから教えてもらえるところです。友人と一緒でも、ひとりでも訪ねていけます。先生がマンツーマンでていねいに教えてくれます。苦手というよりも「ちんぷんかんぷん」の全くわからなかった学生さんも、このセンターに通いたくなり、理解が進むと勉強が楽しくなり、結果、授業科目に合格して進級していきます。 

明るくて開放的な雰囲気の教室です。先生方は慣れていらっしゃるので、どんな学生さんでも「ウエルカム」です。 

本専攻でも「生理学」について、この学習支援センターを利用した学生さんがいます。本人は「自分は文系だから・・・理系の授業がわからない。苦手」と思っていたとのこと。それでセンターを利用することにしました。「生理学」で良い点をとるのは簡単ではありません。でもこの学習支援センターに行った学生さんは優秀な成績をおさめることができました。「わからない。苦手」のはずが、「わかるようになると、勉強するのが楽しいし、面白くなりました」と話してくれました。 

文系だから・・・理系だから・・・ということが不安で、大学入学をためらっている方は、どうぞご心配なく。ただし、大学に入ったら、勉強はたっぷりすることになります。でもいろんなことを学ぶのって楽しいですよ。言語聴覚学は学べば学ぶほど面白くなってきます。間違いないです。 

大学で言語聴覚学を学ぶ日々をお楽しみに~。 

声について(2)歌の上手い下手 ー オンラインオープンキャンパス -

| 投稿者: いくい

 __20210608175501  __20210212001401

こんにちは!  

 

私は、ここのところ、について 簡単なお話を ごく短く させていただいています。  

 

が上手いとか下手とか言いますが、 

それはどうやって判断しているのでしょうか? 

 

が上手い人というのは、何が上手いのでしょうか?  

 
前回は、の 好き 嫌い についてお伝えしました。  

の好き嫌いにくらべれば、歌の上手い下手には、 

発声の技術が 大きく関係しています。 

 

ということで、について、発声の技術について、 

そのヒントになることを オンラインでお話ししています。 

 

こんなことを 科学的に 突き詰めて 学び  

さらに医療に役立てる-  

この専門的な知識と技術を学ぶのが 言語聴覚学専攻なんです。  

 

8月9日は 残念ながら 来場型オープンキャンパスは中止になりましたが、 

オンラインで、ライブのキャンパスツアーをしました。 

 

8月5日からオンライン型オープンキャンパスがスタートしています。  

オンライン型 オープンキャンパス | 工科大ナビ (teu.ac.jp) 

 

 ぜひオンライン型オープンキャンパスをのぞいてみてください。 

キャンパス見学 を 3Dバーチャルで!

| 投稿者: いくい

__20210608175501 Vf Oc こんにちは! 

 

先週7月21日に蒲田キャンパスのご紹介を少ししました。

昨日は渡辺先生がキャンパスからの素晴らしい眺めの写真を見せてくださいました。

 

言語聴覚学専攻の演習などを行うのは

20階建ての3号館の19階です。 

自慢のひとつは大きな大きな窓からの眺めと、

教室の明るさです。

 

でも特に皆さんに見ていただきたいのは、

開かれたスペースのなかで 

学生さんたちが真ん中にいる・・・という環境です。 

 

教室の廊下側はガラス張り、 

 フロアごとには、ちょっとしたラウンジがあります。

 

東京工科大学のホームページでは、

蒲田キャンパスの3Dバーチャルキャンパス見学ができます!!!

前回のブログでご紹介せずに失礼しました!!!

 

バーチャルキャンパス見学

https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html

 

またバーチャルオンラインオープンキャンパスは事前申し込みを受け付け中です。

東京工科大学受験生情報サイト バーチャルオープンキャンパス | 工科大ナビ (teu.ac.jp)

 

なお現在のところ来場型のオープンキャンパスを8月に2回実施する予定です。

来場型オープンキャンパスについても事前申し込みを受け付け中です。

東京工科大学受験生情報サイト バーチャルオープンキャンパス | 工科大ナビ (teu.ac.jp)

追記:残念ながら、8月の来場型のオープンキャンパスは中止になりました。

 

オンライン教員相談は随時受けつけています。

ご自宅からお気軽にご相談ください。

リハビリテーション学科言語聴覚学専攻 オンライン教員相談 | 医療保健学部 | 学部・大学院案内 | 東京工科大学 (teu.ac.jp)

 

先日7月15日には 社会人の方で入学を検討している方の お話もしました。

大学というのは、どなたにも開かれている学びの場です。

 

思い立ったが吉日・・・

これを目にした、高校生の方、社会人の方・・・

オンラインでも、バーチャルでも、来場型でも・・・

どうぞ訪ねてみてください!

お待ちしてま~す!

 

集い… 学ぶ… -ラウンジ- 学生さんが真ん中にいる開かれた環境

| 投稿者: いくい

Oc __20210608175501 _yakimoti こんにちは!

 

東京工科大学は蒲田駅から歩いて3分もかからない便利なところにあります。

 

言語聴覚学専攻は主に20階建ての3号館で授業をします。

言語聴覚学の演習などは19階で行います。

大きな大きな窓からの眺めはただただ素晴らしいの一言につきます。

廊下側はガラス張り

とにかく明るい教室です。

 

でも、ただ廊下に教室が並んでいるのではありません。

 

フロアごとに、廊下につながるちょっとした広いスペースがあります。

そこに、小ぶりのテーブル椅子が2~3脚のセットがいくつか置いてあるのです。

すなわち通路の一角に、飲食したり、勉強したりするスペース=ラウンジが設けてあるのです。

 

学生さんたちが1人だったり、3人だったりといろいろですが、

そこで話し合ったり、勉強したりしている 学生さんたちの雰囲気が

とても感じいいんです。

私を知らない学生さんでも、私に気づくと、すぐに声に出して挨拶もします。

 

そこは通路でもあるので、教員も学生もぐに声を掛け合うことができます。

のびのびと 語り合い、勉強しています。

 

この大学の中は 全体が、そうです。

壁に向かって一人で黙々と・・・というのではありません。

学生さんたちは、

気軽にそこにあるテーブルにつき、

気軽に集い

気軽に勉強できる

開かれたスペースがあるのです。

学生さんたちが真ん中にいる・・・という環境です。

 

現在のところ来場型のオープンキャンパスを8月に2回実施する予定です。

ぜひ、大学にいらしてください。

この学生さんたちに 開かれている 環境を感じてくださ~い!

残念ながら8月の来場型のオープンキャンパスは中止になりました。

オンライン型のオープンキャンパスをぜひのぞいてみてくださいね!

 

社会人 と 大学 と 言語聴覚学

| 投稿者: いくい

      __20210324115801 _yakimoti __20210215155901

 

 

こんにちは!

 

この日曜日の来場型オープンキャンパスには社会人の方も来てくださいました。

 

言語聴覚士は 世界でも 人気の職業ですし、今後 ますます 需要がある 職業です。

また 言語聴覚士が 担当する領域は、息をすること、食べること、人とやりとりすること=コミュニケーションと、

まさに 人として 生きていくうえで 欠かせない領域です。

 

人生 100年!? になりつつある 今、

2、第の人生設計に、

新たな 学びと 職業への 挑戦を 考える社会人の方は 少なくないようです。

 

実は 私も・・・

もう 人生も 折り返し地点 となった年齢で、

ひょんなことから 大学に 入学して、

そのまま 言語聴覚学を 学び、

そして言語聴覚士になりました。

 

年齢は 関係ありません。

 

大学に 入ってからの 学びに ついても 心配は いりません。

 

そもそも言語聴覚学は、文系も理系も関係ありません。

 

自分は 文系だと思っている人は、理系と思われる科目を、

自分は 理系だと思っている人は、文系と思われる科目を、

苦手だと思うようです。

 

ということで、

どのような 学生さんにも 学べるように、授業の担当教員だけでなく、

それ以外にもさまざまな学習支援体制で

学生さんの 学びを 支援・応援しますので、心配いりません。

 

今後の 状況によりますが、

現在のところは、8月に 2回 来場型のオープンキャンパスをする予定です。

 

8月に 残念ながら 来場型が開催できない場合には、

バーチャルオープンキャンパスで さまざまな動画を 見ていただくことができます。

言語聴覚学専攻では オンライン教員相談もあります。

 

ぜひご活用ください。

ST学生ための専攻NEWS⑤ 大学の図書館には専門書が充実

| 投稿者: うちやま

Toshokan先月のブログで1年生の基礎教育科目「フレッシャーズゼミ」で、大田区・蒲田について調べたということを紹介しました。

フレッシャーズゼミでは、さまざまな活動を通して大学生に必要なスタディ スキルズを確認しています。

先日の授業では「図書館ガイダンス」として、図書館の書籍をつかって言語聴覚士に関する専門用語を調べる活動をしました。

大学での学修には図書館は欠かせないものです。そのため今回は、図書館の利用の仕方を確認し、書籍を検索したり本の借りたりすることを体験してもらいました。

あと「これから学ぶ内容を、少し覗いてもらいたいなぁ」と、教員側の少し欲張った気持ちもあって、言語聴覚士の勉強でよく出てくるであろう用語を調べてもらったというわけです!

どんな用語を調べたかというと......例えば、「再帰性発話(さいきせいはつわ)」「聴性脳幹反応(ちょうせいのうかんはんのう)」などです。1年生にとって初めて聞く言葉ばかり👀

インターネットで検索すれば、調べたい言葉をそのまま検索しても何かしらのページがヒットしますが、図書館の蔵書検索では調べる単語のみを入力してもほぼヒットしません💦💦
学生たちは教員に助言を受けながら関連する内容が載っている書籍を検索し、実際に図書館で手にとって内容を確認しながら調べていきました。

今回の授業後の学生さんのリアクションペーパーには・・・

「大学の図書館は高校よりも書籍が多く、様々なジャンルの専門的な本があることが分かった」
インターネット検索ばかりに頼らず、書籍からも知識を得るために図書館を利用したい」
「知っていることでも、本にはより深く書いてある。本を調べることは大切だと感じた」...など。

いろいろと感じてくれたようですね

蒲田キャンパスの図書館は3号館4階にありますが、蔵書検索はインターネット上でどこからでもアクセスすることが可能です。
また八王子キャンパスの書籍も取り寄せて借りることができます。
これからの勉強で、図書館の書籍を大いに利用していってほしいものです

 

ちなみに東京工科大学の図書館には、言語聴覚学専攻の開設にあわせて新しい書籍や視聴覚資料が多数入りました。
また、八王子キャンパスにはさまざまな専門性をもつ学部がありますから、聴覚や音声など言語聴覚学に関連する書籍が多く所蔵されています。驚き~~

蒲田キャンパスだけをみても、医療保健学部とデザイン学部、日本工学院専門学校があります。
医療関係の専門書だけでなくデザイン関連の書籍や雑誌も充実小説やマンガのコーナーも

私自身、最近は書籍も論文も電子媒体で読むことが増えましたが、やっぱり実際に手にとってゆっくり選べる図書館はいいなぁと再認識しました

※現在、学外の方の図書館への入館は中止されています