« 祝 100記事記念! | トップページ | まじめに授業を語る② 授業アンケート »

まじめに授業を語る① 反転授業

| 投稿者: いしず

Ishizu1 12月に入って今年も終わりが近づいてくると、いよいよ言語聴覚学専攻の

 始まりの年が見えてきました。

それとともに、新しい専攻での授業内容を準備も、より具体的になってきました。

 

私は、6~7年前から反転授業を組みこんだアクティブラーニング型の授業を行っているのですが、次年度の新しい科目・時間・システムで、どのように組んでいくか計画中です。

反転授業による授業って、皆さんは聞いたことありますか?

 授業前の予習としてオンラインで講義動画をみてくる

 そして授業では、予習の講義動画の内容を確認して、それを活用・応用して取り組む学習をペアワークやグループワーク、ディスカッションなどを通して行うというような学習の方法ですね。

私の場合、ほぼ毎コマ、このような授業をやっていました~。

 

言語聴覚士は医療・福祉・教育などで働く職種ですから、知識として知っているべきことや覚えるべきことは沢山あるんです。それに、理解して覚えた知識を実際に使える知識にしないと、臨床で患者さんのことを考えられません。

ただ、授業で1つ1つ説明して、覚えたか確認をして……ということをすると、授業時間で患者さんについて考えたり、評価から分析して考察したり、自分たちで教材を作ったり、訓練を組み立ててみたり……という時間が、全くなくなってくるわけです

 

そのため、知識的な内容は動画の講義で、学生さんが事前に確認し、

授業では、その知識が「分かった!」「なるほど」になることや、実際に確認してきた知識を使い考え、やってみて「できた」となること を目標にしていきたい、

そんな思いと、反転授業を組みこんだアクティブラーニング型の授業の方法が、ぴったりだったのだろうな~ぁと思います。

 

「その専門用語、なんかどっかの科目で出てきたなぁ~」「その評価(訓練)、何となくだけど知っている」ということではなくて

「それ、わかる」「その検査、できる」になってほしいですし、何より「患者さんを考える」をことが難しいけど、面白い 興味深い と感じてほしいから。

より深~く言語聴覚療法の学びができるよう、授業を作らねば!です

 

学長がおっしゃるような、本学の教育の理想を常に模索し、チャレンジしていきますよ~~

 

« 祝 100記事記念! | トップページ | まじめに授業を語る② 授業アンケート »