来場型オープンキャンパスのお申込み枠は、残り僅かです!

| 投稿者: わたなべ

連日お知らせしておりますが、7月のオープンキャンパスは、来場型とオンライン型の2種類です。

言語聴覚学専攻(蒲田キャンパス)の来場型オープンキャンパスは、7月11日(日)の1日のみです。

見学会は、時間を区切り1日に3回の参加機会があるのですが、おかげさまで既に多くのお申込みをいただいております。

現在、残り1回分(14時~)の見学会参加枠が残っています。

ご検討くださっている方は、ぜひお早めにお申込みくださいね。

お申込みは、こちらからどうぞ。

 

本専攻の見学会では、言語聴覚療法の各領域について広く知っていただけたり体験していただけたりするように、工夫を凝らしていますよ。

私は小児領域を主に担当しています。

ほんの少しだけ、準備中の様子をご紹介しますね。

Ss

可愛らしいお人形さん、帽子、靴、そして太鼓とばち、急須とコップ、電話機。何やら羽目板までありますね。

一体何に使うのでしょうか?

当日、触って体験したり、簡単な説明を聴いたりして、楽しんでいただければと思います。

 

昨日のブログで石津先生が、オンラインST教員相談を紹介していましたが、来場型でも、もちろん教員に相談できます。

 

感染拡大防止策を徹底しております。

教員一同、皆さんとお会いできることを楽しみに、お待ちしております!

 

オンラインST教員相談♪受付してます

| 投稿者: いしず

蒲田キャンパスのバーチャルご案内がHPではじまっていますが、

本学では随時「オンライン相談」を受け付けしています。入試・入学に関する相談に、担当者が細かな疑問にお答えしていますよ。

加えて、先日、言語聴覚学専攻ではオンライン教員相談」を開始しました。

_st2_20200813122001言語聴覚士という仕事のこと、言語聴覚学専攻での学びのこと、カリキュラムや臨床実習のこと、国家試験や就職のことなど言語聴覚学専攻での学修に関して、気になることがあれば、下記から、是非ご相談ください。

皆さんの疑問に教員ができる範囲でお答えいたします。

お申込みは、こちらからです↓

https://www.teu.ac.jp/gakubu/medical/st/soudan/

もちろん、疑問や質問が明確でなくともいいのですよ~~

「なんとなく言語聴覚士が気になっているのだけど、そんな状態で相談してもいいのかな…

なぁ~んて方でも、遠慮なくどうぞ。

具体的に教員から話をしますし、皆さんが気になる仕事がどんな仕事か、知るきっかけになればよいなと思います。また、目指す将来の職業をしっかり考えることができると良いと思います

私たちに、そのお手伝いをさせてくださいね

 

オープンキャンパスの申込受付中!!

| 投稿者: うちやま

7月のオープンキャンパスが近づいてきました

7月11日に開催される来場型オープンキャンパスに向けて、教員一丸となって準備しています。

Slta

来場型オープンキャンパスは、高校3年生と既卒生限定の定員制で、事前申し込みが必要です。

リハビリテーション学科では、当日は言語聴覚学専攻・理学療法学専攻・作業療法学専攻のすべてが見学できるようにプログラムを組んでいます

リハビリテーションには興味があるけれど、言語聴覚士? 理学療法士? 作業療法士? 違いがわからない、自分は何に向いているだろう…なんて思っている方は、是非、いろいろ見て考えるきっかけにしてくださいね。

まだ申し込みできる時間帯もありますので、ぜひご参加ください

★詳細はこちら → https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html

 

オンライン型オープンキャンパスは、7月8日~7月14日まで、オンデマンドで動画をご覧いただけます。

こちらも事前申し込みが必要で、これから進路を考える高校1年生・高校2年生の皆さんも申し込みできます!

言語聴覚学専攻では、毎回のオープンキャンパス用に、動画を準備しています。

6月のバーチャルオープンキャンパスから動画を一新~ 前回、ご参加された方、今回も見てみてくださいね。

私は「言語聴覚士のやりがいとは?”ある患者さんとの出会い”」題して、私の臨床経験や当時の思いなどをお話しています。

動画の中では、患者さんにご許可をいただいて、音声訓練の前と後に、患者さんがお話されている様子を紹介しています。
言語聴覚士が、どのような臨床をしているのか、どのような患者さんの支援をしているのか、その一部を皆さんにお伝えできればと思います。

皆さんのご参加をお待ちしています

東京工科大学 の 言語聴覚学専攻 を選んだ理由?

| 投稿者: わたなべ

Voc20210711

昨日のブログで石津先生が紹介していましたが、7月のオープンキャンパスは、オンライン型来場型の、ダブルオープンキャンパスです。

オンライン型では、バーチャルオープンキャンパスとして、動画が5つ配信される予定です。

その動画の1つが、【学生の声】先輩に聞く!そこが知りたい 言語聴覚学専攻を選んだ理由 です。

先日、アドバイジーの学生たちに協力を依頼して、快く引き受けてもらいました。

感染対策を考慮して、Zoom(遠隔、オンライン)で動画を収録しました。

 

東京工科大学の言語聴覚学専攻を志望した理由やきっかけは?

といった質問をはじめ、今年入学した1年生に、いくつかインタビューしましたよ。

 

そもそも、どうして言語聴覚士を目指そうとしたのかな?

また、言語聴覚士を養成する学校はほかにもあるけれど、どうして東京工科大学の言語聴覚学専攻を選択したのかな?

 

学生たちの率直な声を、聴くことができますよ!
また、実際に入学しての本専攻の印象(感想)や、高校生に向けての応援メッセージもあります。

 

来場型のオープンキャンパス(7/11)も、オンライン型のバーチャルオープンキャンパス(7/8~7/14)も、どちらも事前予約・申込が必要です。

皆さまのご来場・ご参加を、一同、心からお待ちしております!

 

吃音のある子どもの親にインタビューしました!

| 投稿者: わたなべ

Watanabe_20210409161001  皆さん、こんにちは!東京の梅雨入りはまだですが、梅雨明けしたのか?と思うほど、急に夏のような暑い日が続いております。熱中症に気をつけましょうね。

さて、本ブログで連日お伝えしておりますが、6月6日(日)から、本学蒲田キャンパスの「バーチャルオープンキャンパスDAYS」がスタートしています。6月12日(土)まで随時参加可能です。オンライン型のイベントですので、好きなときに好きな場所で自由に参加できますよ。ぜひ、お申し込みのうえ、奮ってご参加くださいますよう、お願いいたします。12日当日まで申し込みは可能ですよ。

バーチャルオープンキャンパスでの本専攻コンテンツは、先日のブログで石津先生が紹介しています。そのコンテンツの1つとして、私は

「“吃音のある子どもの親にインタビュー!” 言語療法体験談、言語聴覚士に期待すること」

というテーマで、簡単で短めの動画ですが、吃音のある子どもの母親に同意を得て、インタビューをいたしました。

吃音のセラピーを受けた体験談や、言語聴覚士に期待していることなどについてお話をいただきましたよ。

リアルな感想を、率直に語っていただきました。

ぜひ、多くの方に視聴していただければと、願っております。

インタビューにご協力くださったA様には、心より感謝申し上げます。

インタビューのイラスト(女の子から女性)

バーチャルオープンキャンパスDAYS蒲田、始まっています!

| 投稿者: うちやま

Uchiyama_20210409161001 6/6(日) ~ 6/12(土) バーチャルオープンキャンパスDAYS蒲田 が開催されています💡


進路を考える皆さんに、言語聴覚士のことや大学での学びについて知ってもらえるよう、動画コンテンツを用意しました。

私は、“医療職を目指す人に知ってほしい” 病院の仕事 というタイトルで、病院で働く言語聴覚士の1日の様子を紹介しています。

実際に病院で勤務していたときの写真を盛り込み、言語聴覚士の仕事のイメージが少しでも伝わったらいいな…と思っています

下記、URLから申込み制になっています。まだ期間がありますので、ぜひ参加してみてくださいね

★詳細はこちら→ https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html

 

東京工科大学蒲田キャンパスの今後のオープンキャンパスは

7月11日(日)、8月9日(月・祝)、8月22日(日) 来場型+オンライン型で開催予定です💡
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止・延期・変更になることがあります。

詳細については、大学ホームページやこのブログでお伝えしていきますね

東京工科大学では、オープンキャンパス以外にも入学相談・キャンパス見学を受け付けています。

ぜひお気軽にお問合せください

Voc

6月 バーチャルオープンキャンパスのお知らせ

| 投稿者: いしず

6月に入りましたねぇ~。既に大学ホームページに案内がされていますが

6/6(日) ~ 6/12(土) バーチャルオープンキャンパスDays が開催されます。

本当は、来校型のオープンキャンパスを実施する準備をしていたのですが、この事態を鑑みてのバーチャルオープンキャンパスです。

残念だけど、やはり皆の安心・安全、健康が第一ですものね

きっと、来校型イベントへの参加を検討していた生徒さんもいるでしょうし、自分の進路を考える上で大学の様子を見て、気になっていることを聞いてみようと思っていた方もいることでしょう。

そこで、少しでも皆さんの進路検討の参考になるものを……と思い、6/6~に向けて、教員全員が大慌てで、専攻のコンテンツを準備しました 

 【言語聴覚学専攻紹介】なぜ、東京工科大学で学ぶのか?
 【模擬授業】声と話し方の専門家 -基礎編-
 【臨床紹介】“医療職を目指す人に知ってほしい” 病院の仕事
 【臨床紹介】吃音のある子どもの親にインタビュー!体験談、言語聴覚士に期待すること
 【学生の声】先輩に聞く! そこが知りたい大学の勉強

下記のURLからの申し込み制になっています。ぜひ気軽に参加して、のぞいて見てください  

__20210212001401詳細はこちら→ https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html

また大学では、随時、オンラインでの入試相談を受けています。

入試についてはもちろんのこと、カリキュラム授業学内演習臨床実習学習支援国家試験対策就職支援など、言語聴覚学専攻での学びの全般に関しても、気になることがあれば、遠慮なくお問い合わせください。

その際には、本学ST専攻について、しっかりお伝えさせていただきます。

皆さん自身が納得いくまで考えられるよう、そして自身の進路を目的をもって選択できるように、お手伝いをさせてくださいね 

バーチャルオープンキャンパス相談もウェルカムです~ お待ちしています~

バーチャルオープンキャンパス♪準備完了

| 投稿者: いしず

Ishizu1 現在、私も原田先生も達成感にひたってます。なぜって3月26日(金) ~ 29日(月)

 バーチャルオープンキャンパスの配信動画の撮影を終えたから

先月末ぐらいから配信内容を考えていたのですが、模擬授業をするにしても、言語聴覚士や医療・福祉系の将来を考えている皆さんに、ぜひST専攻の特長を知ってほしいな、そしてそれらをどんなふうに大学で学んでいくのか伝えられたらな~って考えていたんです。

特徴➀の「言語聴覚士に欠かせない職業人としての使命感・倫理観を持ち、主体的に学ぶ能力を身につける」って、授業でどんなことするの?主体的にってどういうこと? って思いませんか

今回のバーチャルオープンキャンパスでは

  短い時間でも、大学授業のトピックに触れてほしいな

  聞くだけの講義スタイルじゃない「大学の授業」を体験してほしいな

  ーチャルでも、大学でやっているような双方向の授業を体験してほしいな 

なんていう思いもあって、どうすると良いだろうかとアレコレ考えていたわけです。

意気込みのあらわれか?? 照明背景スクリーンまで2人とも準備しちゃいました

それで昨日・今日の撮影に挑んだわけです。

も~~ぅ何度取り直したことか!! スムーズに話せなかったり、言い間違えたり、笑ってしまったり……2人とも少なくとも10回以上  はとっているかも~ このような経緯でしたので、達成感~なのです  

ということで、
3月27日(土) 14:00~15:0028日(日) 13:00~14:00に、大学の授業内容や授業スタイルを体験するLIVE配信があります。

【授業タイトル】  Harada_20201102121801あなたは患者さんの人権を守れるか? Ishizu1言語聴覚士って何色?

_st2_20200813122001
 申し込み制になっていますので、こちらからどうぞ

 https://www.teu.ac.jp/entrance/open/reception/index.html

ちなみに張り切って準備した、照明スクリーンですが……

撮影場所には不要だったり、照明の電気をつけ忘れて撮影してしまったり……で

何のために準備したのん?ということになってしまいました

う~ん、今回はちょっと失敗…次の撮影では使うぞっと。

 

 

バーチャルオープンキャンパスやりますよ♪

| 投稿者: いしず

Ishizu1  今日は雨振りの1日でした。

  さて先日から、大学のホームページで案内が始まりましたが、

3月26日(金) ~ 29日(月) にバーチャルオープンキャンパス 開催です 新3年生の皆さんは、いよいよ受験の年ですし、新2年生の方は新年度になるにあたって進路を考えはじめなくちゃと、思っているかもしれませんね。

目標が決まっている人も、まだボンヤリとしている人も「自分のやりたいことを考えるヒント」をみつけるために、ぜひ  

バーチャルオープンキャンパスって、ちょっとだけ参加できるっていうのが良い点ですよね。

なんとなく気になった大学とか、通学圏内の大学だからなぁ~とか、ボンヤリとした気持ちでも、とりあえず見てみようということが出来るのはイイな~と思います。

そういうことをキッカケに、知らなかった学問を知ることは、皆さんの将来の可能性が広がることだから…

気軽に覗いてみようでいいと思います~。それに遠方であっても参加できますし、パソコンがなくてもスマホやタブレットで可能です。好きな時間に参加できる分、保護者や友達とも相談しやすいでしょうし、将来を考える機会として利用してみてくださいね。

詳細と申し込みはこちら  

_st2_20200813122001

  https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html#vocday

  各学部・専攻、いくつかコンテンツがありますが、言語聴覚学専攻は 

  3月27日 14:00~15:0028日 13:00~14:00にLIVE配信があります。

言語聴覚学専攻の特長の1つに「言語聴覚士に欠かせない職業人としての使命感・倫理観を持ち、主体的に学ぶ能力を身につける」とありますが、授業でどのように学ぶのか大学の授業を体験してもらう予定です。 

1年次の授業のトピックや本専攻の授業方法を体験し、大学での学び方をイメージできると良いね 

3月は個別に相談できるオンライン相談もあります。心配ごとや気になっていることや、ちょっと踏み込んだ内容を、ゆっくり相談できますので、大学のページを確認してみてくださいね。

https://www.teu.ac.jp/entrance/open/reception/index.html

ひみつ道具を科学する

| 投稿者: いしず

Ishizu1

 先ほど原田先生のお部屋に行ったら、机の真ん中に「ドラえもん」の漫画が2冊  

専門書が満載の研究室の中で、明らかに異彩を放っています

決して原田先生の愛読書ではないですよ~  実は来月、12月6日(日)にバーチャルオープンキャンパスDAY が開催されます(駿台予備学校によるプレ入試/解答解説講座と同時開催)。

当日はいくつかのイベントがありますが、言語聴覚学専攻は誰もが知っているひみつ道具を例に取り上げ、2つの模擬授業を配信します  

藤子・F・不二雄さんによる連載開始から半世紀あまり。皆さんもマンガやアニメでみて、あのひみつ道具「あったらいいのに~」なんて思ったことがあったのでは?

ひみつ道具のように、患者さんの「こんなことが出来たらいいのに…」という思いをかなえ、支える存在である言語聴覚士。その言語聴覚士の仕事について、これから医療系を目ざす生徒さんたちに、紹介出来たらなと思っています。

その模擬授業の準備のために、研究室にマンガがあったわけです 

模擬授業への参加は申込制となっていますので、興味がある方は下記から申し込みをしてね~

_st2_20200813122001

https://www.teu.ac.jp/entrance/open/reception/index.html

なお模擬授業と同時に、新人言語聴覚士へのインタビュー「挑戦する新人言語聴覚士の本音」も配信します。

こちらも、良かったら見てくださいな 

 

それにしても準備のためとはいえ、私だったら電子書籍を買うなぁ~と思いながら  

そのマンガの奥付(書物の最後にある著者名や発行年月日などが書かれたページ)をふと見ると、刷表示が第163刷・177刷 

さすが、国民的キャラクターですね。