言語聴覚士を目指す君へ | 東京工科大学 ST なるにはブログ

進化する学びと変わらない光景と。

| 投稿者: うちやま

Uchiyama 皆さん、初めまして

4月より言語聴覚学専攻に着任いたしました、内山美保と申します。

先週の水曜日に新入生ガイダンス、木曜日からは講義がスタートしました。

東京工科大学ではパソコン必携となっており、様々な情報がWeb上で配信されています。講義形式は遠隔授業と対面授業と両方ありますが、学修に関する資料は専用サイトから閲覧することができ、課題の提出もWeb上で完結します。

学内ネットワークにさえアクセスできれば、いつでもどこでも学修できる環境が整っており、私が学生だった十数年前と比べて、ずいぶんと印刷して配布されるものがなくっていることを感じました
その一方で、自己紹介でドキドキしたり、履修登録する科目を迷ったりする光景は、今も昔も変わらないなぁ…と

1期生の皆さんも、私も、少しずつ大学での学びに慣れていきましょう

言語聴覚学専攻 入学おめでとう

| 投稿者: よしはら

1期生の皆さん、入学おめでとうございます!

言語聴覚学専攻の耳鼻科医の吉原俊雄です。皆さんの自己紹介聞かせていただきましたが、いろいろな地域から、また多くの趣味も伺いました。

是非、東京工科大学で良い友人を作って、この恵まれた環境で楽しく学んでください。「耳鼻科」は正確には耳鼻咽喉科頭頸部外科と言って

耳、鼻、口腔・咽頭、喉頭、頸部の領域の炎症やがんを含む腫瘍の他、様々な疾患を診療します。言語聴覚学は巾広い知識が必要ですが、耳鼻科

領域の聴覚、咀嚼、嚥下、構音、発声などの大切な機能を理解できれば鬼に金棒です。耳鼻科領域の相談があれば遠慮なく訪ねて来てください。

吉原俊雄

発声発語 と 電車の音

| 投稿者: いくい

Ikui_20210405230401 こんにちは!

 

4月1日に着任した 生井友紀子(いくいゆきこ) です。

 

発声発語嚥下 領域、を 担当します。

どうぞ よろしく お願い申し上げます。

 

大学の 自室の窓の外を 走る JR京浜東北線 の電車のを 背中で聴きながら、

今、このブログを書いています。

 

東京方面行と、横浜方面行とでは、

電車の高さ大きさが 違うように 私には 聴こえます。

東京方面に向かう 上り電車は 蒲田駅から出発して 速度を上げていく電車、

横浜方面に向かう 下り電車は 速度を下げながら 蒲田駅に入っていく電車です。

 

 

ドドン ドドンドドン   ドドン ドドンドドン  ・・・ 

 

電車の音が刻む リズム は、3拍子のワルツのように聴こえます。

 

高さ 大きさ  リズム は、発声発語つまり 話しことば のもととなるの、大事な要素です。

 

話しことば ( の )の 基礎と臨床を、大学4年間の いろいろな授業で 学んでいきます。

 

お楽しみに~!

たくさんの夢と希望を胸に…

| 投稿者: わたなべ

Watanabe

皆さん、はじめまして! 渡辺時生と申します。

2021年4月から言語聴覚学専攻に着任いたしました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

本専攻も、新入生の皆さんも、私も、みんなピッカピカの1年生ですね

たくさんの夢と希望を胸に、みんなで力を合わせ、新しい道をこれから作っていきましょう!

 

今日は、新入生ガイダンスが開催されました。

Img_20210407_134315

学生の皆さんとお会いできて、本当に嬉しく思いました。

皆さん、個性豊かで明るく、しっかりとした自己紹介をされていて、とても頼もしく思いました 
Img_20210407_131610
昨日のブログで原田先生が話をしていた、手作りのお祝いメッセージです。
筆(書道)で手書きなんですよ!
石津先生の達筆さに驚きました。

 

本専攻では、学年担任とフレッシャーズゼミ担任(アドバイザー)をはじめ、二重三重で皆さんの学生生活をサポートしてまいります。

どの先生も、優しく、学生のことを第一に考え、臨床経験豊富で素晴らしい方ばかりです。

何か困ったりわからないことがありましたら、相談しやすい教員に気軽に相談してくださいね🎵

 

明日は、新入生ガイダンス

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 今日は、本学の入学式でした。しかしながら、残念なことに、私たち6人は感染対策のための自粛で、式典には参加できませんでした。

 そのため、本専攻に入学してくれた学生さんに正式に会えるのは明日の新入生ガイダンスです。

 ガイダンスでは、本専攻の教育目標や、科目履修計画、大学生活などについてを伝え、はじめて、入学生の皆さんと専攻としてのやりとりができます。

 いろいろ楽しく想像しながら、明日の準備を進めていました。ちょうど、配布資料の印刷が終わった時、お隣の石津先生がニコニコしながら、丸い紙に何やら書き始めました。Shodo_fude

 

 「きゃぁ~!紙がない」と叫んでいるので、せっせとハサミで丸い紙を作っていると、次は、

 「あちゃ~ 😵」と聞こえたので、覗きに行くと机には Ink_blot1 が…

 なんやかんや、ありましたが、学生さんを迎える準備は楽しいですね。

 

 

ST学生ための専攻NEWS③ 選べる実習着

| 投稿者: いしず

Ishizu1 新年度に入り、1年生を迎えたガイダンスが始まっています。

 先週金曜には、さっそくユニフォームの試着・サイズ確認がありました。

これは医療・福祉係の学部は1年生の恒例のイベント!演習や実習では実習着は必要ですから。

言語聴覚学専攻の実習着は、いろいろと検討の結果、2タイプのデザインを採用しました。

どのようなものかというと…… 

1_20210403173501「ちょっと着てみたい」という内山先生に着てもらいました。 

上着のデザインが異なります。男性用もこのような感じです~ (ポケットの部分とか細部のデザインが若干違いますが)。

「好み」は人それぞれ。4年間着用するものですし、皆さんが気に入ったものを着用して欲しいですから。2種類からですが選択!

ちなみに前日に、先生方の好みを伺ったところ、やはり意見は分かれました。

さて……新入生さんはどうかというと

こっちのデザインが好き と 気持ちが揺るがない学生さんや

最初はこちらが好きと思ったけど、着てみたら、こっちのデザインに決~めた という学生さん

こっちのデザインの方が着やすいから、コレ などなど

教員同様に、学生さんが選ぶタイプも意見が分かれました~。ほぼ半々かな。

刺繍で名前が入ったユニフォームが、皆さんの手元に届くのはもう少し後になりますが、届いたら内山先生のように写真をパシャッと撮ってみて下さいね。

見たいです…私。その姿を見せて~~~  

実習着を着て行う学内演習や臨床実習は、ちょっと先になりますが、楽しみですね。

 

辞令交付

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 本日、私たち6名は、言語聴覚学専攻教員としての辞令を受けました。

 昨年度は、医療保健学部リハビリテーション学科言語聴覚学専攻設置準備室でしたので、厳密に言うと正式な教員ではなかったということです。辞令を受け、身の引き締まる思いですが、併せて、1期生の皆さんに会えるワクワクも膨らんできました。Document_jirei

 

 その後、本学学長による「教員研修会」が開催され、本学の教育理念、学部のポリシー、本学の学習到達目標(ラーニング・アウトカムズ)、具体的教育方法など、本学が目指すところを再認識する機会が与えられました。

 本学のラーニング・アウトカムズは、以下の6項目に示されており、

  1.  国際的な教養
  2.  実学に基づく専門能力
  3.  コミュニケーション能力
  4.  論理的な思考力
  5.  分析・評価能力
  6.  問題解決力

 

 言語聴覚学専攻の教育目標は、 以下の5項目にまとめています。

  1.  職業人としての使命感・倫理観の育成
  2.  主体的に学ぶ能力の育成
  3.  調整力とコミュニケーション能力の育成
  4.  科学的・論理的な思考力と判断力の育成
  5.  人に対する洞察力・包容力と想像力の育成

 

 本専攻では、これらの目標を具体的項目に落とし込み、ラーニング・アウトカムズを達成できるように、授業を進めていきます。

 今日、新入生は、臨床実習などで使用するユニフォームの採寸があり、その会場で、少し新入生と話をすることが出来ました。入試の時に会った私のことを覚えていてくれた学生さんが、声をかけてくれて、とてもうれしかったですよ。😊

 みなさんがキラキラ輝いて見えました。一緒に、目標を達成しましょうね  

 

新年度 ST専攻教員 集合!

| 投稿者: はらだ

新しい年度を迎え、言語聴覚学専攻が立ち上がりました! 教員集合です。

 Img_2596
前列左から:耳鼻科医の吉原先生、発声発語領域STの生井先生

後列左から聴覚領域STの原田、同石津先生、高次脳機能領域の内山先生、小児領域渡辺先生 

 

今年度は、この6名が中心となって、言語聴覚学専攻を盛り上げていきます! 新入生の皆さん!よろしくお願いします。

 

 

 

 

スケジュール管理してる?

| 投稿者: いしず

Ishizu1 3月31日になりました。今年度も今日でおしまい。

 明日からは4月。新年度がきますね~~。

3月になってからというもの、次々と新年度の予定が次々と決まり、私のスケジュールも賑やかになってきました

新しく大学生になる皆さんも、これからはスケジュール管理が円滑に学生生活を送るうえで大事なスキルになります。

これから授業や課題の予定、その他さまざまなイベントや約束、プライベートの予定など、多くの予定が入ってくることでしょう。

大学の予定プライベートの予定、これら全体を把握し勉強の時間趣味やスポーツなど自分の時間を確保するには、スケジュール帳の活用は欠かせません。大学生になったら、様子をみながら1冊スケジュール帳を用意するといいですね。

たかがスケジュール管理と思うかもしれませんが、大学生はもちろんのこと、社会人として、言語聴覚士として働くには、基本の、とても重要なことなのですよ。

スケジュール管理ができないと「人と会う予定が重なっちゃった」「仕事が予定通り進まない」「報告書の提出が遅れることばかり」「患者さんとの約束を忘れてしまった」など、とんでもない失敗につながりかねませんから。

スケジュール管理をあまりしたことがない人、苦手という人も、大学生活で少しずつできるようになっていけばいいですからね~。

私は、毎年、素敵なデザインの手帳を買って、スケジュール帳をウキウキ持ち歩いていました

今は、おわかりかもしれませんが…スケジュールアプリに移行です…

素敵な手帳もいいのですが、やはりたくさんの予定を管理するには便利ですもの

スケジュール帳でも管理アプリでも、皆さんが使いやすいものを使っていくといいですね

さぁ、新入生のみなさんは、明日からさまざまなスケジュールが入ってきますよ 私たちも

いよいよ明日、言語聴覚学専攻に新しい先生方をお迎えしまして東京工科大学 言語聴覚学専攻が始動します 楽しみでしかたがありません 

 

価値観は人それぞれ

| 投稿者: いしず

Ishizu1 先日の蒲田キャンパス日誌を書いた時には、桜はまだ咲いていませんでしたが

 今は薄ピンクの桜が大学を彩っています なかなかお花見にも行けませんので、

1_20210330162101昨日は、蒲田駅の東口にある、おはぎ屋さんで、おはぎを調達し
研究室の窓から桜を望みながら「きれいだな~おはぎ美味いなぁ~ 」とお花見をしました。

さて今日、私は何故か大荷物?で出勤しました

昨日のお昼は「おはぎ」でしたが、私のルーティンのお昼は

「春雨スープに、健康を考えて糸寒天とオートミールを加えて食べる」です。

ちょうど、糸寒天とオートミールと春雨スープがなくなったので、それらを携えての出勤でした。そのため大荷物なのです。

原田先生のように個包装・小袋派の方は、なぜ?大荷物?と思ったことでしょう。

そうです、私は大袋派です。

2_20210330162101こうかとん も驚くデカサイズです。大量でも、どうせ食べるし…

春雨スープは12食入りを3袋。ちまちま買ってらんないわ…

オートミールは5kg。さすがに 半分に 小分けをして持ってきましたけど(小分けになってる?)、どうせ食べるし腐るもんじゃないもん……

さて、皆さんは大袋派ですか?小袋派ですか?

この1年、原田先生といろいろと話をして、こんなに良く知っていて近い人でも、買い物1つの価値観が違うんだぁ~と実感です。

患者さんと関わっていると、いろんな人の価値観を受け止めることは大事だと分かっていますが、本当に自分の考えを押し付けないようにしないとなぁと感じます。

原田先生に「大袋を買う方がいいですよ。何度も買いに行かなくていいですもん」と押し付けてもねぇ~。

人それぞれ考え方や、大事にしたいポイントは違いますものね。でもそういう考え方を知っていくことや、自分とは違うけど、そういう価値観もあるよね~と受け止めることは、大事ですね。

 

ちなみに、私のこの行動形成に大きな影響を与えたのは、母のようです。

下記、昨晩の電話内容です。方言のまま、できるだけ表現しています   

「あの~ぉ~~ぉ、いつも こうてもろてるぅ、健康茶が のなったんや」

「無くなったん? もっと早く言ってくれれば、無くなる前に買うのに~」

「なぁ~もぉ、最後の1袋を今日ぉ開けたんやぁ。20個はいってるでぇ、直ぐには 要らんけどぉ」

 

まだ20個あるのに、最後の1袋に手をつけてしまったので「無くなった」という母。

大袋買いでストック症なのは、母からの影響強しです

 

«黒石津?