« チームアプローチ と 言語聴覚士 と 大学 と 医療現場 ・・・ | トップページ | オープンキャンパスの申込受付中!! »

唾液の役割・大切さ

| 投稿者: よしはら

_yakimoti

いよいよ熱い7月に!  不安の多いオリンピックは一体どうなるのか?コロナ感染拡大も危惧されています。                     

今日は唾液についての豆知識を述べます。詳細は授業や別の機会としましょう。最近の唾液に関する話題はやはり唾液中のコロナウイルスの存在や量で、飛沫感染から直近では変異株の特徴から空気感染の可能性も示されています。                        

唾液腺や舌などにはACE2というコロナウイルスの受容体が存在しており、感染すると唾液中にウイルスが含まれることから、唾液を通じて他の人へ感染するというものです。従ってPCR検査も鼻から上咽頭にかけて分泌物をとる方法だけでなく、唾液を集めた検査も可能とされたわけです。

唾液の働きについて振り返ると元々は「口内を湿潤にし、口内粘膜を保護」「唾液中アミラーゼでデンプンを分解し消化の助けに」「抗菌・抗ウイルス作用口からの外敵を防御」「pHの調節」「食物を溶解し舌の味細胞を刺激しやすくする」「発声時、構音時の舌、口内粘膜の運動をスムースに」「摂食・嚥下をスムース」他ととても多岐に渡ります。唾液からはさらに肥満遺伝子や癌遺伝子などの情報も得られます。唾液は成人で1日に1~1.5Lが産生されますが、残念ながら老化に伴い個人差はあれ減少傾向になります。口内衛生環境も低下し、抗菌・抗ウイルス作用も低下、嚥下の補助機能も低下してきます。これらの対処法や様々な疾患についても次の機会に述べたいと思います。

コロナで唾液は悪者ののようですが、おそらく抗コロナウイルス作用を有するものと思います。宿主である個人の防御になっていますが、それよりも感染後のウイルスの攻撃性が勝ってしまうと考えられます。これまで唾液はヘルペス、HIV、インフルエンザ、アデノウイルス、肝炎ウイルスなどに対する抗ウイルス作用があることが知られています。私も日本医師会covid-19有識者会議(現在は武見基金covid-19有識者会議に変更)で昨年6月に「唾液・唾液腺によるウイルス防御機構」として寄稿しています。興味のある方は一度チェックしてみてください。

(https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp)

 

 

 

 

« チームアプローチ と 言語聴覚士 と 大学 と 医療現場 ・・・ | トップページ | オープンキャンパスの申込受付中!! »