進化する学びと変わらない光景と。

| 投稿者: うちやま

Uchiyama 皆さん、初めまして

4月より言語聴覚学専攻に着任いたしました、内山美保と申します。

先週の水曜日に新入生ガイダンス、木曜日からは講義がスタートしました。

東京工科大学ではパソコン必携となっており、様々な情報がWeb上で配信されています。講義形式は遠隔授業と対面授業と両方ありますが、学修に関する資料は専用サイトから閲覧することができ、課題の提出もWeb上で完結します。

学内ネットワークにさえアクセスできれば、いつでもどこでも学修できる環境が整っており、私が学生だった十数年前と比べて、ずいぶんと印刷して配布されるものがなくっていることを感じました
その一方で、自己紹介でドキドキしたり、履修登録する科目を迷ったりする光景は、今も昔も変わらないなぁ…と

1期生の皆さんも、私も、少しずつ大学での学びに慣れていきましょう

言語聴覚学専攻 入学おめでとう

| 投稿者: よしはら

1期生の皆さん、入学おめでとうございます!

言語聴覚学専攻の耳鼻科医の吉原俊雄です。皆さんの自己紹介聞かせていただきましたが、いろいろな地域から、また多くの趣味も伺いました。

是非、東京工科大学で良い友人を作って、この恵まれた環境で楽しく学んでください。「耳鼻科」は正確には耳鼻咽喉科頭頸部外科と言って

耳、鼻、口腔・咽頭、喉頭、頸部の領域の炎症やがんを含む腫瘍の他、様々な疾患を診療します。言語聴覚学は巾広い知識が必要ですが、耳鼻科

領域の聴覚、咀嚼、嚥下、構音、発声などの大切な機能を理解できれば鬼に金棒です。耳鼻科領域の相談があれば遠慮なく訪ねて来てください。

吉原俊雄

発声発語 と 電車の音

| 投稿者: いくい

Ikui_20210405230401 こんにちは!

 

4月1日に着任した 生井友紀子(いくいゆきこ) です。

 

発声発語嚥下 領域、を 担当します。

どうぞ よろしく お願い申し上げます。

 

大学の 自室の窓の外を 走る JR京浜東北線 の電車のを 背中で聴きながら、

今、このブログを書いています。

 

東京方面行と、横浜方面行とでは、

電車の高さ大きさが 違うように 私には 聴こえます。

東京方面に向かう 上り電車は 蒲田駅から出発して 速度を上げていく電車、

横浜方面に向かう 下り電車は 速度を下げながら 蒲田駅に入っていく電車です。

 

 

ドドン ドドンドドン   ドドン ドドンドドン  ・・・ 

 

電車の音が刻む リズム は、3拍子のワルツのように聴こえます。

 

高さ 大きさ  リズム は、発声発語つまり 話しことば のもととなるの、大事な要素です。

 

話しことば ( の )の 基礎と臨床を、大学4年間の いろいろな授業で 学んでいきます。

 

お楽しみに~!

たくさんの夢と希望を胸に…

| 投稿者: わたなべ

Watanabe

皆さん、はじめまして! 渡辺時生と申します。

2021年4月から言語聴覚学専攻に着任いたしました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

本専攻も、新入生の皆さんも、私も、みんなピッカピカの1年生ですね

たくさんの夢と希望を胸に、みんなで力を合わせ、新しい道をこれから作っていきましょう!

 

今日は、新入生ガイダンスが開催されました。

Img_20210407_134315

学生の皆さんとお会いできて、本当に嬉しく思いました。

皆さん、個性豊かで明るく、しっかりとした自己紹介をされていて、とても頼もしく思いました 
Img_20210407_131610
昨日のブログで原田先生が話をしていた、手作りのお祝いメッセージです。
筆(書道)で手書きなんですよ!
石津先生の達筆さに驚きました。

 

本専攻では、学年担任とフレッシャーズゼミ担任(アドバイザー)をはじめ、二重三重で皆さんの学生生活をサポートしてまいります。

どの先生も、優しく、学生のことを第一に考え、臨床経験豊富で素晴らしい方ばかりです。

何か困ったりわからないことがありましたら、相談しやすい教員に気軽に相談してくださいね🎵

 

ST学生ための専攻NEWS③ 選べる実習着

| 投稿者: いしず

Ishizu1 新年度に入り、1年生を迎えたガイダンスが始まっています。

 先週金曜には、さっそくユニフォームの試着・サイズ確認がありました。

これは医療・福祉係の学部は1年生の恒例のイベント!演習や実習では実習着は必要ですから。

言語聴覚学専攻の実習着は、いろいろと検討の結果、2タイプのデザインを採用しました。

どのようなものかというと…… 

1_20210403173501「ちょっと着てみたい」という内山先生に着てもらいました。 

上着のデザインが異なります。男性用もこのような感じです~ (ポケットの部分とか細部のデザインが若干違いますが)。

「好み」は人それぞれ。4年間着用するものですし、皆さんが気に入ったものを着用して欲しいですから。2種類からですが選択!

ちなみに前日に、先生方の好みを伺ったところ、やはり意見は分かれました。

さて……新入生さんはどうかというと

こっちのデザインが好き と 気持ちが揺るがない学生さんや

最初はこちらが好きと思ったけど、着てみたら、こっちのデザインに決~めた という学生さん

こっちのデザインの方が着やすいから、コレ などなど

教員同様に、学生さんが選ぶタイプも意見が分かれました~。ほぼ半々かな。

刺繍で名前が入ったユニフォームが、皆さんの手元に届くのはもう少し後になりますが、届いたら内山先生のように写真をパシャッと撮ってみて下さいね。

見たいです…私。その姿を見せて~~~  

実習着を着て行う学内演習や臨床実習は、ちょっと先になりますが、楽しみですね。

 

辞令交付

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 本日、私たち6名は、言語聴覚学専攻教員としての辞令を受けました。

 昨年度は、医療保健学部リハビリテーション学科言語聴覚学専攻設置準備室でしたので、厳密に言うと正式な教員ではなかったということです。辞令を受け、身の引き締まる思いですが、併せて、1期生の皆さんに会えるワクワクも膨らんできました。Document_jirei

 

 その後、本学学長による「教員研修会」が開催され、本学の教育理念、学部のポリシー、本学の学習到達目標(ラーニング・アウトカムズ)、具体的教育方法など、本学が目指すところを再認識する機会が与えられました。

 本学のラーニング・アウトカムズは、以下の6項目に示されており、

  1.  国際的な教養
  2.  実学に基づく専門能力
  3.  コミュニケーション能力
  4.  論理的な思考力
  5.  分析・評価能力
  6.  問題解決力

 

 言語聴覚学専攻の教育目標は、 以下の5項目にまとめています。

  1.  職業人としての使命感・倫理観の育成
  2.  主体的に学ぶ能力の育成
  3.  調整力とコミュニケーション能力の育成
  4.  科学的・論理的な思考力と判断力の育成
  5.  人に対する洞察力・包容力と想像力の育成

 

 本専攻では、これらの目標を具体的項目に落とし込み、ラーニング・アウトカムズを達成できるように、授業を進めていきます。

 今日、新入生は、臨床実習などで使用するユニフォームの採寸があり、その会場で、少し新入生と話をすることが出来ました。入試の時に会った私のことを覚えていてくれた学生さんが、声をかけてくれて、とてもうれしかったですよ。😊

 みなさんがキラキラ輝いて見えました。一緒に、目標を達成しましょうね  

 

新年度 ST専攻教員 集合!

| 投稿者: はらだ

新しい年度を迎え、言語聴覚学専攻が立ち上がりました! 教員集合です。

 Img_2596
前列左から:耳鼻科医の吉原先生、発声発語領域STの生井先生

後列左から聴覚領域STの原田、同石津先生、高次脳機能領域の内山先生、小児領域渡辺先生 

 

今年度は、この6名が中心となって、言語聴覚学専攻を盛り上げていきます! 新入生の皆さん!よろしくお願いします。

 

 

 

 

研究情報交換会

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 今日は、八王子キャンパスから他学部の先生が来られ研究の情報交換を行いました。

 大学は教育機関でもあり研究機関でもあるので、私たちは「研究者番号」を登録し、科学研究費助成事業などに応募することもできますが、一人で行う研究は少なく、異なる領域の専門家が協力することで、多面的な捉え方が可能になります。

 例えば、私たち言語聴覚士は、自分たちが行う言語治療の効果を測定し科学的な根拠を示し、その治療段階を明らかにしていきます。他にも、患者さんが示す症状が、さまざまな過程を経て改善するときのルートには、どのような違いがあるのか、などなどの研究もあります。

 このような研究は、私の経験ではこれまで、医療専門職チームで取り組んでいくことが多かったと思います。

 しかし、東京工科大学には工学系の多くの学部があり、そちらの先生方の専門性によって、私たちの研究の「基礎の部分」、「表出の部分」、「般化の部分」の客観的な裏付けが可能となること、そして、共同研究を行うことで効果判定が一層スピーディーに可能だということが、本日の情報交換会で、明らかになりました。

 さらに、今後も継続的に合同ミーティングを行い、協力から共同へ研究を進めていくことが決まりました。Figure_kyouryoku

 

 4年生の卒業研究テーマの幅が大きく広がることは間違いなしです

 

バーチャルオープンキャンパス♪準備完了

| 投稿者: いしず

Ishizu1 現在、私も原田先生も達成感にひたってます。なぜって3月26日(金) ~ 29日(月)

 バーチャルオープンキャンパスの配信動画の撮影を終えたから

先月末ぐらいから配信内容を考えていたのですが、模擬授業をするにしても、言語聴覚士や医療・福祉系の将来を考えている皆さんに、ぜひST専攻の特長を知ってほしいな、そしてそれらをどんなふうに大学で学んでいくのか伝えられたらな~って考えていたんです。

特徴➀の「言語聴覚士に欠かせない職業人としての使命感・倫理観を持ち、主体的に学ぶ能力を身につける」って、授業でどんなことするの?主体的にってどういうこと? って思いませんか

今回のバーチャルオープンキャンパスでは

  短い時間でも、大学授業のトピックに触れてほしいな

  聞くだけの講義スタイルじゃない「大学の授業」を体験してほしいな

  ーチャルでも、大学でやっているような双方向の授業を体験してほしいな 

なんていう思いもあって、どうすると良いだろうかとアレコレ考えていたわけです。

意気込みのあらわれか?? 照明背景スクリーンまで2人とも準備しちゃいました

それで昨日・今日の撮影に挑んだわけです。

も~~ぅ何度取り直したことか!! スムーズに話せなかったり、言い間違えたり、笑ってしまったり……2人とも少なくとも10回以上  はとっているかも~ このような経緯でしたので、達成感~なのです  

ということで、
3月27日(土) 14:00~15:0028日(日) 13:00~14:00に、大学の授業内容や授業スタイルを体験するLIVE配信があります。

【授業タイトル】  Harada_20201102121801あなたは患者さんの人権を守れるか? Ishizu1言語聴覚士って何色?

_st2_20200813122001
 申し込み制になっていますので、こちらからどうぞ

 https://www.teu.ac.jp/entrance/open/reception/index.html

ちなみに張り切って準備した、照明スクリーンですが……

撮影場所には不要だったり、照明の電気をつけ忘れて撮影してしまったり……で

何のために準備したのん?ということになってしまいました

う~ん、今回はちょっと失敗…次の撮影では使うぞっと。

 

 

バーチャルオープンキャンパスやりますよ♪

| 投稿者: いしず

Ishizu1  今日は雨振りの1日でした。

  さて先日から、大学のホームページで案内が始まりましたが、

3月26日(金) ~ 29日(月) にバーチャルオープンキャンパス 開催です 新3年生の皆さんは、いよいよ受験の年ですし、新2年生の方は新年度になるにあたって進路を考えはじめなくちゃと、思っているかもしれませんね。

目標が決まっている人も、まだボンヤリとしている人も「自分のやりたいことを考えるヒント」をみつけるために、ぜひ  

バーチャルオープンキャンパスって、ちょっとだけ参加できるっていうのが良い点ですよね。

なんとなく気になった大学とか、通学圏内の大学だからなぁ~とか、ボンヤリとした気持ちでも、とりあえず見てみようということが出来るのはイイな~と思います。

そういうことをキッカケに、知らなかった学問を知ることは、皆さんの将来の可能性が広がることだから…

気軽に覗いてみようでいいと思います~。それに遠方であっても参加できますし、パソコンがなくてもスマホやタブレットで可能です。好きな時間に参加できる分、保護者や友達とも相談しやすいでしょうし、将来を考える機会として利用してみてくださいね。

詳細と申し込みはこちら  

_st2_20200813122001

  https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html#vocday

  各学部・専攻、いくつかコンテンツがありますが、言語聴覚学専攻は 

  3月27日 14:00~15:0028日 13:00~14:00にLIVE配信があります。

言語聴覚学専攻の特長の1つに「言語聴覚士に欠かせない職業人としての使命感・倫理観を持ち、主体的に学ぶ能力を身につける」とありますが、授業でどのように学ぶのか大学の授業を体験してもらう予定です。 

1年次の授業のトピックや本専攻の授業方法を体験し、大学での学び方をイメージできると良いね 

3月は個別に相談できるオンライン相談もあります。心配ごとや気になっていることや、ちょっと踏み込んだ内容を、ゆっくり相談できますので、大学のページを確認してみてくださいね。

https://www.teu.ac.jp/entrance/open/reception/index.html