言語聴覚士を目指す君へ | 東京工科大学 ST なるにはブログ

秋には、旅に出ましょう

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 残念ながら、首都圏に出されている緊急事態宣言の延長が、本当に決まりました。

 昨年1年間は、毎年恒例の仲間との旅にも行くことが出来なかったので、「今年の秋には再開しようね」と、今日かかってきた友からの電話は、2年ぶりでした。

 同じ言語聴覚士の仲間からの電話ですが、昨年は誰も旅行を考えることさえしなかったため、お互い電話もしませんでした。

  ほぼ、年1回の電話は「旅の相談」、会うのは年1回の旅の時だけ!

  現地集合、現地解散で、お互いの休みの都合で、1~2泊の温泉旅行!

  今度は、佐賀の嬉野温泉か、長野の湯田中温泉か、青森の酸ヶ湯温泉か、まだ、何も決まっていません。

緊急事態宣言が解除になったら、行き先を考え始めることにしています。

 

楽しみは、先にとっておきましょう。

 

 

鍵は12桁の動作の記憶

| 投稿者: いしず

Ishizu1 今日は寝不足の私……  昨日から夜通しというか iPhoneと格闘していました。

 何があったかというと… 始まりは昨日の朝になります。

iPhoneを起動すると、パスワードの入力が求められました。いつも Face ID を使っていますが、入力が求められることありますよね? マスクをしていると、なおさらです。

で、いつものようにパスワードを入力すると「あれ?違う」

もう1度 「ん?違う…? えっと何だったけ、毎日使っているのに、確かコレよ。えっ違うの? おかしい何で?…あれ、あ~~また間違えた」 →出た「1分後にやり直してください」の表示が。

私、スマホしろパソコンにしろ、どこかのサイトのIDやパスワードにしろ、普段からパスワードはかなり長いです。短いパスワードではセキュリティが甘く、簡単に破ることはできますからねぇ。

そのため、スマホのパスワードは 大・小英字、数字、記号の混合12桁 

といっても、Face ID も使っていますし、 毎日、何度も入力していて&完璧に覚えていて&間違えることなんてないパスワードなのに…昨日は間違えた。

それもタイピングミスではなく、本気で数字が思い出せない。画面上の指の動かし方は何となく覚えているし、英字や記号の配列は覚えているのに、肝心の数字の並びが思い出せない…うう~~

 

1分後、再…挑戦し「5分後にやり直してください」

5分後、再再…挑戦し「15分後にやり直してください」

こうなると、もう電話をかけることも、メールをチェックすることも出きない。緊急電話と電話を受けるのみ…だんだん不安になる

15分後、再再々…挑戦し 「1時間後にやり直してください」 

1時間後だと~、考えるほど増々わからなくなる先人の裏ワザをネットで調べるものの私の条件には合わず、1時間後にはまた 「1時間後にやり直してください」 

さらに1時間後か……こうなると もう全く開く気がしませんが、よくよくよ~く考え、かすかな希望を込め、渾身の指運びで臨みましたが…「iPhoneは使えません iTunesに接続」 の表示

 

あ~~~終わった、永遠に続くかと思った12桁との戦いが、こんなにあっけなく終わった…

こうなると、iTunesに接続し復元作業をしないといけないわけです。ただ、日常的に仕事データのバックアップには注意を払っている私なのに、スマホデータは……真っ白。

徹夜の原因は、バックアップをしていなかったiPhoneを、初期化状態→とりあえず復旧できるもの復旧する作業をしていたからです。

 

私が、毎日使っていたパスワードは、既に手続き記憶になっているものでした。

皆さんは何も考えずに自転車に乗れますよね。これも手続き記憶。潜在的な記憶の一つで、楽器を弾いたり、キーボードのブラインドタッチも体で覚えている記憶です。

動作を繰りかえすことで記憶されるもので、記憶したものは動作で現れてきますから言葉でそれを表現するのが難しい記憶です。

 

私のパスワード入力動作は、完全に手続き記憶となり自動化されていましたね~。運動動作を記憶しているもので、ことばで表現することが難しい記憶ですから、パスワードを思い出そうとしても無理なわけです。本当に人間の脳機能というものは、不思議なものですね~~。

その後の話ですが……

iPhoneを初期化し、新しいパスコードを設定&入力する画面になると、手続き記憶復活~  何も考えなくても、今まで入力していたパスワードがふっと出てきました。なんてこと~~。

やはり手続き記憶になっていました。脳って、記憶ってすごいわぁ~。

でも、もっと早くパスワードの手続き記憶が蘇ってほしかった

おすすめ漫画!

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 今日は、絶対に大学の授業でも、取り入れようと思っている漫画を紹介します。

 

 家でのこと-訪問看護で出会う13の珠玉の物語

108905
医学書院

 

 とにかく、初めは、何かを考えようとか、そこから得られるものは何かとか、考えずに、読んでみてほしいと思います。

 私の場合は、ただ、ひたすら泣きました。2回目も同じように泣き、それから、考えました。

 

 人それぞれの価値観と、人としての倫理観

   「自分が正しいと思っていることは、誰にとっても正しいのか?」

   「その人の考えていることを理解できているのか?」

   「安全の押し付けは、自分の価値観の押し付けなのか?」

   「理屈で説得しようとするのは、自己満足なのか?」

 

 この漫画、一番大事なことは言語化(文字化)されていません

 

バーチャルオープンキャンパスやりますよ♪

| 投稿者: いしず

Ishizu1  今日は雨振りの1日でした。

  さて先日から、大学のホームページで案内が始まりましたが、

3月26日(金) ~ 29日(月) にバーチャルオープンキャンパス 開催です 新3年生の皆さんは、いよいよ受験の年ですし、新2年生の方は新年度になるにあたって進路を考えはじめなくちゃと、思っているかもしれませんね。

目標が決まっている人も、まだボンヤリとしている人も「自分のやりたいことを考えるヒント」をみつけるために、ぜひ  

バーチャルオープンキャンパスって、ちょっとだけ参加できるっていうのが良い点ですよね。

なんとなく気になった大学とか、通学圏内の大学だからなぁ~とか、ボンヤリとした気持ちでも、とりあえず見てみようということが出来るのはイイな~と思います。

そういうことをキッカケに、知らなかった学問を知ることは、皆さんの将来の可能性が広がることだから…

気軽に覗いてみようでいいと思います~。それに遠方であっても参加できますし、パソコンがなくてもスマホやタブレットで可能です。好きな時間に参加できる分、保護者や友達とも相談しやすいでしょうし、将来を考える機会として利用してみてくださいね。

詳細と申し込みはこちら  

_st2_20200813122001

  https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html#vocday

  各学部・専攻、いくつかコンテンツがありますが、言語聴覚学専攻は 

  3月27日 14:00~15:0028日 13:00~14:00にLIVE配信があります。

言語聴覚学専攻の特長の1つに「言語聴覚士に欠かせない職業人としての使命感・倫理観を持ち、主体的に学ぶ能力を身につける」とありますが、授業でどのように学ぶのか大学の授業を体験してもらう予定です。 

1年次の授業のトピックや本専攻の授業方法を体験し、大学での学び方をイメージできると良いね 

3月は個別に相談できるオンライン相談もあります。心配ごとや気になっていることや、ちょっと踏み込んだ内容を、ゆっくり相談できますので、大学のページを確認してみてくださいね。

https://www.teu.ac.jp/entrance/open/reception/index.html

Vision! 食べ歩きリスト

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801Ishizu1 首都圏を除き、緊急事態宣言が解除になりましたが、本学はまだ緊急事態宣言下にありますので、自粛生活が続いています。

 しかしながら、自由にさまざまな場所へ行かれる日を想像しながら、実現したい食べ歩きリストを作っています。(もはや、想像を超えて、ビジョンです!)

 

 ① 秋田のあんごま餅(出来立てを…その場で…)

 ② 福井の水ようかん

 ③ 佐野の耳うどん

 ④ 大阪の厚焼き玉子サンド(純喫茶の…)

 ⑤ 伊勢、とらやのういろう(今だけの…桜餅ういろ)

 ⑥ (蒲田から姿を消してしまった)埼玉の山田うどん(赤パンチ定食ぅ)

 ⑦ 宇和島のじゃこ天(揚げたてが…)

 ⑧ 福島のイカ人参(本場の味を…)

 ⑨ 山梨のかぼちゃほうとう

 ⑩ 宮城の主婦の店おはぎ(ずんだも好きだけど…これも)

 ⑪ 蒲田のとんかつ(蒲田に来て、1年経つのに…未だ…)

 ⑫ 蒲田の羽根ギョーザ(おそらく、3人前、いや、4人前はいけると思う)

 ⑬ 蒲田の甘納豆

 

 制覇したい!

 

言語聴覚士に本音を聞いてみた①

| 投稿者: いしず

Ishizu1 2月28日()は、「一般選抜B日程」が行われます。

 いよいよ今年度最終の入試です。受験生の皆さん、頑張ってくださいね~。 

早いもので来週から3月。3月にはバーチャルオープンキャンパスを開催予定ですが、ここ最近、以前のオープンキャンパスの記事へのアクセスが多いんです。何の記事かというと、

新人言語聴覚士に大学時代と社会人としての本音をインタビューしたので配信するという記事  実際の新人STの声は気になるのかもしれませんね~。オープンキャンパスのようなイベントではありませんが、時々、このブログで少し紹介できたらなぁと思います。

そうだ  言語聴覚士に本音を聞いてみたシリーズだ~~

シリーズ①として今日は……新人STさんに「印象に残っている患者さん」を聞いてみた

  STとしての理想と、知識・技術も未熟すぎる現実の自分……そのギャップに直面した1年目

  私って向いていないのかもってと思っていた時期があります。

  その時に担当した患者さんが印象に残っています。

  名前も、やっとやっと言えるくらいの重度の失語症の方でした。

  ある日、私をみて「どうしたの?」って身振りをされたんです。

  カラ元気を振りまいていた私の苦しい気持ちが、表情や態度に現れていたのでしょう。

  失語症で発話が難しい方なのに、振り絞るようにさ、ん、ね、ん、つ、づけ、る」と。

  どんな仕事も、まずは続けみてと私に伝えたかったのだと思います。​

  ​患者さんを支援するSTの私も、実は患者さんに助けられ励まされ、今があります。

  そういったことに気づかせてくださった患者さんとの出会いでした。

 

新人言語聴覚士だけでなく、私達STは何年たとうが患者さんから教えていただき、常に勉強させていただいているものだなぁと感じます 

言語聴覚士の勉強会

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 大学の教員は、勉強が好きなのね? とよく言われます。

 答えは、当然 yes です。

 言語聴覚学専攻に所属する言語聴覚士の教員は、当たり前ですが、大学の教員であり言語聴覚士ですから、担当する科目の多くは、「言語聴覚障害に関連する」科目です。

 言語聴覚障害に関連することの中には、「事実としてわかっていること」と「推測されること」と「未だわかっていないこと(気づかれてもいないこともあります)」があり、「推測されること」の証拠を探したり、「未だわかっていないこと」を見つけようとしたり、することも「勉強」に含まれるとすれば、勉強ばかりしています。

 ただ、ここまでは、言語聴覚士としての勉強です。

 大学教員としての仕事の大きな柱には、「学生に対して目標を達成できるような教育を提供し、その結果、学生が目標としていたことを修得できていること」を保証することがあります。

 しかしながら、言語聴覚士の勉強会・講習会の多くは、「言語聴覚障害に関連する」勉強会ですので、言語聴覚士であり、教員である私たちは、学生が卒業時に目標を達成できるような教育のための勉強会を行っています。

 今のところメンバーは限られていますが、熱い勉強会になっています。Yaruki_moeru_woman

 勉強好きですよ!

 

国家試験のあとの充電期間

| 投稿者: いしず

Ishizu1 言語聴覚士の国家試験は、この前の土曜日に終わりましたが、

 今年度は翌日の日曜日に理学療法士・作業療法士の国家試験がありました。

この時期、さまざまな専門職の国家試験がありますが、医療保健学部の4年生の学生さんたちは、その国家試験の日に向けてコツコツと勉強をしていました~。感染予防をしながら勉強する学生さんの様子を目にする機会も時々あって「がんばれ!PT、OTの学生さん」と思っていました。

ただ国試がおわると、各教室は誰もおらず寂しい感じです   これはSTも同じだったなぁ~

先日、言語聴覚士国家試験が終わったあとは、自己採点をしますよ~と紹介しましたが、それが終わると……大きなイベントは卒業式ぐらいですので、教室や演習室はヒッソリとなります。

もちろん、この時期に就活をする学生さんは、病院見学や就職試験など、少しタイトなスケジュールで忙しくなる人もいます。

ただ既に言語聴覚士として就職内定を頂いている学生さんは、国試後~3月はやっと  ゆっくりとした時間を過ごすことができるのかなと思います。

1~3年生は、後期の期末試験(1月末)がおわれば春休みですが、受験生は国試日まで勉強の毎日だったでしょうし、少なくとも半年は、受験生として土日も年末年始もなく取り組んだでしょう。全力で試験に向かった今は燃え尽きた状態ではないかなぁ~。

 

そんな学生さんの、国試後の過ごし方はどんなかというと……

毎日のように大学にきて勉強していた学生さんは、突然こなくなります。やっと休暇ですね~ 

友人との思い出づくりを楽しむ学生さんもいます。国試後に発散することを励みに頑張った学生さんもいますしね。ただ今はコロナで、加えて就職を控えていますから、やれることや行ける所は制限されるのだろうなぁ~ 

そうそう就職の心配事(もちろん楽しみなこと)を相談(雑談)にくる学生さんもいます 

少し忘れていた実技の確認や、就職したら役に立つ資料の収集  にくる学生さんもいたなぁ。

ともかく受験生の国試後~3月は、4月からの社会人としてのスタートのための充電期間かな

言語聴覚士 今昔

| 投稿者: はらだ

Harada_20201102121801 昨日のブログに、「国家試験後に就職活動をしようと決めていた学生さんは動き出します」とありましたが、それを読んで驚かれる人も多いのではないでしょうか。

 特に、医療関係ではない領域で、就職される方にとっては、「間に合わない!」と思われるでしょう。言語聴覚士も、公立病院の職員試験などは国試後では間に合いませんが、私立の病院・施設では、2月末頃でも募集をしているところが少なくありません。

 その理由のひとつは、もともと需要と供給のバランスが、需要>供給となっていること。

 もうひとつは、(残念なことですが)既に就職が内定している国家試験受験者の中から、不合格者が出てしまうこと。

 は、とてもありがたいことに養成校にはそれだけの求人があります。もちろん、給与体系もリハビリテーション専門職内では同水準です。

 (私が学生だった頃)は、都会の求人は幾分ありましたが、先生方に「夏休みに、自分たちで探していらっしゃい!」と言われ、それぞれが地元に帰り、アポ取り~訪問から、求人確保までが、任されていました。

 そのうえ、その頃は給与水準は極めて低い地域も多く、夏休み後の報告会で、主任先生に訴えたところ、にっこり微笑まれ「皆さんは、パイオニアなんだから、仕方ないわね」と、きれいな声で言われました。

 

 言われて初めて気づきました。「へぇ~!そうなんだぁ」

 

国家試験後の大仕事

| 投稿者: いしず

Ishizu1 週末から今日にかけて、あたたかな春の陽気ですね。

 週末に、第23回の言語聴覚士国家試験が実施されました。

受験生の皆さん、1年次から国家試験に向けて、そしてこの半年は特に良く頑張りましたねぇ~。あとは祈って、ゆっくり3月26日の合格発表日を待ちましょう……とは、

今は実際には言ってられない時期でしょうか 

全国の養成校では、今は受験後の大仕事と緊張に包まれているんじゃないかなぁ(昨年までは、私たちもそうでしたから)

試験後は、受験生も教員も1週間程度は結構、慌ただしいのです

学生さんたちは、受験後、問題の答えをいろいろと調べて確認をしていることでしょう。

実は教員も 国試が終わると直ぐに問題を確認して、教員で分担をして問題を解きます。

解答案を作成するわけです その解答案をもとに、学生さんは自己採点するのです

採点の結果をみて、国家試験後に就職活動をしようと決めていた学生さんは動き出しますし(この時期からの就活もSTは可能です)

春からの新生活に向けての準備を始める学生さんもいます。

解答案を作成するのは、試験後に超特急でする教員のお仕事なのですが、学生さんによっては1問の解答で結果の見通しが左右されることもあるため、複数の書籍  をひっくり返し、答えの根拠を確認して  ……なかなか気を張る作業です

今日は全国の先生方が、教え子達がみんな受かるようにと祈りつつ、その作業にあたっておられるのではないかしら?

«第23回 言語聴覚士国家試験 がんばれ!