言語聴覚士を目指す君へ | 東京工科大学 ST なるにはブログ

研究室から見える景色

| 投稿者: いけだ

意図的に設定してはいないのですが、グーグルフォトが「この日を覚えていますか?」と懐かしい写真をピックアップしてお知らせしてくれます。記憶から薄れていることもあり、楽しみの1つになっています。

先日お知らせしてくれたのは、以前勤めていた岩手の大学の研究室から撮影した写真でした。

20180904-1871 Photo_20221128102901

  

 

 

 

 

馬さんたちです。
手前の畑は授業で使用していたようで、じゃがいもやトウモロコシ等、季節に合わせた野菜を栽培していました。

キャンパス内には羊さんたちも。

20180904-1782

 

自然豊かな環境。写真で見ても癒されます。

グーグルフォトが、これらの写真を「牧場」という括りでまとめていたのには笑ってしまいました。

 

現在の職場はというと。。。

研究室を出て右に7歩歩いたところにある窓から電車が見えます。
Photo_20221128103801

とても近くに。。。

Photo_20221128103802

Photo_20221128103803

 

 

 

 

駅が近いので徐行運転。じっくり観察することができます。
気候や天気に影響なくずっと電車を見ていられるので、電車好きの方にはおススメスポットです。

校舎の入り口から16歩でスーパー、38歩でカレー屋さん、47歩で牛丼屋さん、
138歩でコンビニ。。。とても便利な環境です。

【校舎の入口から撮影した写真】
Photo_20221128110501 Photo_20221128105501

 

 

 

 

 

自然と便利、どちらがよいか。。。

結論は・・・「良い点が異なっているので決められない」「どちらも良い」です(笑)

第67回日本音声言語医学会総会・学術講演会☆ホテルオークラ京都

| 投稿者: とやま

おはようございます

昨日の生井先生のブログ「広~くて深~い言語聴覚士・・・世界へはばたいて
ご覧になりましたか?

実は私も、学会参加のため 23日(水)夜から京都に来ています。
Img_2051

第67回日本音声言語医学会総会・学術講演会
Img_2054_20221125071901

日本音声言語医学会は、正会員数 約1,600名👀
音声と言語を中心にしつつ、これらに関連する高次脳機能、嚥下、聴覚など
幅広い領域が扱われています。言語聴覚士にどんぴしゃり❗

以前のブログに書いた 日本摂食嚥下リハビリテーション学会と同じく
第28回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会☆幕張メッセ
多くの言語聴覚士が参加します。
私も、言語聴覚士の資格を取得した年に音声言語医学会に入会しました😃

京都2日目の昨日は、朝8時40分から一般演題「言語障害」の座長でした➰
評議員会にも参加してきました。

会場内で前任校の卒業生とバッタリ
嬉しい再会もありました〜

今回の会場は ホテルオークラ京都です🏨
1フロア開催につき、知り合いのSTや医師を見つけやすいですね🎵
Img_2053

京都3日目の本日は、本専攻の生井先生が司会を担当されるシンポジウム
「音声治療」があります。8時30分開始・・・⏰
ブログを書き終えたら、学会場に向けて出発です💨

来年度の第68回総会・学術講演会は倉敷で〜す

広~くて深~い言語聴覚士・・・世界へはばたいて

| 投稿者: いくい

こんにちは! 

学会で京都に来ています。

第67回日本音声言語医学会総会・学術講演会です。
日本音声言語医学会は、音声障害、構音障害、言語障害、高次機能障害、聴覚障害、嚥下障害など、幅広い分野をカバーしています。学会員は医師、言語聴覚士だけでなく、音響学や音声学などの研究者もいます。幅広い分野について、多種多様の人が集まっていることが学会の特徴のひとつです。

今回の学会のテーマは「世界レベルの音声治療を」というものです。

特別講演だけでなく、複数のシンポジウムやパネルでも、音声治療をとりあげています。

音声治療は、医学的に音声障害と診断された患者さんに対して行う医学的な治療のひとつです。外科的手術や薬物治療は医師が行い、一般的には音声治療は言語聴覚士が実施します。
言語聴覚士の国家資格取得者は全国に約3万7千人です。日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会によれば、そのうち音声治療を(ほぼ日常的に)している言語聴覚士は、100人足らずといわれています。音声障害診療は、耳鼻咽喉科医師との診察が必須であることから、音声治療ができる施設の少なさということもあります。

今回の学会では、「世界レベル」ということから、さまざまなセッションが準備されていました。国際学会での基本スキルと題して、―英語発表の留意点と国際学会の楽しみ方―というようなセッションもありました。

言語聴覚士といっても、さまざまな分野がありますし、また言語聴覚士としての活動は国内に限らず世界に広がっています。
言語聴覚士の世界は、深~くて、広~い・・・広~くて、深~い!
そんなことをあらためて実感したのでした・・・

 

新型コロナウイルス オミクロン株対応ワクチン

| 投稿者: はらだ

先日、行政から新型コロナワクチンの4回目の接種券が届きました。

Document_vaccine_sessyuken

 

オミクロン株対応ワクチンの接種ができる近くの会場を探したら、大学の2号館がその接種会場になっており、予約をしました。

1回目から3回目は、金曜日を選んでいたのですが、このたびは、近くで接種することを優先したためか、金曜日に空きがありませんでした。

しかしながら、これまでの副反応は、1回目が最も重く「接種部位の痛みと発熱」で、2回目、3回目と、徐々に軽くなっていたため、次の日が仕事でも大丈夫だと自己判断し、空きがあった火曜日の夕方に予約しました。

Images
オミクロン株対応ワクチン

 

火曜日の夕方に接種し、水曜日の朝は接種部位が少々痛い程度で、爽やかに目覚めました。

「今までで、一番、副反応がないな」と思いながら、仕事をしていましたが、接種から24時間後の、水曜日の夕方になり~周りに心配されるほど、急に顔が赤くなり、ふらふらしはじめました。

熱もなく、気分も悪くないにもかかわらず、ふらふらした赤い顔の人は、酔っぱらいのようにも見えるのではないかと心配になり、業務終了後、すぐに帰宅しました。

その後、特に何の症状もなく、翌日も普段通りでした。あの症状は、何だったのか?

自分たちが出来る感染予防、それは、自分が感染しないようにするためだけではなく、自分が周囲に感染させないように気を付けることでもありますね。

マスクも、手指消毒も、うがいも、換気も、ワクチン接種も、自分ができることは続けていきたいと思っています。

 

 

19階から見える富士山

| 投稿者: かわかみ

東京工科大学 蒲田キャンパスの3号館は20階建ての建物です
言語聴覚学専攻の教室は19階にあります。
前回は東側の窓から見える羽田空港 について、ご紹介しました。

今回は、西側の窓から見える、富士山について、ご紹介します。

昼の富士山(ちょっとわかりにくいかも・・・)
Img_2855

夕方の富士山(こちらはハッキリわかります!)
Img_2811-3

この2枚の写真は、別の日に撮ったものです
晴天であっても雲が多かったり、霞んでいたり等、綺麗に富士山を撮れる日は、そう多くはありません。
昼と夕方で全く違う表情をした富士山を見られて、とても感動しました

入学すると、このような絶景も楽しめます

子どもを対象とした訓練教材を紹介(系列発話編)

| 投稿者: いけだ

今回は、子どもさんの訓練の時に使用する教材を紹介します。

訓練は子どもさんにとって苦手なことにトライ場でもあります。
教材によって学習意欲がうんと上がることがあるので、教材選びはとても重要な視点です。

子どもさんが喜んでくれればそれで良いかというとそうではありません。
楽しすぎて指示が入りにくくなったり、次の課題に切り替えにくくなってしまうこともあるので、
効果的な学習を目指していろいろな視点で考える必要があります。

話しことばを2~3語つなげてお話できるようになったお子さんに対しては、時間の流れに沿って順番に説明するという課題を実施します。

絵本等も用いて行うこともあり、最初は〇役、△役と役割を言語聴覚士と分担しながら要約できるようになることを目指します。

絵本を選ぶ視点としては、繰り返しが多いパタン的な方がセリフが覚えやすいので、「ノンタンぶらんこのせて」「おおきなかぶ」「ぞうくんのさんぽ」等を使用しています。

下記の写真は、浜松でお世話になった療育園の園長から紹介してもらった木のおもちゃの教材です。木で作られたおもちゃっていいなと改めて実感しています。

Photo_20221121105501 Photo_20221121105502

 

 

 

 

 

おおきなかぶでは、指で操作して動きをつけながら「うんとこしょ、どっこいしょ」と子どもさんと声をそろえます。
ぞうくんのさんぽでは、最後の池に落ちる場面を「うわぁー」「どっぽ~ん」と子どもさんと一緒にキャッキャ言いながら楽しんでいます。

他にもペープサート、お面、パペット人形等も使うことがあります。

下記は100円ショップで売っていた指人形。素晴らしい!!!
見ているだけでワクワクしてきます。

何役がいいかな? クマ役と魚役がいいな!!!

Photo_20221121105503

 

さよならCOCOA

| 投稿者: とやま

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の機能停止に伴い
昨日から最終アップデート版の配信が始まりましたね📲

私も、自分のiPhoneに「COCOA」🔚をインストールしています。
今日まで お世話になりました✨

前任校では 言語聴覚士を目指す学生&教員の全員が利用していました➰

Img_2040Img_2041

「COCOA」は 新型コロナウイルスの感染者との濃厚接触の可能性を知らせる
接触確認アプリとして 2020年6月にスタートしましたが

今回、新型コロナウイルス感染者の全数把握簡略化(全数届出の見直し)により
その役目を終えることになりました。

▽厚生労働省ホームページ▽
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application

最終アップデート版は、機能停止版アプリです💡

アップデートを行わずに「COCOA」をアンインストール(削除)してしまうと
接触確認のための処理が作動し続け、若干の通信やバッテリー消費🪫などに
つながる場合があるようです🌀

皆さまもお気をつけください💦

デジタル庁と厚労省は、12月末までに機能停止を行なうよう呼びかけています。
さよなら、COCOA❗

第8波の入り口 !? マスクは不織布を! 

| 投稿者: いくい

こんにちは!

日ごとに秋が深まっています。
紅葉も見ごろのところが増えています。
行楽地はどこも大混雑。宿泊施設もレストランも、予約をとれなくなってきました。

 

寒すぎず暑すぎず・・・の気持ちの良い秋のはずですが・・・コロナ感染が再拡大してきました。
第8波の入り口にすでにいるそうです。
これからやってくる波が第8波ということは、私たちは、もう7回も感染拡大の波を繰り返してきているのですね。
これからまだまだ感染者は増えていきます。 

7回も同じようなことを繰り返していると、怖いのは

慣れ です。

あらためてもう一度、感染対策を徹底しようと気をひきしめました。

体温チェックの回数も、アルコール消毒の回数も、ここのところ、ずいぶんと減っていたなと反省しました。
今感染拡大しているコロナは、感染力は強いそうですが、比較的軽症だそうです。でも死者もでています。

インフルエンザにもお気を付けください。


感染症対策はいろいろとありますが、
ちゃんと食べてちゃんと寝るがベースかなと思っています。

お大事になさってください。

 

「江ノ電」に乗ってみた

| 投稿者: はらだ

 先日、出張で江ノ電に乗りました。 なんと、生まれて初めての江ノ電!

Img_1226
江ノ電藤沢駅
始発の藤沢駅に9時に到着し、初めての乗車記念に電車の写真でも撮ろうかと思いつき、人の流れのない側から、パシャ!パシャ!と…
平日の朝から、こんなことしているのは完全なお上りさんだなぁと思っていたら…いつのまにか…後ろに人が並び始めていた


そして、出発進行!

Img_1230
江ノ電沿線には、映画やアニメの聖地とされている場所が多々あるようですが、今回は、乗車時間が短くそこまではたどり着けませんでした。
しかし、下車駅近くを流れる 相模湾に注ぐ境川で、「名シーン」に出会いました。

Img_1237
上流に向かって泳ぐカモたち
この4羽の鴨が必死になって(いるように見え)進もうとしているのですが、川の流れが結構速くまったく前に進まず、ちょっと休むと、あっという間に流されていました。「頑張れ~!」
少し戻ると、ピンクと黄色のランタナの花が自生しているところにも遭遇できました。

Img_1238
たくましく美しいランタナ
秋晴れの清々しい日でした。(もちろん、仕事はきちんと終わりました

スポーツコンディショニング実習③ ソフトバレーボール

| 投稿者: かわかみ

スポーツコンディショニング実習は、先々週から、 ソフトバレーボールを行っています
 
ソフトバレーボールは、より多くの人々が、生涯を通じてバレーボールを楽しむ事ができるように考案されました。  
年齢、体力、経験などのレベルに応じて初歩的なプレーから高度なゲームまで楽しめます。   
 
ゲームは、バドミントンコートぐらいの広さで行います 
この授業では、アリーナに3面のコートを作りました  
Img_2882Img_2847

ボールが大きくて柔らかいため、誰でも行いやすいことが利点です 
 参考:  
  ソフトバレーボールの円周:約77〜79cm  
  バレーボールの円周:約65〜67cm  

Img_2833Img_2836
ネットの高さは規定では2mとされていますが、  
授業では、練習として、もう少し低い高さで行いました。  

Img_2841Img_2840
規定のルールではソフトバレーボールは4対4で行うことが定められています。 
授業の中では臨機応変に人数を調整して行いました 

ソフトバレーボールで体を動かすと頭も体もスッキリします

学生さん達には、爽やかな笑顔があふれていました

«雑誌に掲載されました!!! 「小児リハビリテーション(vol.14)」