リハビリ模擬授業

| 投稿者: いしず

Ishizu1先日、多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校にお邪魔してきました。

今年はコロナの状況もあり、高校に伺うことがあまりないのですが、先方の先生からお声かけを頂き、高校1年生と2年生の生徒さんに、模擬授業をしてきました。

久しぶりに高校  の雰囲気に触れることができると、何となく嬉しくなります。

皆さんは高校なんて…と思う(?)かもしれませんが、大学にいると高校が懐かしくて素敵に思えるのですよ~

今回、玄関や廊下、教室前で生徒さんとすれ違う度に、どの生徒さんも「こんにちは!」と元気に挨拶をしてくれまして……う~ん、ちゃんと挨拶ができる、さわやかイイ生徒さん達だぁ  と模擬授業に入る前から嬉しくなり、気分が  でした。

 

肝心の模擬授業では「リハビリテーションの意義(ちから)」と題して、

リハビリテーションを担う専門職を紹介するとともに、ある患者さんを例に挙げて、理学療法・作業療法・言語聴覚療法の各分野でどんなことをするのか具体的にお話をしました。

Img_1383

Img_1396

  

 

 

 

もちろん、言語聴覚士のこと知っている生徒さんは、まだまだ少ないので、言語聴覚士に興味をもってもらえるよう、しっかりアピール

したつもり……ですが

模擬授業の最後に、生徒さんに「さて、私は理学療法士・作業療法士・言語聴覚士……どの専門職でしょう~」と聞いてみたところ……私の雰囲気?は「作業療法士」っぽいようです   

「理学療法士かな」と感じる生徒さんは、誰もいませんでした。これは何となく納得。

でもでも「言語聴覚士じゃない?」と思ってくれる生徒さんも、何人かはいましたよ~  

 

今回、模擬授業をさせて頂いた生徒さんは、これから文理選択や科目選択をするそう。

それもあってか、模擬授業の中でやった簡単なグループワークで、リハビリテーションについて自分の思うことや意見をしっかり出してくれましたし、私の話にも興味をもって聞いてくれているようでした。

模擬授業をしている私の方が、とても楽しかったわ~。う~ん、いい生徒さん達だ。ありがとう!

話を聞いてくれた生徒さんが、言語聴覚士やリハビリテーション分野にさらに興味くれるとよいなと思いますし、

他の高校の生徒さんにも、こういったお話ができる機会が増えていくといいなと感じました。

病院で働く言語聴覚士 & 大学の授業

| 投稿者: いしず

Ishizu1  今日は記念すべき日?です

  原田先生と私のアイドル こうかとん が youtube デビューしました !

 

大学のHPにずっとUPしていたのですが、もっと多くの人にみてもらいたいと思い、

youtube からも見ることができるようにしていただきました(下記クリックどうぞ~)


 Moviegakubuhsst01 Moviegakubuhsst02  

  
 

  

【出演】

こうかとん  いろんなことに興味をもって、質問してくれています

ことは 先生: こうかとん の素朴な疑問に答えています。キャラモデルはいるのか?? 

佐々原 ST: 言語聴覚士。このような感じで病院のSTは患者さんと関わっておられます~

斎藤さん 言いたいことをうまく表現できないもどかしさ……。そういう思いをくみ取ってさしあげて関わることがSTには大事ですね。

学生さん達: 授業では話を聞くだけではなく、臨床で使われている機器にふれながら学びます。経験することが一番!
  

今後、いろいろな場面で働く言語聴覚士や、違う科目の授業場面などを、また制作できたらいいなぁ~と思います。

 




 

 

 

 

音質へのこだわり?!

| 投稿者: いしず

Ishizu1 ここ最近の私は、気分があがっています 

 理由は簡単……新ガジェットの到来によるものです

先月、デジモノ熟考しまくり中のお話をしましたが(即断か?熟考か?)、記事を書いた数日後についに決断し、現在のデスク周りはこうなっています。

1012 結局は、幅広い使い方ができて使い勝手が良く、手軽に高音質で録音ができるもの…というところで決断しました  

 一応、ポップガードも準備。

 歌手や俳優さん、声優さんが声を録音している場面などの映像でよく見かけるアレです。

 これがあるだけで何だかサマになっていてかっこいい!

  

もちろん、そのカッコよさのために……準備したわけではありませんよ~ぉ。

皆さんは何かの録音をした時、呼気流がマイクにあたって「ボフッ」と音が入ってしまったことがありませんか?

また、手を口の前にかざして「は」行や「ぱ」行などを話すとわかると思いますが、これらの音を発音する時に息が強くでますので、「ボボッ」と耳障りな音になってしまうことがあります。

これを防いでくれるのが、ポップガード。

他にも唾液が飛ぶことによる湿気からマイクを守ったり、発音時にマイクと近づきすぎないようにするためなどの効果もあるようです。

私が購入したマイクは、こういったポップノイズを低減する対策がされているのでポップガードは特には不要みたいでしたが、この私……

デジモノ好きで、音響学も学んだ言語聴覚士のはしくれ…… 

今度、いろんな録音条件や音源(ことば・音楽など)、ポップガード有無などで録音をしてみて、音質がどう変わるか分析してみたい~なんて思って、購入した次第です。

音の聞き比べが楽しみです 

う~ん、それにしてもこのマイク、感度がいいです。きっと、かすかな小さな声しか出せない患者さんの発話もクリアに録音できそう~~

 

心理学!

| 投稿者: はらだ

Harada  こんにちは!

 今日は、言語聴覚学専攻において、勉強する科目の紹介をしたいと思います。

 言語聴覚学専攻といっても、言語聴覚障害そのものばかりを学習するわけではありません。

 以外に思われるかもしれませんが、言語聴覚障害領域に関する各専門科目と同じくらい多くの単位を取得しなければならない領域に、心理学があります。

 心理学と言えば、カウンセリングをイメージする人が多いのではないかと思いますが、「心理学」がカバーする分野は、驚くほど広く、大学の講義で学ぶ科目だけでも、「臨床心理学」、「学習心理学」、「認知心理学」、「発達心理学」、「心理測定法」などがあります。

 心を分析したり、行動を分析したり、それらを科学的に解釈する学問領域ですから、言語聴覚障害学を学ぶ前段階として、物の捉え方や、考え方を基礎から学ぶのに、重要な科目ばかりです。

 ことばに障害を持つ方々を支える仕事をするには、幅広い知識やその深い理解が必要だということが分かりますね!

 

こうかとんアニメーションの紹介!

| 投稿者: はらだ

Harada   こんにちは。

 今日は、バーチャルオープンキャンパスで、受験を希望してくれる学生さんやおうちの方ともお話しすることができました。Web上で、本学をお訪ね下さいました皆様、どうもありがとうございました。

 バーチャルオープンキャンパスにご参加下さった皆様は、もう、ご覧いただいたかと思いますが、そうでない皆様にも、ご案内させて頂きます。

 ついに、本学、言語聴覚学専攻の「言語聴覚士紹介アニメーション」が出来ました。本学の公式キャラクターこうかとんとSTの「ことは先生」が、張り切っています。

 どうぞ、ご覧ください。 → https://www.teu.ac.jp/gakubu/medical/st/index.html

 

 さて、お休みの日を除き、「初めまして」から毎日お届けしましたこのブログですが、明日から1週間あまり、担当教員の出張に伴い、お休みさせて頂きます。

 それではまた、次回より、よろしくお願いいたします✋

入試情報&オンライン相談

| 投稿者: いしず

Ishizu1  コロナ禍で頑張る皆さん

  皆さんにとっては今年は満足にオープンキャンパスに参加できず、進路や大学情報の収集や活動に制限もあって、不安や心配事解消ができていなかったり、モチベーションを高めたりすることも、なかなか難しく感じるところがあるかもしれませんね。

そういう皆さんに十分なことができていないのではないかと、私も歯がゆくもどかしい感じです。だだこの状況を嘆いていてもしかたないので、ブログでは少しでも皆さんの参考になることを……と心がけていますが

その思いとは裏腹に脱線するトピックも多いことがあります    笑って読み飛ばしてください~

さて先日、2021年度の総合型選抜の募集要項がホームページにUPされました。気になって待っていた方、お待たせしました。大学のホームページから確認をしてくださいね

 

また8月30日(日)には、バーチャルオープンキャンパスDAY(蒲田)が開催されます。バーチャルだからこそ、家からでもどこでも、いつでも、誰とでも参加できますので、少しでも興味あれば申し込みを

_st2_20200813122001
  https://www.teu.ac.jp/entrance/open/reception/index.html

  なお10:00〜16:00に、教員とのオンライン個別相談も可能です。  

  申込受付は8月27日(木)12時までです。

  ◎どんな内容を学ぶの?難しい?   ◎臨床実習ってどんなことをどこでするの?
  ◎国家試験って大丈夫かなぁ     ◎・・・への就職ってできるのかなぁ
  ◎パソコンって苦手、大丈夫?    ◎今、やっておいた方が良いことってあるの?

など気になっていることがあれば、もちろん聞いてくれてOK。

あるいは、「ちょっと、どんな先生がいるのか話してみたい」という方でも「なんとなく言語聴覚士を考えてみているだけなんだけど」「何を聞きたいかってことも曖昧なんだけど、こんなんで話してもいいの?」という方でも、私たち大歓迎~  

だって、言語聴覚士を知っている・興味を持っている若人ということだけで嬉しいのですもの  

 

一応、お話のプロですので、何をどう聞けばいい?話したらいい?そんな心配は無用ですよ   皆さんの参加をおまちしていますね  

志望動機で夢を語る!

| 投稿者: はらだ

Harada   ※この記事は、個人的見解であり、すべてのST教員に当てはまるものではありませんので、ご注意ください。Job_kouji_ojigi

 

 ここ最近、志望動機についてのご質問を頂くことがあり、同様の記事を続けています。志望動機には、少なくともこれだけは書いてほしいと思うのは、以下の内容です。

 ① なぜ、言語聴覚士を目指そうと思ったのか、その理由

 ② なぜ、本学で学ぼうと思うのか、その理由

 ③ 4年後は、どんな自分になりたいのか

 ④ 自分なら「なれる」と思う、その理由

 着実な路線で書いてあっても、大きな夢を語ってくれても、筋が通っていれば、どちらでも大丈夫です。

 夢を叶えるための、出来る限りの支援はしますよ!

 

STを目指す皆におススメしたいこと

| 投稿者: いしず

Ishizu1 おすすめしたいこと…

 蒲田の美味しい 〇〇 と言いたいところですが、ここは真面目に 

 「言語聴覚障害の当事者の方や、ご家族が書いた自伝や手記に触れること」でしょうか。

言語聴覚士STが関わる患者さんは、コミュニケーションをすることや食べることに困難を抱えておられます。

ことば・きこえ・食べることが不自由であると、日常生活でどんなことに困ると思いますか?

そういった方々の努力を身近でみたり、ボランティアなどで関わったりして、その辛い思いを感じてきた人もいると思いますが、多くの皆さんは、実際のその辛さを体験したり聞いたりすることはないのではないかしら。

だからこそ患者さんの手記を読む(体験を聞く)ということに触れてほしいなと思います 

患者さんやご家族がどんなことに苦しみ、心の底ではどんな気持ちや不安を抱えておられるのか、手記を読み (体験を聞き  )、感じ想像してほしいです。それが、将来、言語聴覚士として、豊かに柔軟に患者さんに共感できる力につながっていくはずですから。

それもあって大学の授業でもさまざまな科目で、書籍などを紹介し、皆でディスカッションしていく予定です。

最近は、「失語症、高次脳機能障害、認知症、音声障害、構音障害、聴覚障害、発達障害…など」のキーワードと、「手記・闘病記など」を検索ワードに入れると、たくさんの書籍(手記や闘病記など)が出てきます。他にも、患者さん自身が体験を紹介しているブログや動画共有サイトも増えました。

STを目指す方には、ぜひ、いろいろな患者さんの声に触れ、想像力や共感する力を育ててほしいなと思います。

得意なこと

| 投稿者: いしず

Ishizu1
 こんにちは。いしずです。

 あなたの得意なこと、好きなことは何ですか? 私はというと……

 イラストを書くことかしら。本学蒲田キャンパスにはデザイン学部がありますが、私はそこまで上手にかけるわけではありません。ただパソコンで授業教材の図を書いたり、イラストを書くのは楽しくて、いい気分転換になっています。学会発表のポスターやスライドは、内容とは別にデザインに凝ってしまうタイプです。

 

うまい下手は別として、実は、言語聴覚士は患者さんに説明する時に、さっと絵をかいて説明をすることも多いです。言語聴覚士は、例えばこの図は、必ずと言っていいほど書けます~ 1
今回は、さっとパソコンで書きましたので、ややバランスがおかしいのは見逃し下さいね。

1年生の授業では教科書でこのような図を見たり、自分でも書いたりして、各部位の名称を覚え、口の構造や働き、動きなど学びます。

 

 

絵で書きイメージして理解するのは、記憶にも残りやすいです。そのため、普段の学習支援でも国家試験の対策でもできるだけ絵を書いて説明をするようにしています。こんな感じですね。  Photo_20200707173801








 

絵が上手でなくても、もちろん大丈夫ですよ。苦手な人だっていますから。

ゲームが好き、お笑いが好き、音楽がすき、何だっていい! 得意な部分はきっと、言語聴覚士になって患者さんと関わるときに大きな武器になります!

言語聴覚士になる夢を応援します

| 投稿者: いしず

Ishizu1みなさん、はじめまして! 石津希代子です。

2021年から新設される言語聴覚学専攻で、言語聴覚士を目指すみなさんと一緒に学ぶことが本当に楽しみです。「一緒にこんなことをしてみよう」「難しいことも、こうやって学べると絶対に楽しい!」など考えると…ウキウキしてきます。

 

さて、今年度は例年と違う状況で、高校生の皆さんは進路に大きな不安を抱えているのでしょうね。長い休校のあとで、いまは勉強がいっぱいでしょうし、模擬試験に追われている3年生の皆さんもいらっしゃるのではないかしら。

進路のことをじっくり考えたいと思っても、言語聴覚士や志望校のことをしっかり調べたいとおもっても、今の状況では十分にできないこともあるのでは?

_st3

 そんなときは、ぜひ!ここから質問してくださいね。   

 https://www.teu.ac.jp/siryou/ques/index.html

 

 

どんな些細なことでも大丈夫ですよ。「大学は何分授業なの?」「テストは難しいの」「バイトはできる?」なぁ~んていう質問でも、「言語聴覚士ってお休みあるの?」「言語聴覚士ってどこにでもいるの?」「言語聴覚にになるには」「言語聴覚士に向いている人って」などなど、何となく聞いていいのかな~と思ってしまうものだって、もちろんOK!

実は早速、高校生の方々から、こんな質問をうけています。

 ・大学でどんなことを勉強するのか

 ・国家試験は、みんな受験できるのか

 ・国家試験を受けた後、どうやって就職するのか

 
かしこまらず、気軽に質問をしてくれていいですからね~。
みなさんの進路検討や進路決定、そして★言語聴覚士になる夢★を応援します!!