言語聴覚士を目指す君へ | 東京工科大学 ST なるにはブログ

下5ケタ「82243」

| 投稿者: はらだ

みなさん、こんにちは! 猛暑が続きますが、お元気ですか? 

ステイホームと言えば、不用品処分…

ということで、週末ごとに少しづつ、家の空間が広くなっていってます。

もう、ぼちぼち捨てるものも無くなったか…と思っていたところ、懐かしいものが出てきました。

Img_0257_20210721195001

2015年の年賀状! その年の年賀状お年玉くじ当選番号が発表になり、もらった年賀状と残っていた年賀状を揃え、番号あわせをしていると… なんと 

余りの年賀状の内の2枚が1等でした。

(1等は現金1万円でした)

「きゃぁー !誰かに出していれば、喜んでもらえただろうに。」と思いながら…すぐに近所の郵便局に交換に出かけました。

【郵便局での出来事】 

お客さんは、二人しかいなかったので、すぐに交換してもらえると並んだところ、私の番になってからが、長い長い~

郵便局員さんが全員集合して、ミニ会議が始まり、皆がチラチラこちらを見ながら…何やら話し合いが行われていて…

「う~わっ、疑われてるぅ 」自分ではどうすることもできない状況に、ポツンと置かれ、ひたすら、疑いが晴れることを祈った時間でした。

最後には、無事、2万円のお年玉を頂いたはずですが、胸が「チクッ」と痛む思い出となっていました。

Tatemono_yuubinkyoku

 

集い… 学ぶ… -ラウンジ- 学生さんが真ん中にいる開かれた環境

| 投稿者: いくい

Oc __20210608175501 _yakimoti こんにちは!

 

東京工科大学は蒲田駅から歩いて3分もかからない便利なところにあります。

 

言語聴覚学専攻は主に20階建ての3号館で授業をします。

言語聴覚学の演習などは19階で行います。

大きな大きな窓からの眺めはただただ素晴らしいの一言につきます。

廊下側はガラス張り

とにかく明るい教室です。

 

でも、ただ廊下に教室が並んでいるのではありません。

 

フロアごとに、廊下につながるちょっとした広いスペースがあります。

そこに、小ぶりのテーブル椅子が2~3脚のセットがいくつか置いてあるのです。

すなわち通路の一角に、飲食したり、勉強したりするスペース=ラウンジが設けてあるのです。

 

学生さんたちが1人だったり、3人だったりといろいろですが、

そこで話し合ったり、勉強したりしている 学生さんたちの雰囲気が

とても感じいいんです。

私を知らない学生さんでも、私に気づくと、すぐに声に出して挨拶もします。

 

そこは通路でもあるので、教員も学生もぐに声を掛け合うことができます。

のびのびと 語り合い、勉強しています。

 

この大学の中は 全体が、そうです。

壁に向かって一人で黙々と・・・というのではありません。

学生さんたちは、

気軽にそこにあるテーブルにつき、

気軽に集い

気軽に勉強できる

開かれたスペースがあるのです。

学生さんたちが真ん中にいる・・・という環境です。

 

現在のところ来場型のオープンキャンパスを8月に2回実施する予定です。

ぜひ、大学にいらしてください。

この学生さんたちに 開かれている 環境を感じてくださ~い!

 

学科混合活動でグループワークを行いました!

| 投稿者: わたなべ

1年次の通年科目「フレッシャーズゼミ」の時間で、今日は学科混合活動を行いました。医療保健学部の1年生が、学科専攻の枠を超えて一緒に授業のなかで活動を行います。全6学科専攻:看護学科、臨床工学学科、臨床検査学科、理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚学専攻、の学生が、1つのグループに混在して活動を行いましたよ。感染予防には細心の注意を払い、実施しました。
実は2週間前にも行っていて、今日は2回目でした。本専攻教員が担当するクラスでは、グループメンバー構成を「くじ引き」で決めているので、前回と異なるメンバーと一緒になることもあります。本専攻担当クラスでは、2つの教室に分散して、実施しました。渡辺も1室を担当しました。

今日のテーマは「目指す職業の紹介」です。

各学科専攻の学生がそれぞれ、まずは自己紹介をし合い、自身の目指す職業(専門職種)について紹介・説明を行いました。

そして、お互いに各専門職の説明を行ったうえで、それぞれに共通すること、異なることについて、ディスカッションをして、まとめをして、最後にクラス内で発表しました。司会者、記録者、発表者をお互いに話し合って決めました。円滑に進むように、協力しあう姿勢が印象的でした。

Img_20210721_115508Img_20210721_114940

熱心にディスカッションしている学生たち!(写真掲載は全員に承諾を得ています)

 

生井先生が、7月1日のブログで、チームアプローチについてお話されていましたね。今日の混合活動では、チームアプローチ実践を将来行う際に必要な、グループワーク参加の心構え(お互いを尊重すること、協力しあうことなど)を意識してもらいながら、楽しくディスカッションできました。

Img_20210721_114755_20210721194901

話し合ったことを、グループ内の書記係さんにメモをしてもらいましたが、必要なポイントを漏れなく素早く筆記されていて、感嘆しました!すごい!素晴らしすぎる!医療の現場では、カルテを含め、必要なことを簡潔に素早くメモする力はとても大切ですからね。

Img_20210721_123228

初めて会った学生たちが、あっという間に和気あいあいと仲良くなっていて、本当に嬉しく思いました。異なる職種の学生同士が仲良くなれる機会は、あり得そうで意外と難しいものです。貴重な経験となったのではと思います。人脈は一生の宝物ですね。

学生の皆さんから、私自身もたくさんのことを学んだ、素晴らしい一日でした!

言語聴覚士養成校の検索

| 投稿者: いしず

やっと!やっとだ~~~ぁ! やっとできるようになっていました~

何がって養成校検索」ですよ  お・ま・た・せ

日本言語聴覚士協会のHPで、養成校検索ができるのですが、東京工科大学の言語聴覚学専攻は、今年度4月スタートの養成校でしたから、昨年から、この検索にはヒットしてこなかったのです。

最近、ふと気がつき確認したところ、おお~~~ウチの大学名が載っている。やっと指定養成校として、日本言語聴覚士協会のHPにも仲間入りです~。

1_20210720173401
  ☑ 高校卒業(見込) ☑ 昼間部 

  ☑ 大学                ☑ 東京
 
  チェックしてみてくださいね。

  もちろん「キーワードから探す」でもOK

 

言語聴覚士になるには、どうすればいいのか…

将来の進路を調べている生徒さんが、養成校検索から本学を知り、本学での学びに興味を持ってもらえると良いなと思います。

もちろん、疑問や質問などあればオンライン教員相談を行っていますので、ぜひ利用してくださいね。

2期生になれることは選択のメリット

| 投稿者: うちやま

Number_2

高校3年生の皆さん!

来年の春に言語聴覚学専攻へ入学されると、言語聴覚学専攻の2期生になりますね🌸

実は私も、ある大学の言語聴覚学専攻の「2期生」として入学しました。

2期生で良かったことが、実はたくさんあります個人的な意見です

 専攻の学生は1年生と2年生。それもあって1期生の先輩が何かと声をかけてくれる。交流が多いから、先輩からの情報やアドバイスがもらえる1期生は先輩がいない中、大学生活のスタートだったため、さまざまな心配事や不安を知っているので、後輩に優しい)

 先生方にすぐに相談にいける(4学年そろうと、空き時間に伺っても、授業・演習・就職相談・国試対応などで、なかなか時間を調整することが大変だったような…)

先輩が少ないので、1年生のうちから実習室を十分使用できる(4学年そろうと、臨床実習のある3年生・4年生優先で使うことが多い)

実習室や検査用具・機器はすべて新品できれい(大切に使っていても特に検査用具は経年劣化あり)

 前例にとらわれない新しい試みができる(途中から廃止・縮小された行事や演習もあり)

そして今思うと…外部講師や実習指導者の先生がとても豪華(業界では有名な先生ばかり)でした

私が就活するときは、卒業生は1期生しかいなかったわけですが、実習先や就職先は全く心配ありませんでした

地元の病院に就職する予定でしたが、縁あって実習先の山梨県の病院に就職しました

学生時代に密なコミュニケーションがとれていたからこそ、
卒業後も患者さんや研究のことで先生方に相談したり、大学の図書館を利用したりする機会は多く、
十数年経った今でも、先生方や先輩・後輩との交流が続いています

・・・まだまだ今ほど「言語聴覚士」の仕事が知られておらず、言語聴覚士の養成校も少なかった時代。

実は私は、高校2年生のときに【来年春にリハビリテーション学部開設】の案内をみて「言語聴覚士」という資格があることを知りました。

医療・福祉系に興味がありつつ、部活ばかりで具体的な進路を考えていなかった当時の私は、
「家から通えるならいいか!」という軽い気持ちで、言語聴覚学専攻の説明会に参加し、
「病院で働くけど、理系も文系も関係ないらしい!」程度の理解で受験を決めました

学んでいく中で言語聴覚士のことを知り、言語聴覚士になって本当に良かったと思っていますよ~

メリットのたくさんある2期生

受験生の皆さん、ぜひ東京工科大学でお待ちしていますね

美味しい! まずい?

| 投稿者: よしはら

Kamata1

今日は味、味覚について述べましょう。

基本的に味覚は舌表面、舌根、軟口蓋の一部で感じます。舌表面の細かい隆起を舌乳頭と言い、その中に味蕾という受容器が存在しています。さらにその中に味覚受容体を持つ味細胞が存在しています。                                           

味の基本形は甘味、酸味、塩味、苦味でしたが近年5つ目としてうま味が追加され5基本味となっています。うま味はグルタミン酸で、日本発です。ちなみに味の素がグルタミン酸ソーダです!! 嗅覚とも密接な関係があり、匂いが低下すると味覚機能は正常でも「何か今一つ美味しくない」「何か違う?」と言われますが、正確には風味障害と判断されます。嗅覚についてはいずれ述べたいと思います。味覚障害は亜鉛低下がしばしば指摘されていますが、それ以外に唾液分泌障害つまりドライマウスでも起こります。亜鉛を多く含む食材として魚介類、海藻類、ナッツ類、日本茶などが挙げられます。                                                 あと、美味しいと感じる要素として、正常な味覚機能の他に大切なことがあります。例えば歯ごたえ(うどんやそばなど)、温度(冷めていない味噌汁)、見た目(きれいな盛り付け、料理人のセンスにもよる形や色)、音(スリラー音楽や金属音よりは優しいムードミュージックなど)、重要な要素です。環境も大事で、若い学生さんなどのデートで好意を持っている人との食事とそうでないシチュエーションの食事を想像すればわかりますね。                                                         蒲田にある多彩なお菓子や、餃子など味わったあと、ふと余裕があったら味覚の機能などありがたがりながら考察してみてはいかがでしょうか!

嗅覚・味覚機能に障害を及ぼすコロナには十分注意したいと思います。

社会人 と 大学 と 言語聴覚学

| 投稿者: いくい

      __20210324115801 _yakimoti __20210215155901

 

 

こんにちは!

 

この日曜日の来場型オープンキャンパスには社会人の方も来てくださいました。

 

言語聴覚士は 世界でも 人気の職業ですし、今後 ますます 需要がある 職業です。

また 言語聴覚士が 担当する領域は、息をすること、食べること、人とやりとりすること=コミュニケーションと、

まさに 人として 生きていくうえで 欠かせない領域です。

 

人生 100年!? になりつつある 今、

2、第の人生設計に、

新たな 学びと 職業への 挑戦を 考える社会人の方は 少なくないようです。

 

実は 私も・・・

もう 人生も 折り返し地点 となった年齢で、

ひょんなことから 大学に 入学して、

そのまま 言語聴覚学を 学び、

そして言語聴覚士になりました。

 

年齢は 関係ありません。

 

大学に 入ってからの 学びに ついても 心配は いりません。

 

そもそも言語聴覚学は、文系も理系も関係ありません。

 

自分は 文系だと思っている人は、理系と思われる科目を、

自分は 理系だと思っている人は、文系と思われる科目を、

苦手だと思うようです。

 

ということで、

どのような 学生さんにも 学べるように、授業の担当教員だけでなく、

それ以外にもさまざまな学習支援体制で

学生さんの 学びを 支援・応援しますので、心配いりません。

 

今後の 状況によりますが、

現在のところは、8月に 2回 来場型のオープンキャンパスをする予定です。

 

8月に 残念ながら 来場型が開催できない場合には、

バーチャルオープンキャンパスで さまざまな動画を 見ていただくことができます。

言語聴覚学専攻では オンライン教員相談もあります。

 

ぜひご活用ください。

吃音のある人が主人公の作品を紹介します!

| 投稿者: わたなべ

Elly21515c1872_tp_v4

先日(7/11)のオープンキャンパスでは、たくさんの方にご参加をいただきまして、ありがとうございました。「前回のバーチャルオープンキャンパスの動画を見て、吃音について学びたいと思っています!」と、声をかけてくださった方もいらっしゃいました。とても嬉しく思いました。また、他にも吃音を学びたいという方がいらっしゃり、吃音についての関心が高いことを実感しました。

そこで、今日は吃音のある人が主人公の作品を、少し紹介したいと思います。

「英国王のスピーチ」The King's Speech (映画)

日本では2011年2月に劇場公開された映画です。アカデミー賞の作品賞、主演男優賞などを受賞した名作です。主人公の英国王ジョージ6世は吃音に悩んでいて、言語聴覚士によるトレーニングを受けます。第二次世界大戦が開始した際に、国民に向けてラジオで雄弁に演説して感動を呼んだという話です(かなりざっくりと端折っています)。ちなみに、ジョージ6世は、現エリザベス女王の父です。映画のなかに出てくる吃音の治療法は今では行われていないものが多く参考になりませんが、主人公が吃音をもつ人で、準主人公が言語聴覚士という設定は、言語聴覚士としては大変嬉しい映画であります。

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(マンガが原作、映画化)

吃音のある女子高校生が主人公です。吃音は男性に多いため、吃音のある女性が主人公という点は、私にとって新鮮でした(もちろん、女性でも吃音のある方は少なくないですが、割合としては男女比では男性に多いです)。内容はかなりリアルな描写もあり、吃音のある大人の女性から「読んでいて、とても切なく胸が痛くなった」と感想をもらったこともあります。映画化もされ、映画はマンガよりも少し爽やかな印象があります(個人的主観)。

「金閣寺」(小説)

知らない人がいない三島由紀夫の名著です。今年の5月に、NHKのEテレ「100分 de 名著」でも取り上げられていました。主人公は吃音のある男性です。幼少から吃音に悩み苦しみます。ネタバレしないように、これ以上は解説しませんが、少し難解な話でもあり、ドロドロした部分もあります。劣等感(コンプレックス)を抱く人間の心理描写を理解するのに役立つ名著と思います。

「ワンダンス」(マンガ)

吃音のある男子高校生が主人公です。もう一人の主人公(女子高校生)と一緒に、ダンス部で踊ることに夢中になっていくというストーリーです。イケメンで爽やかな主人公です。吃音はネガティブに語られておらず、吃音とともに自然体で生きている姿が素敵です。現在連載が継続中です。掲載されているアフタヌーンという雑誌の公式サイトでは、第一話がお試し読みできますよ。(偉そうに紹介していますが、実は教え子に最近教えてもらったばかりなのでした!エヘン)

 

以上で今回の紹介は終わりです。このほかにも、まだまだたくさん、あります。好評でしたら、第二弾、第三弾も考えてみたいと思います!

絶品、蒲田餃子

| 投稿者: いしず

2_20210713144201 餃子の街、宇都宮? 浜松? 

 いえいえ、蒲田にも絶品の餃子店がひしめき合っています。

 蒲田と言えば、羽根つき餃子ですが、昨日の昼のこと……

 

昼休みに席を外しておられた原田先生。汗をふきふき、意気揚々と戻ってきた手には袋が。

袋からは、何やら、かぐわしき においが…

香りの正体、餃子餃子餃子餃子、美しい羽のついた餃子です~~。わ~~い

月曜なのに何だか疲れていた私達、加えて再びの緊急事態宣言で、またもやどこにも行けない事態

この気分を少しでも払拭?するために、我慢できず? テイクアウトに走った模様。

1_20210713144201

おかげさまで久しぶりの蒲田餃子にありつけました…

う~ん、モッチリ皮と美味しい餡、テイクアウトでもパリッと感がまだある餃子は最高でした。

←ちなみにコレ。原田先生の分&私の分なのか、一人分なのかはご想像にオマカセ。

蒲田餃子を食べて、何だか元気に! 餃子ぱわースゴイです。

まだまだ今はお店には行けないけれど、この事態が終息してゆっくりと楽しめる時が来ますように~

祈るばかりです。

来場型オープンキャンパスが開催されました!

| 投稿者: うちやま

昨日、高校3年生・既卒者対象の来場型オープンキャンパスが開催されました

6月はバーチャルオープンキャンパスのみでしたが、今回は感染対策をしっかりと行い、実際に大学のキャンパス内で開催することができました。

リハビリテーション学科では、言語聴覚学専攻、理学療法学専攻、作業療法学専攻すべてを見学できるプログラムになっており、3グループに分かれて各専攻の実習室を見学し、教員が説明をしたり、直接質問に答えたりしました。

言語聴覚学専攻の実習室は、2022年春に3号館19階に完成予定のため、今年度は18階のお部屋を使用しています。

Oc

少しずつ検査用具や機材などが増え、言語聴覚士の仕事や本専攻を紹介するパネルも入り、ドキドキしながら当日を迎えました。

始まってみると、どの回も大盛況

各グループ15分ほどの限られた時間でしたが、

「子どものリハビリに興味があります。実際、どんなことをするんですか?」

「心理学って言語聴覚士の仕事とどういう関係があるんですか?」

「子どもの言葉の訓練というイメージだったけど、大人の訓練も行っているんですね!」

・・・などなど、学生さんからも保護者の方からも、様々な感想や質問をいただきました。

 

12階の学生ラウンジで行われた教員相談コーナーにも、たくさんの方にお立ち寄りいただきました。

今回はタイミングが合わなかった方も大丈夫。

言語聴覚学専攻では、オンライン教員相談を行っていますので、ぜひご活用ください

 

バーチャルオープンキャンパスは7/14(水)まで開催中、今からでもオンデマンド配信の動画をご覧いただけます。

また、東京工科大学 蒲田キャンパスでは、8月9日(月・祝)、8月22日(日)にもオープンキャンパスを予定しています。

詳細は、大学のホームページやこのブログで随時お知らせしていきますね

«めまいについて