辞令交付

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 本日、私たち6名は、言語聴覚学専攻教員としての辞令を受けました。

 昨年度は、医療保健学部リハビリテーション学科言語聴覚学専攻設置準備室でしたので、厳密に言うと正式な教員ではなかったということです。辞令を受け、身の引き締まる思いですが、併せて、1期生の皆さんに会えるワクワクも膨らんできました。Document_jirei

 

 その後、本学学長による「教員研修会」が開催され、本学の教育理念、学部のポリシー、本学の学習到達目標(ラーニング・アウトカムズ)、具体的教育方法など、本学が目指すところを再認識する機会が与えられました。

 本学のラーニング・アウトカムズは、以下の6項目に示されており、

  1.  国際的な教養
  2.  実学に基づく専門能力
  3.  コミュニケーション能力
  4.  論理的な思考力
  5.  分析・評価能力
  6.  問題解決力

 

 言語聴覚学専攻の教育目標は、 以下の5項目にまとめています。

  1.  職業人としての使命感・倫理観の育成
  2.  主体的に学ぶ能力の育成
  3.  調整力とコミュニケーション能力の育成
  4.  科学的・論理的な思考力と判断力の育成
  5.  人に対する洞察力・包容力と想像力の育成

 

 本専攻では、これらの目標を具体的項目に落とし込み、ラーニング・アウトカムズを達成できるように、授業を進めていきます。

 今日、新入生は、臨床実習などで使用するユニフォームの採寸があり、その会場で、少し新入生と話をすることが出来ました。入試の時に会った私のことを覚えていてくれた学生さんが、声をかけてくれて、とてもうれしかったですよ。😊

 みなさんがキラキラ輝いて見えました。一緒に、目標を達成しましょうね  

 

蒲田キャンパス日誌

| 投稿者: いしず

Ishizu1 通勤時に、ふと大学をみると、んっ1_20210322113801 

 蒲田キャンパスの一番高い建物、3号館に…
      わかりますかしら? 

      3本のルートの先に、ひ・ひとが

2_20210322113801 蒲田キャンパスの3号館は、

 どのフロアからも外の景色がよく見えます。

 特に高層階からみる、東京の景色は格別です。

 ただ「この窓ガラス。なぜこんなに綺麗?」といつも思っていたんです。

こんなふうに、綺麗な状態を保つため窓拭きをしてくださっている人がいるからなんですね~。

とはいえ私には、こんな高所作業は無理。作業をされている方って、ただただ、すごい

 

さて先週、東京工科大学では学位記授与式が行われましたた。密になることを避けつつ、4年生の新たな門出をお祝いしました。

春休みということもありますが、学位記授与式が終わって、今週…なんだかヒッソリとしてしまった感じがします。静かだな~と思いつつ仕事をしていると、外からなんだか声がします。綺麗に拭き掃除をしてくださった?研究室の窓から外みると

3_20210322113801 蒲田キャンパスの近くの園児さんでしょうか。

 キャンパス内の庭園に散歩にきていました。

 花壇は、季節ごとに綺麗な花が咲いていますし、

 今週は道沿いの桜も少し咲き始めています。

 サークル状の庭園を園児さんが駆けっこしたり、

 お花をみつけて保育士さんに話していたり…

 蒲田キャンパス、お散歩コースになっているようです

 

園児がひとしきり遊んだ後は、近くの地元の方でしょうか、

べビーカーにお子さんをのせたご家族の方や、お孫さんと日向ぼっこしながらベンチでくつろいでいる地元の方が その隣で学生さんがダンスを踊っています

蒲田キャンパス、地元の公園となっていますね。ん~ホッコリとします

願掛けだるま

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801  こんにちは!

  本日、本キャンパスは、保健師国家試験の会場となっているため、受験生と我々の入り口も別々になっており、入試同様に緊張感が漂っています。

 

 入試と言えば、受験生の皆さんは、日ごろの勉強の成果を十分に発揮して合格できるようにと、願掛けするように、私たち教員も、実は願掛けしています。

 言語聴覚士を目指してくれる志の高い生徒さんが、たくさん本学を選んでくれますように…と、受験シーズンになるずっと前から、願っています。

 


Img_2561-2
ピンク : 総合型選抜
 : 学校推薦型選抜
青 :外国人留学生選抜
 : 奨学生入試統一
 : 一般選抜 A日程
 : 共通テスト利用
 : 一般選抜 B日程


 本日は、言語聴覚学専攻にとっては、本年度最後の入試一般選抜 B日程」の出願開始日です。出願期間 2/12(金)~2/19(金)
 既に、入学が確定している方や、これから決める方、そして、これから受験される方も含めて、皆さんに会える日を楽しみにしています!
 
 全入学者が確定したら、開眼です!

3月バーチャルオープンキャンパスのお知らせ

| 投稿者: いしず

Ishizu1 建国記念の日、皆さんはどうお過ごしですか?

 さてさて、来月のイベントのお知らせです。

3/26(金)、3/27(土)、3/28(日)、3/29(月)にバーチャルオープンキャンパスが開催されます。

3月末 の時期というと……

自分の進路をしっかりと見据えて準備を始めようとしている方もいるでしょうし、

いよいよ進路をどうしようと悩みはじめている方もいるでしょうね~~。

医療・福祉・教育分野に興味があって、自分の進路の選択肢の1つとして考えている皆さん

ぜひ、バーチャルオープンキャンパスに参加してみてください~~

 

当日は大学全体でいくつかイベントがありますし、学部別イベントがあります。

私たちは「言語聴覚士のこと」「言語聴覚学専攻の特徴」など、お話する予定です。

といっても、まだ内容を詰めている部分もあるのですが  

皆さんにどのように伝えると分かりやすいかなぁとか、皆さんはどんなことが知りたいかなぁ……?とか考えているんです 

自分の進路を考え始めた皆さんに、1つのミライの姿を紹介できたらなと思いますし、

興味をもってアレコレと調べて、周りの人に話したり意見を聴いたりして、皆さん自身でしたいことをシッカリ考えて、そしてビジョンをもって自分の思う進路を進んでいってほしいですから。

それが言語聴覚士の道であれば最高ですが  

どんな進路を選んだとしても、自分で納得いくまで考えたのであれば後悔はしないでしょうし、一生懸命に取り組んでいけると思いますもん。

 

その考える1つのきっかけとして、3月は気軽に参加してみてくださいね~

__20210212001401  詳細はこちら→ https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html

  参加は申込制で、申し込みの開始は今月末です

  バーチャルオープンキャンパスへの参加、ご検討くださいね~。

  皆さんの参加をおまちしています  

統一入試(A日程)

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 今日は、本学の統一入試 A 日程の最終日です。

 試験日は、2月7日~2月10日で、4日間、とても穏やかな暖かい日もありましたが、8日には蒲田でも雪がちらつきましたから、8日の受験生は大変でしたね。

 

 統一入試では、グループ内併願が出来ます。学部・学科・専攻をA・B・Cのグループに分け、グループごとに選択教科・科目、出題範囲を設定していますので、同じグループ内であれば、(入学検定料の追加なく)複数の学部・学科・専攻を併願できます。

 言語聴覚学専攻はグループC にあたり、医療保健学部の看護学科、リハビリテーション学部の理学療法学専攻、リハビリテーション学部の作業療法学専攻と同じグループになります。

 また、A日程の特徴でもありますが、試験日は、7日~10日の中から自由に選択でき、日程によっては全国13会場で受験できるようになっています。そのため、同じグループ内に希望する併願先がない場合には、異なる試験日に別のグループを受験することもできます。

 看護学科、理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚学専攻のグループCは、共通の選択教科・科目、出題範囲のグループなのですが、専門職としての共通点を見ると、重要なこととして、職務遂行上、密接な対人関係の構築を要する職種であると言えそうです。

 

 もう、試験が終了した時間です。受験生の皆さん、お疲れさまでした。

 高い志をもった方々が、本学へ入学されますことを祈っています。Photo_20200917152401

 

 

 

 

奨学生入試

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 今日は、本学の奨学生入試の日でした。蒲田キャンパスも入試会場になっていますから、受験生の皆さんが来られました。

 朝はあいにくの雨模様でしたが、試験開始の13時に、急に光が差し込み始め徐々に太陽が雲の間から現れてきました。Taiyou

 みんな頑張って~ 

 奨学生入試の合格者には、返還不要の奨学金(年額130万円×最長4年間)が支給され、奨学生入試合格者の他に、奨学金の支給には該当しない合格である一般選抜免除合格者も発表されます。

 既に、総合型選抜や学校推薦型選抜の入学決定者も受験できますので、どなたにもチャンスはあるということです。

 本専攻の試験科目は、国語、英語、数学、理科から3教科の選択で全問マークシート方式です。

 

 合格発表は22日(火) まだ、本当の桜は咲いていませんが、大きな桜が咲きますように!Photo_20200917152401



 

 

 

 

迷わず蒲田

| 投稿者: いしず

Ishizu1 蒲田キャンパスの最寄り駅の蒲田駅。

 JRの京浜東北線と東急の池上線と東急多摩川線が乗り入れている駅ですが、何といっても主要な駅へのアクセスが良いのが魅力です~。

といっても、今年度は感染予防もあって、どこも出かけられていないなぁ~。

005_20210126135801 こちらは、随分と前に東京駅で撮影したもの。

 ご覧の通り、多くの路線が乗り入れている

 ターミナル駅でも、案内板には

 「蒲田」「Kamata」

  迷いようがありません。

 案内板には東京からの主要駅が並んでいますが

 今年度、私が立ち寄ったのは大井町・大森。

 有楽町・新橋・浜松町・田町、横浜方面にも

 全く行かなかったなぁと思います。

 新駅の高輪ゲートウェイも、いつのまにか3月で1年、全く降りたことがないですし、

 品川なんてすぐそこなのに、毎日Newsで見ています 

 
 もちろん大宮方面も。

 ソニックシティでは関連の学会が良く開催されるため、かまたからなら移動は楽々なのに~

 今年度は学会の多くはオンライン学会だったから、行く機会ナシ。

 

 気兼ねなく往来できる日になったら、路線駅を1つずつ降りてみたいな~

 

まじめに授業を語る⑨ BYOD

| 投稿者: いしず

Ishizu1 2020年も、本日で終わりですね~。

 最後のトピックは何にしよう~

 断捨離をしたのに自粛によるストック品を買い込んだという、あれれ?話にするか……

 いきつけの花屋でお正月アレンジを買ったら、おまけでたくさんお花を頂いたという2020年最後の嬉し話にするか……

先ほどから考えていましたが……やはり語りますか!と今日の投稿タイトルです

 

皆さんは「大学生になるとパソコンが必要なんだろうな~」と何となく思っているのでは?

最近では、大学生活の中で個人で使用可能なノートPCを持参して学ぶBYOD(Bring Your Own Device)が推奨・推進されている大学が増えています。東京工科大学もそうですね

皆さんの情報処理や情報活用能力を養い、これからの情報化社会に対応する力を身につけていってもらうために、大学ではパソコンを利用する授業を多く実施しています。

私の授業を例に挙げてみると……

  ※講義の履修登録   ※授業のお知らせ・シラバスの閲覧

  ※講義動画の視聴   ※確認テスト

  ※授業トピックに関する国試過去問・参考資料・文献・URLの閲覧

  ※授業内グループ活動での協働作業(資料の共有・共同編集)

  ※インターネットを活用した資料の収集

  ※課題の内容やルーブリックの確認

  ※レポートや動画課題の提出、採点結果・コメントの閲覧

  ※プレゼンテーション資料の作成

  ※検査練習の撮影・セルフチェック 

  ※デジタルホワイトボードの利用  などなど

こういったことに利用するでしょうか。他にあると思いますが、とりあえず思いついた内容です

そういえばノートテイキングをパソコンでしていた学生もいましたね~

授業中は当然ですし、授業と授業の間の空き時間に学修を行うときにも使います。要はパソコンは学修に欠かせない道具になってきています。

授業を例に挙げましたが、もちろん学生生活の中でも就職活動でも利用していきますよ。

 

皆さんは、きっとスマートフォンやタブレットなどに慣れている人が多いかもしれません。

なかなかパソコンを使っていないと、上記のことができるか心配かもしれませんが、十分に使えるようになっていきますよ。

上記のことも含めて、資料の整理や管理、保護、セキュリティのことなど、いろいろとお教えしていきますしね。

是非、楽しんで学修の道具にしていってほしいものです。

まじめに授業を語る⑦ シラバス

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 久しぶりに、また、まじめに語ります。 今、大学では、シラバスを作成中です。

 シラバス(syllabus)とは、広辞苑によると、講義内容、達成課題、使用テキスト、参考文献、テスト方法などについて記した計画書~とされています。

 どこの大学でも、毎年、11月か、12月くらいに次年度のシラバス作成を開始し、3月中頃から4月までには、全ての科目の授業計画を全学生に開示します。

 平成20年、中央教育審議会の答申「学士課程教育の構築に向けて」には、大学に期待される取り組みのひとつとして、シラバスのことが明記されています。

国際的に通用するものとなるよう、以下の点に留意する

 1.各科目の到達目標や学生の学修内容を明確に記述すること

 2.準備学習の内容を具体的に指示すること

 3.成績評価の方法・基準を明示すること

 4.シラバスの実態が,授業内容の概要を総覧する資料(コース・カタログ)と同等のものにとどまらないようにすること

 現在、1.と3.は、ほとんどのST養成大学で達成されていると思いますが、2.の準備学習の内容を具体的に指示すること~については、未だ、学生の立場から見てわかりやすさに大きな開きがあるところだと思います。

 シラバスは、「教員と学生との契約」と言われており、特に、2.の部分は、学生自らが主体的に学ぶ方略であり、学生の能力を伸ばすためのヒントでもあります。

 シラバスは、学期の開始前に、1.を示すので、できるだけその通りに進行しますが、時々、ずれてしまうことがあります。しかし、そのずれが、「契約違反」にならないように、修正していきます。

 医療系課程の科目の多くは必修科目なので、選択科目に比べて、一層、「契約違反」にならないように気を付けています。

 

言語聴覚士養成校って?

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801  今日は少し真面目な話を…。

 高校生から、ご質問を頂きましたので、お応えしたいと思います。少し、わかりにくいことも有るかもしれませんが、真面目に、真面目に。

 質問1.言語聴覚士の成校って何?

 言語聴覚士法という法律に書かれている文章をそのまま用いると、「文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した言語聴覚士養成所」のことを言います。詳しくは、「言語聴覚士学校養成所指定規則」という省令で定められていますが、その基準を全て満たし、指定された学校(養成所)ということです。

 わかりやすいところでは、一般社団法人日本言語聴覚士協会のHPでも、「養成校検索」ができます。

 ただ、ここで注意して頂きたいのが、東京工科大学の言語聴覚学専攻は、残念ながら、日本言語聴覚士協会の「養成校検索」では、まだ、出てきません。なぜなら、本学は、来年の4月~令和3年4月1日から指定養成校となるため、協会のHPにはまだ載せてもらえません💧

 しかし、安心してください。指定養成校ですよ~!

 

 質問2.今年度の受験をしても言語聴覚士になれますか?

 もちろん、なれます  正確に言うと、今年度の受験をして入学し、4年間学修して卒業すれば、言語聴覚士の国家試験を受けることができます~ということです。

 夏頃までのポスターや、大学発行の印刷物などに、「言語聴覚学専攻申請中」という文字が入っていたと思いますが、既に、指定されていますので、新しい印刷物や、HPからは、「申請中」という文字は、全て消えています。

 安心してください。指定養成校ですよ~!

 

 以上、高校生からの質問にお応えしました。これからも、疑問点があれば、何でも聞いて下さい

 

より以前の記事一覧